インタビュー

疼痛ケアのための医療用麻薬の使用-日本と欧米ではどう違う?

疼痛ケアのための医療用麻薬の使用-日本と欧米ではどう違う?
林 和 先生

国際医療福祉大学三田病院 呼吸器外科部長 医療相談・緩和ケアセンター長・がん相談支援センター長...

林 和 先生

進行がんの緩和ケアでは、痛みに対するケアは欠かせません。がん患者さんが感じている身体的な「痛み」は、実はさまざまな要素を含んでいるといいます。国際医療福祉大学三田病院呼吸器外科部長であり、医療相談・緩和ケアセンター長を務める林 和(はやし・あえる)准教授にお話をうかがいました。

疼痛ケア

患者さんが感じている痛みにも、多くの種類があります。普通の内臓痛だけでなく、神経障害性疼痛と呼ばれるビリビリとした神経の痛みなどもあります。あるいは手術をして知覚神経が障害され、皮膚の感覚がないといったこともあります。そういうものを強い痛みとして感じる方もいらっしゃいますが、実際には皮膚の知覚の問題であったりするようです。

このように痛みにはさまざまな種類のものがあるため、自身だけで対応できないときには、麻酔科医や、緩和ケアチームにいる痛みの専門家に依頼することもあります。三田病院ではチームの中に疼痛専門の看護師もいますので、そこのスタッフと相談しながらケアを行なっていきます。

医療用麻薬について

モルヒネなどの医療用麻薬についても、患者さんの状態によって使い方が変わってきます。まず経口薬がのめるのか、のめないのかということがありますし、あるいは便秘の症状が強ければ薬を変えるといったこともあります。

医療用麻薬を使う場合、腸の動きが抑えられてしまうため、必ずといっていいほど便秘になってしまいますし、その状態はその後ずっと続くことになります。しかし、便秘は薬でコントロールすることが可能です。必要に応じて便を軟らかくする薬を服用していただきながら、医療用麻薬を使っていくことが大切ですが、便秘の副作用が少ない薬に変えることもできますので、様々なメリットやデメリットも考えながら疼痛ケアを行ないます。

患者さんの苦痛を取り除くための薬によって便秘になり、さらに苦痛を招いてしまうことがあります。治療が苦痛を呼ぶこともありますし、痛みによって眠れないことがまた別の苦痛になることもあります。痛みだけでなく、そういったこともすべて含めて身体的疼痛と考えて、痛みを和らげていく必要があります。

医療用麻薬の日本と欧米の違い

医療用麻薬の消費量は、日本と諸外国では桁違いの大きな開きがあります。欧米、特にアメリカでは歯の痛みに対しても麻薬が使われるほどです。このような医療文化の大きな違いが背景にあるといえるでしょう。

日本では、患者さんが痛みを我慢することが多いといわれています。私たちは痛みの程度を表すスケールを使い、最大の痛みを10として、今の痛みがどれくらいかということを患者さんに訊いています。外来の受付にも0から10までの表を用意して、絶えず患者さんの痛みがどれくらいかということをお訊きしながら診療を行なっています。

それでも、痛みを0と書いている方によくお話をうかがってみると、やはり痛いとおっしゃる場合があります。たしかに日本では痛みを我慢する傾向はあるようです。その一方で、先ほど述べたように諸外国では本来の目的から逸脱した使い方をしている部分もあるのかもしれません。

しかし、これは緩和ケアセミナーでもお話していることですが、医療用麻薬の消費量というものは、その国で緩和ケアがどれだけ定着しているかという度合いを表しているのではないかといわれています。やはり緩和ケアが進んでいる国では医療用麻薬の消費量も多いという関係性があります。