げり

下痢

便

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

下痢とは、水分量の多い泥のような便(泥状便)または水のような便(水様便)が頻回に出る状態を指します。便の水分量が80~90%になると泥状便、90%以上で水様便になるといわれています。

下痢はよく起こる症状の一つであるために軽く考えてしまいがちですが、中には病気が隠れていることもあります。病気が原因でなくても下痢が続くことで脱水症状に陥り、さまざまな症状が引き起こされる場合もあります。

原因

下痢は飲みすぎ・食べすぎなどの生活習慣が原因で起こることの多い症状ですが、細菌・ウイルス性の病気や消化器の病気などが原因になっていることもあります。

細菌・ウイルスによる病気が原因の下痢

下痢を引き起こす細菌には病原性大腸菌・サルモネラ菌・カンピロバクター・エルシニアなど、ウイルスにはノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルスなどがあり、人や動物、飲食物など、さまざまな経路を介して感染します。

細菌・ウイルスに感染すると下痢のほかに発熱や腹痛、嘔気・嘔吐が伴うことが多く、心当たりがなく急にこのような症状が現れた場合には細菌・ウイルス性の胃腸炎が疑われます。同じものを食べた方や家族のなかに下痢で体調の悪い方が複数いると、食中毒のことがあります。

消化器の病気が原因の下痢

大腸などの消化器の病気も下痢の原因になりえます。病気の種類によっては下痢と便秘が繰り返される場合もあります。便に血が混じるような場合には、大腸がんや炎症性腸疾患などの重大な病気が原因になっていることもあります。

薬剤が原因の下痢

薬剤によって腸管の動きが激しくなる、腸内細菌のバランスが崩れるなどが原因で、下痢が起こることもあります。

下痢を引き起こす薬剤にはさまざまなものがあり、軽い下痢が一時的に起こることもありますが、放置すると重症化するケースもあります。中でも抗がん剤や抗菌薬、免疫抑制薬、一部の消化器用薬などは重度の下痢を引き起こすことがあるとされています。

薬剤による下痢は服用後すぐに起こる場合、服用後から1~2か月経ってから起こる場合がありますが、一般的には服用後1~2週間以内に起こることが多いといわれています。

生活習慣が原因の下痢

飲みすぎ・食べすぎ、冷たい飲み物やアルコール、刺激物の摂取などによる胃腸への負担や、ストレスによって自律神経が乱れることでも下痢が起こる場合があります。

症状

下痢は便が水っぽくなるほど、頻繁に便意をもよおすほど、下痢が長く続くほど、腹痛などの伴う症状が強いほど重度とされています。

下痢に伴う症状としては腹痛・下腹部痛、発熱、吐き気・嘔吐、便秘、血便などがありますが、この中では特に腹痛・下腹部痛がよくみられ、病気から生活習慣までさまざまな原因の下痢に伴うことの多い症状です。

腹痛・下腹部痛に加えて発熱と吐き気・嘔吐の3つの症状は、細菌・ウイルスが原因の病気に起こることが多く、血便が伴う場合には重症化している、または重大な病気が原因になっている可能性も考えられます。

下痢に伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

血便
概要・原因・症状・...

治療

下痢の治療は原因によって異なりますが、一般的に行われることの多い治療には以下のようなものがあります。

細菌・ウイルスによる病気が原因の下痢の治療

細菌が原因であれば抗菌薬などで治療を行います。ウイルスが原因の場合には、抗菌薬が効かず特効薬も存在しません。そのため、治療の主体は症状を抑える対症療法が中心になります。具体的には脱水が強い場合に点滴、発熱や腹痛がある場合に解熱鎮痛剤を服用し、自然に治るのを待ちます。

消化器の病気が原因の下痢の治療

消化器の病気が原因の場合には、一般的に薬物療法による治療が主体となります。病気が進行している場合や大腸がんなどの重い病気に対しては、手術が必要になることもあります。

薬剤が原因の下痢の治療

服用中の薬が原因の可能性があれば、その薬の服用を中止し、他の薬に変えて様子をみるのが一般的です。ただし、自己判断で服用を中止するのは危険です。自己判断で中止せず、処方された病院に相談しましょう。

生活習慣が原因の下痢の治療

飲みすぎ・食べすぎといった食生活、ストレスなど生活習慣が原因の下痢は、胃腸を休める、ストレスを発散する、など日常生活上の取り組みが治療の基本です。受診の際には補佐的に下痢を抑える薬や漢方薬などが処方されることもあります。

「下痢」に関連する他の症状