新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

子どもの鼻水の原因 ウイルスや細菌、アレルギーによる場合も

子どもの鼻水の原因 ウイルスや細菌、アレルギーによる場合も
片岡 正 先生

かたおか小児科クリニック 院長

片岡 正 先生

鼻水が出ることは、体が外敵から自分を守ろうとする正常な防御機能です。そのため多くの鼻水は治療の必要がありませんが、なかには原因を治療しなければ症状が治まらない場合もあります。かたおか小児科クリニック院長の片岡正先生にお話をうかがいます。

分泌物を流し出し、外敵を排除するのです。この外敵を排除するために分泌されるものが鼻水です。また、鼻づまりも、空気に乗ってやってくる外敵を体内に侵入させないように、鼻の粘膜が膨張するために起こります。子どもの場合、大人に比べて鼻の断面積が狭いため、少し粘膜が膨張しただけで全体がつまった状態になり、鼻づまりが起きやすいのです。鼻水や鼻づまりは非常に苦しい症状ですが、実は外敵から体を守るために、体の防御機能が働いた結果の反応であると考えられます。鼻水が出ることや鼻づまりが起こることそのものは悪いことではないのです。

<鼻の防御機能が働く原因・代表的なもの>

・ウイルス

風邪症候群、インフルエンザウイルス、アデノウイルス(プール熱の原因)、ムンプス(おたふく)、RSウイルスなど

・細菌

溶連菌扁桃炎の原因)など

アレルギー

花粉、ダニ、ハウスダスト、化学物質、冷たい風など物理的な刺激

しかし、それ以上長引く鼻水の場合、何らかのウイルスや細菌感染症、アレルギー性鼻炎などのような原因が隠れていることがあります。そのため、もし鼻水や鼻づまりの症状が1週間以上続き、つらそうになって日常生活に影響が出ている場合、病院を受診するとよいかもしれません。数週間長引く場合は、慢性副鼻腔炎蓄膿症)などの可能性を考えることもあります。

その異物が長い間取れずにいると、鼻腔の奥のほうに留まった異物が感染を起こします。このとき出る鼻水は、膿性でドロドロしていて臭いがあることが特徴です。もしこのような症状があった場合は、鼻の奥を覗いて確認してください。例えば鼻の奥にBB弾などが入っていて、周囲が化膿して膿が出ていることがあります。ただし、親御さんが異物を取り出すことは難しいため、すみやかに耳鼻科などの専門医を受診するようにしましょう。

 

「こどもの様子がおかしい」と思ったときは、日本小児科学会が運営する「こどもの救急(ONLINEQQ)」も参考にしてみてください。

 

【先生方の記事が本になりました】

受診について相談する
  • かたおか小児科クリニック 院長

    片岡 正 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。