S414x320 416f3828 b9c0 4479 940b cc07462af85d

インタビュー

公開日 : 2017 年 05 月 16 日
更新日 : 2017 年 05 月 17 日

腹痛や下痢・便秘を繰り返す場合、大腸がんの初期症状の可能性も?

大腸がんは日本人の死因ランキングで上位に入っている、とても身近な疾患です。しかし、日本における大腸がん検診の受診率は現在4割をきっており、大腸がんに対しての意識の低さが問題視されています。

今回は、大腸がんを発症する原因や初期症状、類似疾患や検診の大切さを、横須賀市立うわまち病院第二外科部長の菅沼利行先生にお話しをうかがいました。

大腸がんの特徴とは―日本人女性の死因2位、男性では3位

人ごみ

大腸がんは日本人が発症するがんのなかでも死亡率が高く、女性では2位、男性では3位の死因となっています。私たち消化器の領域では最も多く遭遇するがんです。          

大腸は大きく、結腸と直腸に分けることができます。そして、結腸は右下から盲腸、上行結腸、横行結腸、左側の直腸は、上から下行結腸、S状結腸、直腸、そして肛門管となります。腸の内容物は、右側結腸部分ではまだ液状であり、肛門に移るにつれて固形化していきます。そして、大腸がんは大腸のなかでもS状結腸と直腸の部分にできやすいという特徴があります。

大腸がんになりやすい方の生活習慣とは

ハムやソーセージなどの合成肉も大腸がんの原因になる場合がある

ハムとソーセージ

大腸がんになりやすい方の生活習慣は以下のことが挙げられます。

  • ハムやソーセージなどの合成肉の過剰な摂取
  • 過度の飲酒
  • 運動不足
  • 喫煙

このなかでも特に着目すべき生活習慣は、ハムやソーセージなどの合成肉を多く摂取するという点です。ハムやソーセージなどの食の欧米化は、発がんに結びついていると指摘されています。かつて日本人にがんが少なかった理由は、こういった脂質の多い食品の代わりに繊維質が豊富な食物を多く摂取していたからです。

また、たばこは大腸がんだけでなく全てのがんの原因となります。 飲酒は少量であれば、むしろ新陳代謝を上げ食欲増進に繋がるため、長寿の効果があるとされています。しかし、毎日多量の飲酒をすることは大腸がんの原因となるため控えましょう。

遺伝的な背景も関係している

大腸がんは食生活を含めた環境要因だけではなく、遺伝子背景が関係しています。関係が明らかになっている遺伝子疾患は、家族性大腸腺腫症とリンチ症候群です。

家族性大腸腺腫症とは、APC遺伝子という遺伝子の故障によって、大腸の内部に100個以上ものポリープができる疾患です。このポリープはほぼ確実に、40代までにがん化してしまいます。 また、リンチ症候群ではミスマッチ遺伝子という修復遺伝子の故障により大腸がんを発症します。

大腸がんのページへ

連載記事

関連記事