新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

潰瘍性大腸炎とサイトメガロウイルス腸炎の併発

潰瘍性大腸炎とサイトメガロウイルス腸炎の併発
仲瀬 裕志 先生

札幌医科大学附属病院 消化器内科 教授

仲瀬 裕志 先生

潰瘍性大腸炎は腸に繰り返し炎症が起きやすいため、炎症のたびにサイトメガロウイルスが活性化し治療が非常に難渋する病気です。万が一、サイトメガロウイルス腸炎を合併した場合難治性は高くなります。札幌医科大学医学部消化器・免疫・リウマチ内科学講座教授の仲瀬裕志先生にお話をうかがいます。

潰瘍性大腸炎は、サイトメガロウイルスが「再活性化した(炎症を起こした)状態」です。その炎症が広がり「感染症を起こした状態」がサイトメガロウイルス腸炎です。つまり、潰瘍性大腸炎にサイトメガロウイルス腸炎が合併した状態は難治性が高くなってしまいます。潰瘍性大腸炎の治療過程において、ステロイドや免疫抑制剤を使用し続けることはサイトメガロウイルスを増やす(炎症を広げる)ことにつながりますので、抗炎症性治療中にサイトメガロウイルスの再活性化によって腸炎自体が悪化した場合、免疫抑制作用を有する薬剤、特にステロイドを減らしていくのが基本的な考え方です。

現在、サイトメガロウイルス腸炎が合併した際に有効な治療と考えられているのは、生物学的製剤です。記事2で、サイトメガロウイルスは「炎症」をえさにして増えると述べました。そのえさとなる物質を「TNFa」といいますが、これは炎症を増大させる働きのあるサイトカイン物質です。生物学的製剤はこの「TNFa」をブロックする働きがある阻害剤です。サイトメガロウイルス自体もTNFαの刺激により増殖することから、本薬剤の使用により潰瘍性大腸炎の活動性とサイトメガロの増殖の両者を制御することができると考えられます。

もし生物学的製剤だけで炎症が抑えられない場合、抗ウイルス剤を併用する必要があります。その理由は、TNFaへの制御だけで炎症が抑えられない場合、サイトメガロウイルスの働きも止める必要があるからです。では、「いつ」抗ウイルス剤を使用するかですが、これが現在もっとも議論されている課題で完全に確立された臨床データがまだ存在しません。サイトメガロウイルスは、増殖の過程で次々に腸の細胞に感染していきます。細胞が増えるだけならば良いのですが、不思議なことにサイトメガロウイルスに感染された細胞はTNFaのような炎症を起こす物質(炎症性サイトカイン物質)を自ら出すようになってしまいます。これが前述した「感染症」の状態であり、炎症の力は倍以上に膨れ上がって手がつけられない状態となってしまいます。

TNFaとサイトメガロウイルスの両方を抑えることで消炎効果が高まることは研究でも明らかになっています。そこで今私たちが取り組んでいるのは、抗ウイルス薬を投入するのにもっとも適したタイミングの研究です。大腸の粘膜の中にサイトメガロウイルスの遺伝子がどのくらい増殖しているのかを調査し、「ウイルスがどのくらいまで増えたら抗ウイルス薬を投与すれば良いか」その限界値を判断するためのデータを積み重ねています。今後もっとも重要なデータになると考えています。
 

受診について相談する
  • 札幌医科大学附属病院 消化器内科 教授

    仲瀬 裕志 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「潰瘍性大腸炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。