まんせいしんふぜん

慢性心不全

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

心不全とは、心臓の病気により全身に血液を送り出す心臓のポンプの機能が低下し、身体が十分な血液を受け取れず、さまざまな影響を及ぼす状態です。この状態が長期的続き、心臓の機能が落ちることを慢性心不全といいます。

慢性心不全は心筋症や高血圧、心臓弁膜症などを原因として発症します。慢性心不全を発症すると、動作時の疲労感、咳、むくみとそれに伴う体重増加などを認めます。

原因

慢性心不全は、高血圧、虚血性心疾患、不整脈、弁膜症、先天性心疾患、心筋症などを原因として発症します。また、高コレステロール血症などの脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病とも関連が強く、高齢になるほど発症する方が多くなります。

症状

慢性心不全では、心臓のポンプ機能の低下を反映した症状がみられます。

運動に見合っただけの血液を送り出すことができなくなるため、ちょっとした動作でも疲れがみられるようになり、疲れやすさを自覚します。また、手足への血流が低下することから、腕や足の冷えもみられます。また、一回に送り出せる血液量が低下したことを補うために心臓が数多く脈打つようになり、動悸を覚えます。

慢性心不全が進行し、肺に過剰な水分が分布すると、咳や痰、呼吸困難が生じます。重篤な慢性心不全では労作時だけでなく、夜間にも横になると肺にうっ血(血液の流れが悪くなり、静脈内に血液がたまってしまうこと)して、呼吸困難をきたすようになります。ピンク色の泡状の痰、喘鳴(ぜんめい)を伴う安静時呼吸困難が特徴です。

また、重力のかかりやすい下肢を中心にむくみがみられることも多いです。慢性心不全が急激に悪化したときには、過剰な水分を体外に排泄できなくなり、体内に多くの余剰水分を蓄積します。その結果、体重が急激に増加します。感冒(かんぼう)(風邪)や過労などをきっかけとして、急性増悪(急激に悪化すること)が引き起こされます。

検査・診断

慢性心不全の診断では、胸部単純レントゲン写真、心エコー、心電図、血液検査などの検査が行われます。

胸部単純レントゲン写真では、慢性心不全に伴う心臓の拡大や肺のうっ血を確認することができます。心エコー検査では、心臓のポンプ機能の確認が可能で、さらに弁膜症の有無なども同時に観察することができます。心電図検査では、不整脈、古い心筋梗塞の痕なども確認することができます。

血液検査では、心不全の状態が悪いと高い値になるBNPと呼ばれる項目を測定します。その他、心臓CTやカテーテル検査などを行うこともあります。

治療

慢性心不全の治療では、原因となる基礎心疾患の治療、管理が大切です。たとえば、心臓弁膜症が原因となって慢性心不全を発症している場合には、心臓弁膜症に対する手術治療が必要となる場合もあります。

生活様式の改善などによる治療

安定した状態にある慢性心不全に対しては、生活様式の改善と薬物療法を中心とした治療を行います。まず安静を保ち、食事では塩分を控え、消化のよいものをとり、場合によっては水分制限を行うこともあります。運動は病状に合わせて工夫され、回復期にはリハビリテーションが行われます。

薬物療法による治療

慢性心不全の薬物療法では、β遮断薬、あるいはRAS系阻害薬と呼ばれる薬が基本になります。また、心臓が血液を少しでも送り出しやすくするためには血管の抵抗を下げることが重要です。そのため、硝酸薬などの血管拡張薬を用いることがあります。さらに、肺のうっ血やむくみに対して利尿薬を用いることで、体内に蓄積した過剰な水分を排泄できます。

慢性心不全では感冒や生活習慣の不摂生、薬物治療の自己中断などを原因として症状が悪化することがあります。これにより呼吸困難が助長されることもあり、その際には入院が必要となります。入院治療では安静、酸素投与を行い心臓の負担を軽減する薬を用います。

「慢性心不全」に関連する他の記事
もっと見る