けつにょう

血尿

尿

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

血尿とは、正常な状態であれば透明や黄色、茶褐色である尿に血液が混じり、赤色やピンク色になってしまっている状態です。目で見てわかることもありますが、顕微鏡などで見てはじめて、尿に血液が混じっているのがわかることもあります。この記事では、見てわかる(肉眼で確認できる)血尿について、解説します。

尿が通ってくる道(尿路)のどこかに傷や炎症が起こっていたり、腎臓が傷んでいたりすると、血尿が出ます。 症状が血尿だけということもありますが、それに背中の痛みや、排尿時の違和感が伴うこともあります。

原因

尿は腎臓の糸球体で血液が濾過されて作られ、尿管を通り、膀胱にたまります。そして、膀胱から尿道を通って排泄されます。 この通り道である尿路のどこかに異常があると、血尿をきたすことになります。また男性の場合、尿道に前立腺という器官が巻き付いています。この前立腺に異常があっても血尿をきたします。血尿に伴う症状は尿路のどこに異常があるかということを指し示すもので、血尿の原因を探るときにとても大事なヒントになります。

腎臓よりも後の部分、尿管・膀胱・尿道に原因がある場合

尿道のどこかに異常があり、そこから出血が起きていると考えられます。 その異常は、結石や感染症、腫瘍などが考えられます。 また、ケガや強い打撲などによって傷をつけてしまったという可能性も考えることができます。

腎臓に原因がある場合

尿を作る器官である腎臓自体に異常がある場合も、血尿をきたします。通常は血尿以外にも蛋白尿などの尿の異常所見を伴います。多くの場合は、腎臓が炎症を起こしている可能性を考えます。その原因には感染症や結石、腫瘍、自己免疫疾患など様々なものがあります。さらに、遺伝性の病気である可能性もあります。

症状

血尿とともに起こりやすい症状には以下のようなものがあります。まず、腰の痛み、下腹部の痛みが伴う場合は尿路結石症を疑うことが多いです。発熱がある場合は何らかの感染症を疑うこともあります。

排尿痛や残尿感がある場合、多くは膀胱から尿道までに異常があると考えます。 例えば膀胱や尿道に炎症が起きている場合です。さらに男性の場合、尿道には前立腺が巻き付いています。その前立腺が大きくなり尿道を圧迫している場合も排尿時の違和感の原因となります。

血尿に伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

治療

血尿の治療は、原因によって異なります。

腎臓よりも後の部分、尿路・膀胱に原因がある場合の治療

物理的に傷がついているだけだった場合や、体質的に血尿が出ているという場合は、は経過観察だけで大丈夫なことがあります。また、何らかの感染症が疑われた場合は抗菌薬を使うこともあります。

傷がつく原因が尿路にできた石だった場合は、体の外から体外衝撃波を当ててその石を壊し排出されるのを待つという治療もありますが、石が小さい場合は水を飲んで石が排出されるのを待つ事が多いとされています。

もし血尿の原因が悪性腫瘍だった場合は、どのような腫瘍であるかに合わせて適切な治療が行われます。

腎臓に原因がある場合の治療

糸球体腎炎など腎臓に炎症が起こっている可能性がある場合、その原因は慎重に検査し、診断に応じて内服加療や点滴、食事制限を含めた生活習慣の改善、安静など様々な治療や療養が行われます。

また、腎臓に悪性腫瘍ができている場合、手術によってそれを取り除き、場合によっては薬物治療や放射線療法などを行うことがあります。

「血尿」に関連する他の症状