新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

腹膜偽粘液腫の治療後の生活

腹膜偽粘液腫の治療後の生活
合田 良政 先生

国立国際医療研究センター病院 外科

合田 良政 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

まれな病気といわれている腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)。国立国際医療研究センター病院は、腹膜偽粘液腫の根治的治療である“完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)”に取り組む施設のひとつです(2020年3月時点)。

腹膜偽粘液腫の患者さんが治療を受けた後に、気をつけるべきことはあるのでしょうか。今回は、同病院の合田(ごうだ) 良政 (よしまさ)先生に、腹膜偽粘液腫の治療後の生活についてお話しいただきました。

腹膜偽粘液腫の治療後は、通院することができる患者さんであれば、基本的に3か月ごとに血液検査によって腫瘍マーカーを測定します。また、半年ごとにCT検査を行います。これらの検査によって、再発がないかを定期的に確認するようにしています。

一方、遠方にお住みの患者さんでは、3か月ごとの通院が難しい場合もあります。そのようなケースでは、地元のかかりつけの先生と連携し、3か月ごとに血液検査の結果を送っていただきます。さらに半年に1回は受診していただきCT検査をするようにしています。

もしも再発が認められる場合には、抗がん剤による治療を検討します。

腹膜偽粘液腫の手術後の制限はほぼありません。食べてはいけないものや、やってはいけないことも特にありません。

ただし、直腸の一部を切除したケースでは、腸と腸がうまくつながらない縫合不全(ほうごうふぜん)という合併症が起こることがあります。直腸に縫合不全が起こると、便が漏れ出してしまうことがあります。それを防ぐために、一時的に人工肛門をつくることもあります。なお、当院では、手術してから約3か月後に人工肛門をなくす手術をしますので、最終的には人工肛門はなくなります。

人工肛門_修正.jpgを挿入

妊婦
写真:Pixta

手術の際、卵巣に腹膜偽粘液腫が広がっていると認められた場合には、卵巣を切除するケースがあります。さらに、その場合、子宮にも粘液が付着しているために、子宮も併せて切除するケースがあります。

当院では、女性で、将来的に妊娠・出産を希望される場合には、手術前に卵子を採取し凍結保存したうえで、子宮を残すこともあります(妊孕性温存(にんようせいおんぞん))。その後、再発しないようであれば、人工受精によって妊娠を試みることもできるからです。

なお、子宮の表面に病気が広がっている場合には、病気が広がっている部分のみ切除することもあります。

腹膜偽粘液腫は、まれな病気であるため、イメージが先行し「難しい病気だから助からないのではないか」と不安を抱く患者さんもいらっしゃいます。

当院には、腹膜偽粘液腫のセカンドオピニオンにいらっしゃる患者さんも少なくありません。私のところにきてくださったときには、大きく落ち込んでしまっているような患者さんもいらっしゃいます。しかし、イメージのみを膨らませることなく、この病気を専門とする医師の意見をきちんと聞いていただきたいと思います。

病気の進行度や全身状態によって、治療や経過は異なります。ただし、数多くの治療経験がなければ適切な治療方針を選択することはできません。治療によって改善する可能性もありますので、まずはセカンドオピニオンを受診してしっかりと専門である医師の見解を聞き、共に治療を検討していただきたいと思います。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。