新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

オーラルフレイルとは?原因と症状-高齢者の食事に影響する口や歯の衰え

オーラルフレイルとは?原因と症状-高齢者の食事に影響する口や歯の衰え
戸原 玄 先生

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーショ...

戸原 玄 先生

口腔機能の衰えを表す「オーラルフレイル」という言葉をご存知でしょうか。全身の筋力は加齢とともに低下していきますが、それは口まわりの筋肉においても例外ではありません。食行動にかかわるオーラルフレイルは、日常の精神的・社会的な側面にも相互に影響を与えるため、患者さんのQOL(生活の質、満足度)を左右する可能性があります。オーラルフレイルの概念や症状の進行について、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科で准教授を務める戸原 玄(はるか)先生にお話を伺いました。

オーラルフレイル」とは、口腔の(オーラル)虚弱(フレイル)を表す言葉で、おもに口まわりの筋力が衰えることにより、滑舌や食の機能が低下することです。もともとは、日本老年医学会が加齢による心身の虚弱を「フレイル」という言葉で表現したことに始まります。現在では日本歯科医師会が中心となり、特に口まわりの健康を保つための概念として「オーラルフレイル」を提唱し、その予防と対策を推進しています。

オーラルフレイル

 

オーラルフレイルによって口腔機能が低下すると、滑舌低下、食べこぼし、噛めない食品の増加などの症状が徐々に現れます。口腔機能の低下は身体的な衰えだけではなく、患者さんの精神的・社会的な側面にまで影響を及ぼすことに留意せねばなりません。

たとえば、歯の喪失により噛めない食品が増えることで、食への欲求・関心が減少し(オーラルフレイルによる心身機能の低下)、それまで楽しみだった家族や友人との外食が億劫になり、自宅でばかり食事をするようになります(オーラルフレイルによる社会性の低下)。このような心身機能、社会性の低下は、さらにオーラルフレイルを進行させることにつながるのです。

1989年に厚生労働省と日本歯科医師会によって推進が始められた8020運動(80歳になっても20本以上、自分の歯を保とう)は、現在に至るまで広く社会に認知されています。

8020運動の浸透によって、健康な歯を保つ「予防歯科」の観点が深まり、虫歯や歯周病によって歯を喪失する高齢者が減少しました。

8020運動

今後さらに高齢化が進む社会において、オーラルフレイルへの対策は非常に大切なテーマになるでしょう。我々は現在、オーラルフレイルの予防方法を具体的に構築し、推進活動を行なっています。

オーラルフレイルの概念が社会に浸透することによって、患者さん本人やご家族が、「以前より口が動かしにくい」「噛めないものが増えてきた」といった、口まわりの些細な変化に気付きやすくなり、早期の対策が可能になれば理想的だと考えています。

オーラルフレイルは、おもに加齢による筋力低下と、歯の喪失が原因となります。

ものを食べるには、咀嚼力(そしゃくりょく:噛む力)と、嚥下力(えんげりょく:飲み込む力)が必要ですが、加齢によって口まわりの筋力が低下し、歯の本数が減少すると、この2つの力が弱くなり、オーラルフレイルに陥るのです。

咀嚼力には口まわりの筋肉と歯の本数が関係しており、筋力低下の傾向に大きな男女差はみられません。一方、嚥下力については、男性のほうが加齢によって嚥下力の低下が生じやすい傾向がみられます。

男性の嚥下力が加齢によって低下しやすい理由

・ホルモンバランスの変化(テストステロンの減少)

・もともとの筋肉量が多いため、低下したときの差異が大きくなる

・喉仏の重さで筋肉が下降する

・女性よりも話す(口まわりの筋肉を使う)機会が少ない

嚥下力(飲む力)の低下による「摂食嚥下障害」の詳しい解説については、『摂食嚥下障害とは』でご紹介しています。

前述の通りオーラルフレイルは加齢を主な要因としますが、ほかにも様々な要因があり、症状の進行はケースごとに異なります。

下記は高齢者の「食」に視点を置き、オーラルフレイルがどのように進行するのかを図式化したものです。この図は、加齢を要因とするオーラルフレイルの症状の進行と、口腔機能・心身機能との関係を表しています。そのため、先述の先天異常や事故、疾患などを要因とするオーラルフレイルについてはこの通りではありません。

オーラルフレイルの進行と口腔機能・心身機能との関係

オーラルフレイルは、生活範囲の狭まりや精神不安定がきっかけになることがあります。たとえば、定年退職を機に人とのかかわりが減少したり、仕事への喪失感から精神的不安を抱いたりすることで、口腔機能管理への自己関心度が低下します。この結果、虫歯・歯周病が進行し、歯の喪失につながります。

オーラルフレイルは前述のように患者さんのケースごとに症状の進行が異なり、徐々に進行していくため、明確な線引きができません。

以下のチェックリスト「EAT-10」は、嚥下機能の低下を目安として作成されました。重度のオーラルフレイルには適用されませんが、嚥下(飲み込み)機能を測る1つの指標にはなりえますので、オーラルフレイルを予防する観点でお使いください。

オーラルフレイルのチェック方法

オーラルフレイルは、エコー(超音波)検査での筋肉量の測定により診断が可能です。

高齢者の咬筋エコー画像
高齢者の咬筋エコー 提供:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科

上記は、2名の高齢者の咬筋(こうきん:ものを噛むときに使う顎の筋肉)をエコーで撮影した画像です。白い枠線が咬筋の範囲を、矢印は咬筋の厚みを表しています。a)と比較して、b)は咬筋の厚みが少なく、白く写っているため脂肪が多いことがわかります。

エコー検査の様子
エコー検査の様子  提供:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科

エコー検査を行い、筋肉量の減少を認める場合には、その時点からオーラルフレイル対策を行うことで、症状を回復したり、進行を遅らせたりすることができます。オーラルフレイルの予防と対策については、記事2『オーラルフレイルの予防法-高齢者の食事にかかわる口腔機能の衰えを防ぐには』でご紹介します。

受診について相談する
  • 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 教授

    戸原 玄 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「オーラルフレイル」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。