げきしょうかんえん

劇症肝炎

肝臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

劇症肝炎とは、肝臓の細胞が8週間以内のうちに急速かつ急激な障害を受け機能低下を起こした結果、黄疸(おうだん)(肝臓や血液の異常で皮膚や粘膜が黄色くなること)、出血傾向、精神状態の悪化など肝不全症状が現れる病気です。肝機能障害が生じる原因には、B型肝炎ウイルスを代表とするウイルス、薬剤、自己免疫性肝炎などさまざまなものが含まれます。

劇症肝炎では、短時間のうちに肝臓の細胞が壊死(えし)してしまい、正常な肝機能が保てなくなってしまいます。肝臓はさまざまな機能を持つ臓器ですが、たとえば血液を固めるために重要な「凝固因子」と呼ばれる物質をつくります。劇症肝炎では凝固因子の産生機能も障害をうけ、消化管や脳などでの出血リスクが高まります。その他、肝臓は身体にとって不要な物質を解毒する作用も有しています。

アンモニアも肝臓で解毒を受ける必要のある物質のひとつですが、劇症肝炎では解毒作用が低下しています。アンモニアをはじめとした種々の物質が脳に対して悪影響を及ぼすことも知られており、意識障害を代表的な症状とする「肝性脳症」と呼ばれる状態を引き起こします。

原因

劇症肝炎の原因には、B型肝炎ウイルスを代表とするウイルス、薬剤、自己免疫性肝炎などさまざまなものがあります。劇症肝炎を引き起こした原因によっても致死率は異なることが知られています。なかでも、B型肝炎ウイルスが原因となって起こる「B型肝炎ウイルス再活性化」の経過は、劇症肝炎のなかでも非常に悪いことが知られています。

B型肝炎ウイルス再活性化では、普段は悪さをしていなかったB型肝炎ウイルスがステロイドや免疫抑制剤、悪性腫瘍などにより、全身の免疫機能が大きく障害を受けることで活動を始めます。これによって、劇症肝炎が引き起こされます。

症状

劇症肝炎の初発症状には、発熱、筋肉痛、倦怠感などがあります。肝臓の機能が低下すると、黄疸が生じるようになるため、白目の部分が黄色くなる、皮膚が黄色くなるなどの症状も認めるようになります。また黄疸の原因である「ビリルビン」が尿中に排泄されるようになる結果、尿の色が濃くなります。

劇症肝炎により肝機能がさらに低下すると、肝性脳症に関連した症状がみられるようになります。たとえば、昼夜が逆転したり、周囲に対して無関心になったりするといった症状です。また、人や時間、場所などに対しての認識もできなくなり、たとえば自分が入院中であることを忘れることもあります。

さらに症状が進行すると、興奮状態になり意識状態が低下します。劇症肝炎では出血傾向を示し、消化管出血をきたすこともまれではありません。消化管出血が生じた場合は、劇症肝炎の症状が急激に悪化することもあります。

検査・診断

劇症肝炎の診断は、肝性脳症の出現が8週間以内に生じたことに加えて 、血液検査で「プロトロンビン時間」と呼ばれるものの低下を確認することからなされます。プロトロンビン時間は、肝臓でつくられる凝固因子が低下していることを示唆する検査であり、劇症肝炎において肝臓機能が低下していることを示します。

その他、肝臓の障害が生じていることを表す項目として、ASTやALTの上昇、アルブミンの低下、ビリルビンの上昇などがあります。また、劇症肝炎ではアンモニアが正常に解毒されないために、血液中でアンモニアが上昇します。

劇症肝炎では急速に肝臓が障害を受ける結果、肝臓自体が小さくなることもあります。肝臓が小さくなることを「肝萎縮(かんいしゅく)」と呼びますが、超音波検査やCTなどの画像検査で確認できることもあります。

治療

劇症肝炎の治療では、誘因となったものに対するアプローチと、肝臓を守るための肝庇護療法の2つが重要です。たとえば、B型肝炎ウイルスが原因となっている場合には、エンテカビルやインターフェロンなどが投与されます。誘因となりうる薬剤が存在する場合には、原因薬剤の使用を避けることも大切です。自己免疫性肝炎が引き金になっている場合は、ステロイドの投与も必要とされます。

障害を受けた肝機能を代償する目的で、血漿(けっしょう)交換や血液透析を行うことがあります。これらの治療を通して、体内に不要な物質を身体から取り除くことができます。また、凝固機能を補充する目的で、輸血が行われることも検討されます。

しかしこうした内科的な治療の効果がみられない場合には、肝移植が行われることがあります。肝臓の提供者としては、家族や脳死臓器提供者が候補になります。いずれにしても、劇症肝炎の進行は急激であるため、適切なタイミングで治療方針を決定することが重要です。