新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ちつかんじだ

腟カンジダ

(外陰腟カンジダ症)

同義語
腟カンジダ症,カンジダ外陰腟炎
最終更新日
2021年10月11日
Icon close
2021/10/11
更新しました
2017/04/25
掲載しました。

概要

(ちつ)カンジダとは、カンジダ属の真菌感染によって外陰部や腟にかゆみや腫れ、白いおりものなどがみられる病気です。“腟カンジダ症”、“外陰腟(がいいんちつ)カンジダ症”、“カンジダ外陰腟炎”とも呼ばれます。

カンジダは健康な人の皮膚や口内、腸内、性器の周辺などに常在しており、免疫力の低下などに伴って増殖し、女性では外陰部や腟に炎症が生じます。発症率は高く、女性の約5人に1人が発症するといわれています。

治療では主に抗真菌薬が使われます。まれに再発を繰り返すこともありますが、85~95%は1~2週間の初期治療によって治るとされています。

原因

腟カンジダの原因は真菌の1種であるカンジダです。これは体表や体内に存在する常在菌で、通常は悪さをしません。しかし、免疫力の低下などが原因で増殖し、それが腟に広がることで外陰炎腟炎が引き起こされます。特に月経の直前に発症することが多いとされています。

また、腟内にカンジダを保有する割合は非妊婦で約15%、妊婦で約30%といわれ、妊娠中には発症しやすくなります。

そのほか発症の可能性を高める要因として、糖尿病がある、薬剤や病気によって免疫機能が抑制されている、避妊リング(IUD)を使用している、通気性が悪い下着を着用しているなどが挙げられます。

また、抗菌薬には真菌の増殖を抑える腟内常在細菌を死滅させてしまう傾向があるため、抗菌薬を服用している人も発症のリスクが高まります。

そのほか、カンジダが増殖している男性との性行為によって感染したり、反対に男性に感染させたりすることもあります。

症状

腟カンジダを発症すると、炎症に伴って外陰部や腟にかゆみ灼熱(しゃくねつ)感が生じ、このような症状は特に性交中に強くなる傾向があります。外陰部の腫れや排尿障害、おりものの増加、ヨーグルト状や酒粕状の白い分泌液がみられることもあります。

糖尿病の人や抗菌薬を服用している人では、腟よりも外陰部や股部の炎症が強く、湿疹のような皮膚症状が現れます。

ただし、このような症状はほかの病気でも現れることがあり、腟カンジダ特有の症状ではないため、医師による鑑別が必要です。

検査・診断

診断するうえでまず問診が行われ、自覚症状や発症要因(基礎疾患・薬剤の使用など)、衛生状態などについて質問を受けます。

次いで実際に外陰部や腟の状態を目で見て確認し、おりものや分泌液などを綿棒で採取してそれを顕微鏡で観察する顕微鏡検査が行われます。ときに採取したものを用いて培養検査をすることもあり、通常これらの検査で診断が確定します。

治療

腟カンジダには抗真菌薬が有効です。薬のタイプには腟錠(腟に入れる薬)、軟膏・クリーム、内服薬などがあります。

一般的に合併症がない腟カンジダの治療では、腟洗浄後に腟錠を腟深部に挿入します。連日通院できる場合は、イミダゾール系(クロトリマゾール、ミコナゾール硝酸塩、イソコナゾール硝酸塩、オキシコナゾール硝酸塩)の抗菌薬を1日1回投与し、計6回(6日間)行います。連日の通院が難しい場合には、週1回の通院でイソコナゾール硝酸塩またはオキシコナゾール硝酸塩を増量して投与します。ただし、連日通院して投与するほうがやや効果が高いといわれています。

通常、腟錠と併せて軟膏やクリームの外用剤を使用し、患者自身が1日2~3回外陰部に塗布するようにします。内服薬としてはフルコナゾールという真菌薬が用いられます。服用は1回のみで通院の必要がありませんが、ほかの薬剤との相互作用が出る場合があるため注意を要します。また、妊娠や授乳中の場合の使用はできません。

予防

カンジダは性行為によって感染することがあるため、性行為の際には正しくコンドームを使用することが大切です。また、自覚症状があるときには性行為を控えましょう。

体調不良や過労、睡眠不足、ストレスなどで免疫力が低下すると増殖しやすくなることから、疲れやストレスをためすぎないようにして免疫力の低下を防ぎましょう。

カンジダは高温多湿の環境を好みます。そのため、下着は通気性のよいものを着用し、性器周辺は常に清潔にしておくことも大切です。

頻繁な腟内洗浄も発症要因の1つです。腟内洗浄によって腟内の自浄作用が低下すると、腟内に存在するカンジダが増殖しやすくなるため、頻繁に行わないようにしましょう。

「腟カンジダ」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。