新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

食物アレルギーになったら?−食物アレルギーの診断と治療−

食物アレルギーになったら?−食物アレルギーの診断と治療−
足立 雄一 先生

富山大学大学院医学薬学研究部 環境・生命システム学域 環境生体防御医学系 / 教授 富山大学医...

足立 雄一 先生

記事1『増え続けている食物アレルギー−食物アレルギーの症状と種類−』では、食物アレルギーの症状と種類についてお話しいただきました。

記事2では食物アレルギーの予防や、実際に食物アレルギーになった場合の診断・治療について、引き続き富山大学附属病院小児総合内科科長 足立雄一先生にお話を伺いました。

残念ながら確実に食物アレルギーを抑制できる方法は現段階では見つかっていません。

しかし食生活に気をつけ、腸内環境を整えたり、スキンケアをきちんと行ったりすることでアレルギーを改善できるという可能性が示されています。

スキンケア

食物アレルギーになるのを恐れて卵や牛乳の摂取を控える必要はありません。バランスのよい食事を心がけて、すでに食べることができるものを除去するような不必要な予防はやめましょう。

スキンケアは皮膚のバリア機能を健康的な状態に保つことができるので、食物アレルギー発症の予防効果があるという可能性が示されています。新生児期から保湿剤を使うことでアトピー性皮膚炎の発症が減少するという研究結果も出ています。

食物アレルギーの診断方法にはいくつか種類があります。自己判断するのではなく、医師にきちんと診断してもらい、アレルギーが起こる原因となる食品を特定するとともに、症状が出たときの対処法を教えてもらいましょう。

・問診

食べたものや症状、発症までの時間、軽快の仕方など、エピソードを詳しく聞いて問診していきます。

医師による問診で、ある程度は食物アレルギーによる症状かどうか推測できます。

・血液検査

特異的IgE抗体というアレルギー反応に関わる物質を血液検査で調べて原因となる食品を推定します。どの食品に対するIgE抗体がどれくらいあるかを調べることができますが、抗体値の高さとアレルギー症状の強さは必ずしも一致しないので、この検査だけでは診断を確定するものではありません。

・プリックテスト

専用の細い針で肌を軽く傷つけて、原因と推測される食品を皮膚に付けて反応をみます。皮膚の腫れや赤みの反応が大きくみられた場合はアレルギーの可能性が高いですが、血液検査と同様にこのテストだけでは診断を確定することはできません。

・食物除去試験

アレルギーの原因と疑われる食品を完全に除去して症状が改善するかどうかを確認する検査です。

・食物負荷試験

食物除去試験で除去していた食品を食べて症状が出るか、また、どのくらいの量を食べると症状が出るかを確認する試験です。強い症状が生じる可能性があるので、医師の指導のもとで行う検査です。

近年、食物アレルギーをもつ子どもが増えている中で、教育現場では食物アレルギーに対する知識や理解が必要となっています。

時々起こる誤食事故には、給食やおやつなどの原材料にアレルゲンが混入していて気づかなかったケースや、アレルゲンとなる原因食品を除去した特別食を用意していたにもかかわらず、外観で見分けがつかずに誤食してしまうケースが挙げられます。また食物アレルギーの子どもが他の子どものものを食べる、食べていたものが混ざってしまう、原因食品が入っているとわかっていても食べてしまうこともあります。

食べるだけではなく、調理実習などで手を介して、あるいは直接の吸引や粘膜への付着などでアレルゲンを摂取してしまう場合もあり、十分な注意が必要です。

食物アレルギーをもつ本人、そして周囲も含めた教育と体制づくりをしっかり行っていきましょう。

給食

もしアレルギーの原因となる食品を誤って食べてしまったら、適切な対処をしなければ命に関わる可能性があります。

口内の違和感などの軽度な症状の場合、食べた直後であれば食べたものを口から出して口をすすぎ、経過を観察しましょう。また、からだのかゆみや局所的な皮膚の発赤・蕁麻疹が出るなど軽い症状の場合は、もし処方されている薬があるのなら必要に応じて服用しましょう。

症状が進行して全身に発赤や蕁麻疹が出たら要注意です。さらに、呼吸が苦しくなる、強い腹痛を訴えるなどの場合は救急の対応が必要になります。

アドレナリン自己注射薬(エピペン®)を使用して速やかに医療機関を受診してください。

エビペンの適応

食物アレルギーと診断された場合、基本的にはアレルゲンとなる原因食品を除去して発症を防ぐことになりますが、近年では原因となる食品を少しずつ食べて治す「経口免疫療法」という治療方法が注目されています。

小児の食物アレルギーは年齢とともに病状が落ち着いていき、多くは3歳くらいまでに治ります。これは消化能力や免疫反応が発達し、成長とともにアレルゲンに対して耐性ができるためと考えられます。その一方で、食物アレルギーが治らない子どもが増加しています。

しかし食物アレルギーには現時点で根本的な治療方法はないため、アレルギーの原因となる食品を摂取しない食物除去という方法で症状を起こさないようにしなければなりません。

食物除去を行う場合には、栄養面に配慮することや、成長とともに症状が改善しているかの確認を行って適切な時期に除去解除を図ることが重要です。一方、誤って食べてしまった際の反応に注意することも大切です。

近年、経口免疫療法という新たな治療方法も研究されています。

これは経口負荷試験によって明らかな誘発症状が認められた場合に専門の医師の管理のもと、原因となる食品を段階的に増量しながら摂取し、最終的に耐性をつけて食べられるようになることを目標とした治療です。食物除去は成長段階の乳幼児の栄養摂取を制限するため、この経口免疫療法が画期的な治療方法として注目されています。

しかし原因食品の量を増やしている間にアレルギー症状が出たり、アナフィラキシーなどの重篤な症状を誘発したりする可能性もあります。一定の量まで食べられるようになっても体調が悪いときにはアレルギーの症状が出てしまうこともあります。

いずれの方法も自己判断で安易に行うのは非常に危険であるため、必ず専門の医師の指導のもと行ってください。

また経皮免疫療法というアレルゲンを皮膚に貼付して耐性の獲得を目指す新たな治療方法も研究されており、多くの患者さんがより安全で効果的な治療法の開発に期待しています。

 

受診について相談する
  • 富山大学大学院医学薬学研究部 環境・生命システム学域 環境生体防御医学系 教授、富山大学医学部医学科 教授、富山大学附属病院小児総合内科 科長

    足立 雄一 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が21件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「食物アレルギー」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。