新型コロナウイルス感染症に関する最新情報

しんがたころなういるすかんせんしょう

新型コロナウイルス感染症

同義語
COVID-19
最終更新日:
2023年09月20日
Icon close
2023/09/20
更新しました
2021/11/17
更新しました
2021/03/10
更新しました
2020/08/12
更新しました
2020/04/13
更新しました
2020/03/27
更新しました。
2020/03/27
更新しました。
2020/03/26
更新しました。
2020/03/09
更新しました
2020/02/21
更新しました
2020/02/18
更新しました。
2020/02/03
更新しました。
2020/01/29
掲載しました。
この病気の情報を受け取るこの病気は登録中です

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

医師の方へ

予防

新型コロナウイルス感染症は主に飛沫感染や接触感染によって感染するため、これらが起こりやすい状況を避けることが予防につながります。また、新型コロナウイルスワクチンが接種可能であり、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を予防する効果が報告されています。

基本的な感染予防対策

新型コロナウイルス感染症は、マスクなどの防護対策を行わずに、3密(密閉・密集・密接)の環境で人と接することで感染が広がることが分かっています。そのため予防には、マスクなどの防護対策を行ったうえで3密を避け、体調が悪いときは外出を控えるなどの予防対策が推奨されます。接触感染を避けるために手洗いや身の周りのものの消毒・除菌を行うことが有効です。

新型コロナワクチン

2023年9月20日からの“令和5年秋開始接種”では、生後6か月以上を対象にオミクロン株の亜系統であるXBB.1系統に対応した1価ワクチンの接種が開始されます。

新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症、感染、重症化を予防する効果があることが確認されています。また追加接種を受けた場合、追加接種をしていないケースと比べて、発症や重症化、入院それぞれの予防効果が高くなることも報告されています。

ワクチンの種類にもよりますが、接種後に接種部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢などの副反応が一定の頻度でみられます。ごくまれですが、心筋炎が発症した事例も報告されています。

医師の方へ

医師向けの専門的な情報をMedical Note Expertでより詳しく調べることができます。

この病気を検索する
新型コロナウイルス感染症の関連記事

Medical Note Expertでしか読めない、学会や医局の最新医療知見を得ることができます。

「新型コロナウイルス感染症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が941件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

新型コロナウイルス感染症を得意な領域としている医師

「新型コロナウイルス感染症」に関連する病院の紹介記事

特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。