がんけんかすい

眼瞼下垂

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

眼瞼下垂とは、目を開いたときに上まぶたが下がってしまい、黒目に当たる部分が隠されてしまう状態を指します。垂れ下がった上まぶたにより目の一部が覆われることになるため、視野が狭くなるといった機能障害をもたらすことがあります。

眼瞼下垂は生まれつきみられることもあれば、加齢と共に生じることもあり、タイミングや原因によっては、弱視や複視などといった機能障害を併発することもあります。また、見た目は眼瞼下垂のようでも、実は眼瞼下垂の範疇(はんちゅう)に入らないものもあります。原因の見極めのほか、機能的な予後や美容的な意味合いも考慮しつつ、適切なタイミングで手術などの治療が必要な病気です。

原因

眼瞼下垂は、大きく分けて先天性と後天性に分けることができます。

先天性眼瞼下垂

生まれつきまぶたが下がっている病気です。上まぶたを動かすのに重要な「上眼瞼挙筋」と呼ばれる筋肉の発達が弱かったり、この筋肉の動きを支配する神経に異常があったりすることから発症します。

後天性眼瞼下垂

年齢を経るにつれて生じた眼瞼下垂です。後天性眼瞼下垂の原因としては数多くの病気がありますが、加齢に伴うものが最多です。

眼瞼の動きには眼瞼挙筋とミュラー筋、眼輪筋などが重要な役割を果たしています。老化現象としての眼瞼下垂は加齢に伴いこれら筋肉の力が弱まった結果、まぶたが下がることになります。加齢に伴う眼瞼下垂は60歳以上の方で両側に発生することが多いですが、特に70〜80歳になると増加します。

その他の後天性眼瞼下垂の原因としては、近年ではコンタクトレンズの使用による眼瞼下垂が近年では多くなっています。他にも、脳動脈瘤や糖尿病の合併症である動眼神経麻痺、重症筋無力症など重篤な病気が原因となることもあります。

症状

眼瞼下垂では上まぶたで黒目が隠れてしまっているため、ものがうまく見えなくなる、視野が狭くなるといった視覚に影響が生じるようになります。また、上まぶたがさがるため、美容面の影響を伴うこともあります。

また眼瞼下垂では下がった眼瞼に対応するため、額の筋肉を使い無意識のうちにまぶたを挙げようとしたり、無理な姿勢をとったりするようになるため、眼精疲労や頭痛、肩こりなどを自覚することもあります。

なお先天性眼瞼下垂では、眼瞼下垂が長期間持続することから視力の発達に影響が及ぶこともあり、弱視と呼ばれる視力障害を続発することがあります。また、脳動脈瘤や糖尿病に関連して複視、脳出血などを合併することもあります。

検査・診断

眼瞼下垂では眼科の基本検査である、視力検査、眼圧検査、眼底検査などのほか、上まぶたと瞳孔の位置関係の観察、眼瞼の動きに関連した筋力の評価などが行われます。また眼瞼下垂では、脳動脈瘤や糖尿病などの病気が隠れていることもあります。これらの病気を検索することを目的として、CTやMRI、血液検査などが行われることになります。

治療

眼瞼下垂では、視野狭窄や弱視などの視力に対しての機能的な予後や、美容面での改善などのため、経過に応じて手術的な治療介入が行うことがあります。手術方法の決定に際しては、先天的なものであるのか、上眼瞼挙筋の機能が保てているのか低下しているのか、眼瞼が垂れ下がっている状態などを総合的に加味することが重要です。

また糖尿病や脳動脈瘤が原因であると考えられる場合には、それぞれの病気に対して適切な治療が施されることになります。たとえば糖尿病であれば、血糖降下剤やインスリンの適応が検討されますし、脳動脈瘤であれば血管内治療の必要性が考慮されます。