病院紹介(スポンサード)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療法——横須賀市立うわまち病院のCOPD治療

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療法——横須賀市立うわまち病院のCOPD治療
上原 隆志 先生

横須賀市立うわまち病院  呼吸器内科部長心得

上原 隆志 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

喫煙を原因として発症するCOPD慢性閉塞性肺疾患)では、禁煙が治療のファーストステップです。そのうえで、患者さんの状態に応じていくつかの治療を組み合わせ、症状の進行を食い止めます。

今回は、横須賀市立うわまち病院 呼吸器内科部長心得である上原隆志先生に、COPDの治療法や同院の取り組みについてお話を伺います。

COPDの治療法

禁煙指導を行ったうえで、症状に応じた薬物治療を行う

COPD慢性閉塞性肺疾患)の治療でもっとも重要なことは、禁煙です。なかなか禁煙ができない患者さんに対しては、禁煙外来へご紹介するなどして禁煙サポートを行います。

そのうえで、患者さんの症状に合わせた薬物治療を行います。たとえば、気管支が狭くなって息が吸いづらい場合には、気管支を広げる気管支拡張薬を使用したり、痰が出しづらい場合には、去痰薬を処方することがあります。

また、COPD患者さんは気管支喘息を合併していることも少なくありません。そのような患者さんの場合には、1日1~2回吸入することで、COPDも喘息も同時に治療できる吸入薬を用いて治療しています。

下肢の筋力を鍛えるリハビリテーション

COPDのリハビリテーションでは、下肢の筋力トレーニングが有効です。方法としては、平地や階段を歩いたり、自転車エルゴメーターやトレッドミルなどの機械を使ったトレーニングを行ったりします。

下肢の筋力を鍛えることで、息切れの症状が軽減されたり、歩行距離を伸ばしたりすることができる効果が期待できます。

▲自転車エルゴメーター▲トレッドミル
左:自転車エルゴメーター 右:トレッドミル

在宅酸素療法(HOT)、在宅非侵襲性陽圧換気呼吸(NPPV)

COPDの進行によって息切れなどの症状が悪化すると、体に十分な酸素を取り入れることが難しくなる「慢性呼吸不全」と呼ばれる状態になります。このような患者さんに対し、日常生活でも持続的に酸素吸入を行う、在宅酸素療法(HOT:Home Oxygen Therapy)を行うことがあります。

HOTでは、酸素供給機器からチューブを通して、持続的に酸素を体内に取り込みます。酸素供給機器には、自宅にいる間に使用する据え置き型や、外出時に使用する携帯型のものがあります。

また、酸素を取り込めないだけでなく、二酸化炭素の排出も難しくなっている場合には、在宅非侵襲性陽圧換気呼吸(NPPV:Non invasive Positive Pressure Ventilation)の導入を検討します。NPPVでは、マスクを使って持続的に補助換気(人工呼吸)を行います。

COPDの合併症に対する治療

COPDによって何らかの合併症*がみられる場合には、合併症に対する治療を行います。COPDによって引き起こされる合併症は、「肺性心(はいせいしん)」や「気胸」などです。

肺性心とは、肺への血流が悪くなり、肺へ血液を送り出している右心室に負担がかかることによって発症する心不全*のことです。肺の病気が原因で起こるため、通常の心不全と区別するために、肺性心と呼ばれています。このような状態に対しては、心不全の治療を行います。

気胸とは、肺に穴が開き、肺の周りに空気が漏れて肺が押しつぶされてしまう状態のことです。気胸は、急に胸が痛くなったり、息がしづらくなったりすることで気づくことが多いです。手術が必要になることがありますが、呼吸状態が悪い場合には、気管支瘻孔(ろうこう)閉鎖術という内視鏡を用いる治療を行うことがあります。

また、COPDは、風邪やインフルエンザ肺炎などの感染症をきっかけに、病状が憎悪することがあります。そのため、インフルエンザや肺炎を予防することも大切です。

*合併症…ある病気や治療によって引き起こされる別の症状

*心不全…全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能が低下すること

COPDに対する横須賀市立うわまち病院の取り組み

HOTやNPPVの導入を積極的に行い、在宅医と連携を図る

当院では、自宅での呼吸管理が必要な患者さんに対して、積極的なHOTやNPPVの導入を行っています。

在宅酸素療法(HOT)や在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料を導入した場合には、少なくとも1か月に1回は、機器の使用状況や日常生活の状況、呼吸状態などを確認するために、医師の診察を受ける必要があります。しかし、当院がある横須賀市周辺は坂道が多いため、息切れなど呼吸器症状があるうえに、携帯用酸素ボンベを運ばなくてはならない患者さんが通院するのは、とても困難なことです。

そこで当院では、在宅医療を行う先生方との連携を図り、HOTやNPPV導入後の定期的なフォローアップをお願いしています。幸い横須賀市は、全国的にも在宅医療の体制づくりが盛んに行われている地域です。そのような環境を活かして、HOTやNPPVの導入を積極的に進めています。

手術、放射線治療、抗がん剤、がん免疫療法など治療の選択肢が豊富

COPDの患者さんが合併症として肺がんを患うことはあります。通院中に調べたレントゲンで見つかることも珍しくありません。横須賀市立うわまち病院では、COPDや肺がんの病状に合わせて、手術や放射線治療、抗がん剤、そして、がん免疫療法などを、患者さんと話し合いながら選択します。放射線治療に関しては、肺がんの部位や広がりで定位照射と呼ばれる治療も可能です。

COPDの理解を深め、自己管理能力を高めてもらう

COPDの症状を軽減するためには、患者さん自身による日々の自己管理が非常に重要です。そこで当院では、患者さんの自己管理能力を高めるための指導を積極的に行っています。

たとえば、自力で痰を出す排痰訓練や、吸入薬の治療効果を高めるための適切な吸入指導をしっかりと行うようにしています。また、急な呼吸困難が起きたときにパニック状態に陥らないようにするために、呼吸困難時の呼吸法を指導します。

そのほか、COPDの増悪(ぞうあく)を引き起こす原因となる、インフルエンザ肺炎を起こさないようにするために、ワクチン接種を推奨しています。

上原隆志先生からのメッセージ

上原先生

COPDは、“たばこ病”ともいわれていますが、過去に喫煙したことを責める必要はありません。昔の喫煙率は現在とは大きく異なり、COPDの患者さんに多い60〜70代の方々が20代の頃は、成人男性の約80%に喫煙習慣があったといわれています。その頃は、喫煙を今の健康意識とは違った見方であったと思います。

ですから、過去にとらわれるのではなく、これから禁煙を続けていくことで、病気の進行を食い止め、残った肺を上手に活用できるようにしていきましょう。

受診について相談する
  • 横須賀市立うわまち病院  呼吸器内科部長心得

    上原 隆志 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 横須賀市立うわまち病院  呼吸器内科部長心得

    上原 隆志 先生の所属医療機関

    横須賀市立うわまち病院

    • 内科外科精神科脳神経外科呼吸器外科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産科婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科麻酔科乳腺外科呼吸器内科循環器内科消化器内科脳神経内科病理診断科
    • 神奈川県横須賀市上町2丁目36
    • 京急本線「横須賀中央駅」 徒歩12分
    • 046-823-2630
    Noimage s150x150

    「慢性閉塞性肺疾患」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。