まいこぷらずまかんせんしょう

マイコプラズマ感染症

肺

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

マイコプラズマ感染症とは、マイコプラズマと呼ばれる病原体に感染することで引き起される感染症を指します。マイコプラズマは代表的には肺に障害をもたらし、咳や息苦しさなどの呼吸器症状をもたらします。しかし、それ以外にも皮疹、手足の動かしにくさ、腎機能の低下、関節の痛みなど、多種多様な症状をもたらす危険性もあります。

マイコプラズマは、感染者の唾液などを介して感染が成立します。症状の出方は患者さんによって大きく異なり、外来での治療でも充分対応できることがある一方、入院による集中的な治療が要求されることもあります。治療に際しては、抗生物質の使用が中心となりますが、薬に対しての効きが悪い状況もあるため、しっかりとした治療効果を確認しつつ、治療を継続することが重要です。

原因

マイコプラズマ感染症は、マイコプラズマと呼ばれる病原体に感染することを原因として引き起されます。マイコプラズマは、感染者の咳や痰などの中に含まれており、それに暴露されることをきっかけとして、周囲への感染が成立します。

なお、マイコプラズマ感染症による症状は、マイコプラズマそのものが直接的に組織を攻撃することで引き起されることがあります。しかし、その一方、免疫学的な反応がマイコプラズマによって惹起され、そのことを原因として全身各所にさまざまな症状がもたらされることもあります。すなわち、直接的・間接的な原因をもとにして、マイコプラズマ感染症の症状につながると考えられています。

症状

マイコプラズマに感染すると、肺に病変が生じる場合が多いです。感染からおよそ2〜3週間ほどの潜伏期間を経たのち、頭痛や疲れやすさ、喉の痛み、咳などの症状が引き起こされます。肺に炎症をきたしますが、痰は目立たないことが特徴の一つとしてあげられます。症状が出現してから数週間ほど経過したのち、治癒に向かいます。

肺に病変が生じることの多いマイコプラズマ感染症ですが、肺以外の臓器にも症状が見られることもあります。たとえば、マイコプラズマ感染症に関連して、発疹や赤み、蕁麻疹(じんましん)、出血斑などの症状が皮膚(ひふ)に見られることがあります。また、眼の充血や目やに、耳の聞こえの障害、関節の痛みなどの症状が引き起されることもあります。

そのほか、マイコプラズマ感染症では脳炎や髄膜炎(ずいまくえん)、ギランバレー症候群などの神経系の合併症をみることがあります。これらの合併症によって、頭痛や吐き気、手足の動かしにくさなどの症状につながることもあります。

そのほかにも、心筋炎や膵炎、肝機能障害、腎機能障害、貧血など、マイコプラズマ感染症ではさまざまな病態が惹起されることがあります。これらによって、動悸(どうき)や息切れ、お腹の痛み、疲れやすさなど、さまざまな症状が見られることもあります。

検査・診断

マイコプラズマ感染症では、血液検査を行うことで、マイコプラズマに対しての感染を証明することがあります。また、生じている臓器障害に応じて、重篤度を評価することを目的とした検査も行われます。

具体的には、肺炎が疑われる際には、胸部単純レントゲン写真や血液ガス検査などが行われます。肝機能障害や腎機能障害、膵炎(すいえん)などの病状が疑われる際には、血液検査や尿検査、超音波検査なども検討されます。さらに、病状によっては、骨髄検査や髄液検査、頭部MRI検査などの検査が行われることもあります。

治療

マイコプラズマ感染症は、無治療であっても自然に症状が改善することが期待できる場合もあります。そのため、積極的な治療を行うことなく、対症療法的な対応を継続することで、治癒に向かうこともあります。

また、その一方、病状に応じてより積極的な治療介入が必要とされることもあります。マイコプラズマは、マクロライド系やテトラサイクリン系などといった抗生物質での効果が期待できるため、こうした抗生物質が使用されることもあります。そのほか、対症療法的に、輸液や酸素投与、解熱剤の投与などが検討されることもあります。

また、マイコプラズマ感染症では、免疫学的な異常を基盤として、さまざまな症状が惹起(じゃっき)されることもあります。こうした免疫系の異常を是正させることを目的として、ステロイドなどの薬剤が使用されることもあります。

マイコプラズマ感染症の経過は、患者さんによって大きく異なります。病状や重症度を正確に把握したうえで、最適な治療方針を決定することがとても重要であるといえます。