新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

腹膜偽粘液腫の治療体制――​​国立国際医療研究センター病院の取り組み

腹膜偽粘液腫の治療体制――​​国立国際医療研究センター病院の取り組み
合田 良政 先生

国立国際医療研究センター病院 外科

合田 良政 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

国立国際医療研究センター病院は、腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)と呼ばれる病気の根治的治療である“完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)”にセットで取り組む施設のひとつです(2020年3月時点)。同病院には、全国あるいは東南アジアから患者さんがいらっしゃるといいます。

今回は、同病院の合田(ごうだ) 良政 (よしまさ)先生に、腹膜偽粘液腫の治療体制についてお話しいただきました。

国立国際医療研究センター病院における手術の様子(左が合田 良政先生、右が矢野 秀朗先生)
国立国際医療研究センター病院における手術の様子(左が合田 良政先生、右が矢野 秀朗先生)

当院では、腹膜偽粘液腫の治療に取り組んでいます。取り組むようになったきっかけは、当院の消化器外科に所属していた矢野 (やの)  秀朗( ひであき)医師がイギリス・ベージングストークのナショナルセンターに臨床留学をし、外科医として勤務していたことでした。そのナショナルセンターでは、国から指定を受けて完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)を行っていました。そして、矢野 秀朗医師の当院復職を機に、その治療法を日本に導入する形で治療をスタートしたのです。

2020年3月現在、私たち国立国際医療研究センター病院は、腹膜偽粘液腫の根治的治療に取り組む施設のひとつです。そのため、当院には、全国あるいは東南アジアから患者さんがいらっしゃいます。

なお、私たちは、腹膜偽粘液腫の治療に関して、イギリス・ベージングストークのナショナルセンターと国際共同研究も行っています。

イギリス・ベージングストークのナショナルセンターにて
イギリス・ベージングストークのナショナルセンターにて

当院の特徴のひとつは、診療科および多職種間の連携体制が整っている点です。腹膜偽粘膜腫の手術は、大規模な操作を必要とするケースもあり、手術が長時間におよぶことも少なくありません。そのようななかでも、麻酔科の医師*、手術室の看護師、集中治療室の医師、各科の専門医師などの協力によって、安全な手術を実現できるよう努めています。

*麻酔科標榜医:長田(ながた) ( おさむ)先生

完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)は、セットで行うことでよい結果が報告されている治療法です。逆にいうと、別々に行った場合の治療効果についての報告はまだありません。また、完全減量手術は保険内で行う診療である一方で、術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)は自費診療です。そのため、組み合わせて治療した場合には混合診療となり、平均で300万円程の費用がかかってしまいます。

患者さんによっては、金銭的負担が大きすぎるために治療を行うことが難しいケースもあります。そのような場合には、保険内で行う完全減量手術のみを適応し、その後、経過観察を行うこともあります。このように当院では、患者さんのご事情に合わせて柔軟に対応するようにしています。

私は矢野先生とともに、大腸がん腹膜播種(ふくまくはしゅ)の治療にも、完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)を組み合わせた治療を施行しました。大腸がんが進行すると、がん細胞が腹腔内に広がる腹膜播種と呼ばれる状態になることがあります。この腹膜播種はステージⅣを意味し、現状では抗がん剤によって症状を和らげる治療法が適応されますが、抗がん剤で治癒することは難しいと言わざるを得ません。

欧米ではすでに大腸がん腹膜播種にも完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)が行われ、幅はありますが5年生存率が20~40%に改善したと報告されています。しかし、2018年のフランスでのPRODIGE 7 trial*ではHIPEC併用の上乗せ効果が証明されませんでした。したがって、当院では今後、完全減量切除のみでの治癒を目指して診療を行っていく予定です。

*PRODIGE 7 trial:大腸がん腹膜播種に対する完全減量手術と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)の有用性を調べたフランスの研究グループによる研究を指す

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 国立国際医療研究センター病院 外科

    合田 良政 先生の所属医療機関

    国立国際医療研究センター病院

    • 内科血液内科リウマチ科外科心療内科精神科神経内科脳神経外科呼吸器内科呼吸器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科歯科歯科口腔外科麻酔科乳腺外科乳腺腫瘍内科
    • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
    • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
    • 03-3202-7181
    S150x150 8993677c b75d 40d1 a933 2effb92612d7

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。