【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 45709d20 ab41 4beb bb0a e73c37435f0c
皮膚筋炎・多発性筋炎を再発させないために 日常生活における注意
一口に多発性筋炎や皮膚筋炎といっても、それぞれの患者さんの体質などによって寛解(かんかい:全治とまではいえないが、病状が治まっておだやかであること)への経過や、生活における注意事項は異なります。...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

皮膚筋炎・多発性筋炎を再発させないために 日常生活における注意

公開日 2016 年 03 月 24 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

皮膚筋炎・多発性筋炎を再発させないために 日常生活における注意
村田 顕也 先生

和歌山県立医科大学医学部神経内科学講座准教授 副科長

村田 顕也 先生

一口に多発性筋炎や皮膚筋炎といっても、それぞれの患者さんの体質などによって寛解(かんかい:全治とまではいえないが、病状が治まっておだやかであること)への経過や、生活における注意事項は異なります。しかし、生命に別状なく寛解するケースが多い病気です。ここでは患者さんが心がけるべきことについて、和歌山県立医科大学 神経内科学講座准教授の村田顕也先生からアドバイスをいただきました。

皮膚筋炎・多発性筋炎の再発の可能性

適切な治療を」すれば約7〜8割の患者さんは寛解する

炎症性筋疾患のうち、その他の合併症を持たず、病変が骨格筋のみの場合はステロイドなどの免疫抑制剤を使用しないで経過観察することも可能です。寛解にいたる方は約2年でステロイドの服用をやめることができています。

多発性筋炎や皮膚筋炎全体で見た場合でも、適切な治療をすれば約7~8割の患者さんが寛解を保ち、良い状態での生活が送れているといわれています。

といいましても、がんなどの悪性腫瘍は、皮膚筋炎で合併しやすいといわれています。治療を行ってから見つかるケースもあるので、治療後は悪性腫瘍への注意も必要です。

皮膚筋炎・多発性筋炎の再発を防ぐための日常生活上の注意

寛解に至る過程で、もともと糖尿病や骨粗しょう症になりやすい可能性のある患者さんは、そのような二次的な病気が起こらないように気をつけないといけません。

糖尿病の場合、特にステロイドによって症状が体に如実に現れることが多いですから、ふだんから甘いものは控えたり食べすぎたりしないことが大切です。

また飲み込む力が弱くなっている方は、誤嚥(ごえん:食物などが誤って喉頭と気管に入ってしまう状態)に注意する必要があります。

安静にすることが重要だともいわれますが、運動をてはいけないということではありません。運動をしないと骨がもろくなり、筋肉が痩せてしまう原因にもなります。医師に経過や検査の数値をみてもらいながら、筋肉痛が残らないことを目安にしてもよいかと思います。ただし、筋疾患でリハビリをどの程度まで行えば効果があるのかといった実証データが、現時点ではないのも実情です。私が診察しているのは神経内科にいらっしゃる患者さんなので、膠原病などの専門医が診てらっしゃるケースよりは症状は軽いかもしれません。

病気の後遺症で筋力の完全な回復が難しく、家の中での移動が今までのようにできなくなる方もいらっしゃるかと思います。その場合は、例えばご自宅に手すりなどを設置するのも、快適に自宅で生活する方法のひとつではないでしょうか。

 

多発性筋炎・皮膚筋炎(村田顕也先生)の連載記事

神経内科学の視点から筋疾患の臨床・研究を行っている。難病の患者支援にも取り組み、和歌山県保健所難病相談事業などにも参加するなど、患者側の視点にも立ち、地域社会の貢献でも実績を積み重ねている。また、日本神経学会・日本頭痛学会・日本リハビリテーション医学会の専門医でもある。

関連の医療相談が10件あります

関連記事