S414x320 e0378fb7 1d63 466a 9665 cd2e18e65d8a

インタビュー

公開日 : 2016 年 02 月 24 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

川崎病の治療法と入院期間、退院後の継続治療について

東邦大学医学部 心血管病研究先端統合講座 教授
佐地 勉先生

お子さんに長引く発熱や皮膚粘膜の発赤(赤くなること)、全身の発疹など、特徴的な症状がいくつか現れた時点で、小児科医は「川崎病」と確定診断し、すぐに治療を開始します。川崎病の治療にはどのような方法があるのでしょうか。また、お子さんの入院期間は平均何日程度になるのでしょうか。東邦大学医療センター大森病院小児科教授の佐地勉先生にお伺いしました。

川崎病の治療には二つの目的がある

川崎病の治療には大きく二つの目的があります。ひとつは急性期の強い炎症反応を早期に抑えること、もうひとつは心臓に血液を供給する血管である冠動脈に瘤(こぶ)を残さないことです。

川崎病の主要な6症状のうち5つの症状がみられ、診断が確定した場合は、できれば経験の多い高次機能病院に入院してもらい、治療を行っていくことになります。

不定形例や不全型の川崎病では、症状が4つないし3つ揃った時点で診断を下します。稀に、症状が2つ以下でも川崎病であると診断できることもあります。

このように、川崎病は症状がある程度揃わなければ診断できない疾患であるため、患者さんが発病してから入院するまでにかかる期間は平均すると4日程度になります。4日で診断できたときは、その日のうちに治療を始めますので、「4.5日目で治療開始」とイメージしていただくとわかりやすいでしょう。中には症状の数がしっかり揃うまで待とうと考える医師もいますが、川崎病の合併症である冠動脈瘤は後遺症として残りかねないものですので、疑いを持った時点で「待つ」という行為を選択することは危険であると世界的にもとらえられています。繰り返しになりますが、川崎病は症状の「数」で診断するのではなく、症状ひとつひとつが持っている「特徴」を見極めて的確に診断し、早期に治療を始めることが重要な疾患です。

ガンマグロブリン療法(免疫グロブリン療法)が主流

川崎病に対する治療法のうち、現時点で最も効果が高いとされているのが「ガンマグロブリン療法(免疫グロブリン療法)」です。現在、川崎病の患者さんのうち95%以上の方が「静注用免疫グロブリン製剤」による治療を受けています。これは、点滴により静脈内に免疫グロブリン製剤を投与することで、全身の炎症を抑え、冠動脈瘤が形成されるのを防ぐというものです。1回に投与する免疫グロブリンの量や投与日数は様々ですが、通常は1~2日かけてゆっくりと静脈内へと投与していきます。しかし、一定の割合で免疫グロブリンが効かない患者さんが存在しており、そのような方は再度発熱してしまったり、合併症を残しやすいということがわかっています。現在、このような方に対する新しい治療デザインの開発・研究を国の機関や全国の大学病院、こども病院と共に進めているところです。(詳細は記事6「川崎病の合併症に関する最新研究-後遺症ゼロを目指して」へ)

川崎病(こども)のページへ

関連記事