新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

糖尿病で起こる足の病気の基礎知識

糖尿病で起こる足の病気の基礎知識
杉田 和枝 さん

高村内科クリニック

杉田 和枝 さん

菅野 一男 先生

医療法人社団桜一会かんの内科院長

菅野 一男 先生

貴田岡 正史 先生

イムス三芳総合病院 内分泌内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長

貴田岡 正史 先生

糖尿病では神経障害、血行障害、免疫力の低下により、靴擦れ、乾燥・ひび割れ、タコ、ウオノメ、変形、陥入爪、壊疽、白癬など、様々な足の病変を引き起こします。糖尿病が引き起こす足の病気について、フットケアの第一人者である杉田和枝先生におききしました。

糖尿病の足病変<軽症から重症まで(ピンからキリまで)多彩>

糖尿病の足病変<軽症から重症まで(ピンからキリまで)多彩>

糖尿病患者さんの足の病気の直接的な原因としては、神経障害と血流障害の2つがあげられ、加えて易感染性(感染しやすくなること)などがあげられます。しかし、原因はこれだけでなく、極めて複合的です。

例えば、糖尿病網膜症による視力の低下によって、自分自身で足の異変に気づかないということは1つの要因としてあげられます。また、糖尿病腎症による下肢の浮腫から靴擦れを生じ、潰瘍に至ることもあります。

神経障害 血行障害 免疫力の低下

神経障害 血行障害 免疫力の低下

 

神経障害には、感覚神経障害、運動神経障害、自律神経障害があります。その全てが足病変の原因となりうるのです。

  • 感覚神経障害

糖尿病足病変において特に注意が必要なのが感覚神経障害です。感覚神経障害は下肢に多く見られ、感覚が鈍くなったり、異常感覚をもたらしたりします。その結果として、靴擦れ、深爪、低温火傷など、による痛みを感じにくくなり、発見が遅れたり、自己流で過ごしてしまったりして感染・壊疽まで進行してしまう危険があるのです。

  • 運動神経障害

運動神経が障害されると、下肢や足裏の筋力が低下し、歩行の異常やアーチ構造のバランスが崩れ、様々な足の変形や関節の変形をもたらします。これらの異常は足の損傷の可能性を大きくします。

  • 自律神経障害

自律神経が障害されると下肢の発汗が障害され、皮膚の角化、ひび割れが生じやすくなります。

 

糖尿病は大血管にも細小血管にも動脈硬化を引き起こします。それにより下肢の血行が悪くなり、足の細胞の酸素不足、栄養不足が起こります。傷が治りにくくなり、潰瘍や壊疽など悪化しやすくなります。

 

高血糖状態が持続すると免疫力が低下します。免疫力が低下すると、皮膚への細菌感染が起こりやすい状態になります。

糖尿病足病変に至る簡略化されたシェーマ

糖尿病足病変に至る簡略化されたシェーマ

糖尿病で起こる足の病気の治療は、疾患により異なります。例えば、閉塞性動脈硬化症がある場合は、カテーテル治療をしたり、バイパス手術をする必要があります。

足の異常に気付いたら、早めに医師にみせるようにして下さい。一番やってはいけないことは、痛くないからという理由で放置することです。また、タコやウオノメを市販薬で治そうとしたり、自分で削ったりすると、やりすぎて新しい傷をつくることがあり危険です。やはり早めに医師にみてもらいましょう。

糖尿病では、足の病変が悪化してしまうと治療が困難なことも多くあり、下肢を切断せざるをえないこともあります。そうなる前に、日頃からフットケアを行い予防することが大切です。フットケアをきちんと学び、実践していきましょう。

受診について相談する
  • かんの内科 院長

    菅野 一男 先生

  • 医療法人社団 明芳会 イムス三芳総合病院 内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター センター長

    貴田岡 正史 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    「糖尿病足病変」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。