疾患啓発(スポンサード)

慢性心不全とは? 要因、症状、再発の予防法について

慢性心不全とは? 要因、症状、再発の予防法について
岩澤 孝昌 先生

横須賀市立うわまち病院 副病院長、循環器内科 部長

岩澤 孝昌 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

心不全は、再発を繰り返すごとに、徐々に悪くなっていく病気であり、一生付き合っていかなければならない病気です。しかし、患者さんが徹底的な生活習慣の改善を図ることで、再発の可能性を下げることができる病気でもあります。では、どのようにすれば心不全の再発を防ぐことができるのでしょうか。横須賀市立うわまち病院 循環器内科部長の岩澤孝昌(いわさわ たかまさ)先生に、慢性心不全の症状や再発の予防方法について伺いました。

慢性心不全とは

心不全とは、心臓の働きが不十分になり、息切れやむくみなどが起こることから、体調が徐々に悪くなっていく病気です。心臓は、全身に血液を送るポンプの役割を担っています。このポンプ機能が落ちることによって、全身の臓器の状態の維持が難しくなっていきます。

健康な方が突然心不全になることは珍しく、心不全になる前から、高血圧脂質異常症*糖尿病心房細動などの基礎疾患を持っている場合がほとんどです。

日本において、心不全を含む循環器の病気で亡くなる患者さんの数は、がんに次いで第2位であり(2019年時点)、心不全による5年生存率は50%ほどです。現状では、心不全は治らない病気であるため、上手に付き合っていくことが大切です。

*脂質異常症の記事は『心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす脂質異常症とは?』をご覧ください。

慢性心不全の症状

慢性心不全の症状には、次のようなものがあります。

  • 階段や坂をのぼっているときの息切れ
  • 倦怠感(けんたいかん)
  • 呼吸困難
  • むくみ
  • 夜間頻尿
  • 手足の冷え
  • 食欲不振
  • 起座呼吸*
  • 短期間での体重増加

*起座呼吸…体が横たわっている状態だと息苦しく、体を起こすと呼吸が楽になること

慢性心不全の患者さんが再入院する原因

心不全で再入院をする原因の多くは、次のグラフが示すとおり患者さんの毎日の生活における心掛けによって、ある程度は防ぐことができるものです。心不全を再発させないためには、患者さんのやる気や努力も重要です。

心不全患者の再入院の原因

心不全患者の再入院の原因

心不全での入院後に退院された患者さんが、再び入院することになる一番の原因は、塩分・水分制限を守らないことです。食塩の中に入っているナトリウムには、水を貯蓄させる性質があります。我々の体は、このナトリウムと水分のバランスを一定に保つようにできています。たとえば、塩分を取りすぎると、のどが渇き、水を飲みたくなります。これは、摂り過ぎた塩分により上がってしまった血液中のナトリウム濃度を、水分量を増やすことで薄めようとするためです。そして、のどが渇いて飲んだ水は、ナトリウム濃度を下げるために血液中に取り込まれ、血液量を増加させます。血液量が増えるということは、心臓の負担も増えるということです。心臓の負担を増やさないようにするために、患者さんには、1日の塩分摂取量を6g以下にしていただくようにお伝えしています。

そのほかには、風邪や肺炎などの感染症や、治療薬の飲み忘れなども大きな影響があります。

慢性心不全の再発の予防方法

心不全の増悪(病状が悪化すること)を予防する方法は、以下のとおりです。

  • 1日あたりの塩分摂取量を6g以下にする
  • 食事は腹八分目にとどめる
  • 心不全の原因となる持病の治療を徹底する
  • 飲酒を控える
  • 適度な運動をする
  • 風邪や肺炎などの感染症を予防する
  • 禁煙する

基本的に、食事は腹八分目にしましょう。これは、1日の塩分を6g以下に控えながら、カロリーをコントロールして適正体重を維持するためです。先にご説明した通り、短期間で体重が増加することは心不全の症状のうちのひとつです。食事の過剰摂取によって体重が増えてしまうと、体重増加の原因が食べ過ぎによるものなのか、心不全の症状によるものなのか、判断できなくなってしまいます。そうならないためにも、食べ過ぎは控えましょう。

慢性心不全の再発の予防方法

食事の内容は、肉や乳製品よりも、魚や野菜が豊富に取れてヘルシーな地中海食がよいとされています。

また、禁煙は心不全の再発予防において重要です。

塩分6gとは

日本人は平均で1日約12gの塩分を摂取しているといわれていますが、心不全の再発予防においては、先ほどお話しした通り、1日6g以下に控えなければなりません。近年、ファミリーレストランなどのメニュー表には塩分量が記載されていることもありますが、コンビニのおにぎりなどには、塩分量ではなくナトリウムの含有量が記載されています。

たとえば、コンビニのおにぎりには、ナトリウムが約500mg含まれています。これを塩分量に換算するためには、ナトリウムの値を2.54倍にする必要があります。

 例: 500mg × 2.54 = 1,270mg = 1.27g

つまり、ナトリウムの値が500mgである場合、塩分量は1.27g(1,270mg)です。したがって、おにぎりを2つ食べると塩分を約2.5g摂取することになるため、1食あたりの目安となる塩分量約2gを超えてしまうことになります。

塩分制限の徹底は、心不全の再発予防において重要なことです。最近では、減塩商品の種類も増えています。漬物を食べることを控えたり、そうした商品を利用したりしながら、塩分摂取量の制限の徹底をしていきましょう。

横須賀市立うわまち病院の心不全の検査、治療方法については、記事2『横須賀市立うわまち病院の慢性心不全の検査、治療法や取り組み』をご覧ください。

受診について相談する
  • 横須賀市立うわまち病院 副病院長・循環器内科 部長

    岩澤 孝昌 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 横須賀市立うわまち病院 副病院長・循環器内科 部長

    岩澤 孝昌 先生の所属医療機関

    横須賀市立うわまち病院

    • 内科外科精神科脳神経外科呼吸器外科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産科婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科麻酔科乳腺外科呼吸器内科循環器内科消化器内科脳神経内科病理診断科
    • 神奈川県横須賀市上町2丁目36
    • 京急本線「横須賀中央駅」 徒歩12分
    • 046-823-2630
    Noimage s150x150

    「心不全」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。