かんじだしょう

カンジダ症

膣

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

性器カンジダ症とは、性器感染症のひとつで、真菌の一種であるカンジダ属により生じます。女性に多く、5人に1人がカンジダ症を発症するとされています。一般的に、腟と外陰双方に感染するため、外陰腟カンジダ症といわれています。男性の場合は症状が出ることは少ないですが、包茎や糖尿病の方、ステロイド剤投与を受けている方、消耗性疾患を持っている方など免疫力が低下している方にみられることがあります。

原因

カンジダ菌は、健康な人の皮膚、口の中、消化管などに存在する常在菌です。免疫力や腟の内部にいる常在菌 (デーデルライン乳酸菌)の作用により、通常は腟内で異常に増殖しない状態が保たれています。免疫力が低下する状態や、腟内環境の変化、あるいは腟内の常在菌が少なくなるような状態になると、腟内のカンジダ菌が異常増殖し、性器カンジダ症を発症します。

免疫力の低下や腟内環境を変化させる要因としては、日常生活における風邪や疲労、ストレス等の体調変化、生理周期に伴うホルモンの変化、妊娠、糖尿病やステロイド剤や免疫抑制剤の使用などが挙げられます。一方で、抗生物質の服用、陰部を頻回に洗いすぎる、刺激の強い石鹸を使用するなどの行為は腟内の常在菌を除去することでバリア機能を破壊する要因となります。性交が原因で感染する場合は全体の5%程度といわれています。

症状

女性の場合の主な症状としては、外陰や腟の掻痒感(そうようかん)(強いかゆみ)と帯下(おりもの)の増加が挙げられます。また、かゆみが出るので皮膚を掻くことで傷を作ってしまうことがあります。また炎症により外陰部に軽い浮腫(むくみ)、軽度の発赤も引き起こされる場合が多いです。

異常増殖した帯下は酒粕状、粥状、ヨーグルト状などと表現され、腟壁や子宮頸部に白色の塊としてみられます。そのほかのよくある自覚症状としては、外陰部や腟部のひりひりと焼けつくような痛み、性交痛、排尿障害等が挙げられます。

男性の場合、症状を訴えることは少ないですが、主としては亀頭部や包皮に白いカス(白色苔)が見られたり、発赤や赤色の湿疹、膿疱(のうほう)(膿のたまった水膨れ)が生じたりします。

 

検査・診断

カンジダ症は、主に、外陰や腟の掻痒感、酒粕状・粥状・ヨーグルト状の異常増殖した帯下などの症状から疑われます。確定診断のためには、顕微鏡を用いた検査を行います。

腟の白色の帯下あるいは外陰部や亀頭の病変部の鱗屑(りんせつ)(カサカサ)や膿疱蓋(表面の部分)を拭って顕微鏡で直接観察、ないしは培養の検査を行うことでカンジダの有無を確認します。

治療

性器カンジダ症の症状が軽いのであれば自浄作用によって自然治癒する場合もありますが、かゆみの症状が強い場合や白色の帯下が大量に出るなどの症状がある場合は、治療が必要です。

女性に対しては、腟抗真菌薬の腟錠(腟坐剤(ちつざざい))、軟膏、クリーム、内服薬などがあります。一般的に外来では腟洗浄後に腟錠を腟深部に挿入する治療方法がとられます。カンジダ菌は湿気を好むため、通気性のよい下着を使用し、ナプキン使用時はこまめに交換するなど局部の乾燥を保つことが重要です。また、腟内の常在菌によるバリア機能を保つため、局所の清潔を保ちつつ、頻回の洗浄や刺激性石鹸の使用を避けるようにしましょう。 (入浴時は軽く洗い流す程度としてください)。

パートナーへの感染予防のため性交渉を避けることも治療するうえで重要です。男性に対しては局所を清潔にし、抗真菌剤の軟膏やクリームの塗布を行います。

妊娠中にはカンジダによる羊水感染や産道感染が生じるとカンジダが新生児の口腔粘膜に感染し鵞口創(がこうそう)を引き起こす原因となります。妊娠中に腟内カンジダの検査結果が陽性で症状も見られる場合には治療が必要です。