新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

頸椎の手術とコンピュータ支援手術

頸椎の手術とコンピュータ支援手術
星地 亜都司 先生

社会福祉法人三井記念病院 副院長、整形外科部長

星地 亜都司 先生

前の記事「最新の整形外科手術-コンピュータ支援手術とは」で、コンピュータ支援手術のメリットやデメリットについてご説明しました。コンピュータ支援手術はどのような疾患に有効なのか、費用や今後の展望について、コンピュータ支援手術のパイオニアである三井記念病院 整形外科 部長の星地 亜都司(せいち あつし)先生にお話しいただきました。

コンピュータ支援手術は、後述するとおり(記事4「脊椎分離症の手術-こどもに多い分離症とその手術について」)分離症やすべり症にも用いられますが、もっとも有効な疾患は「関節リウマチによる頸椎の脱臼」です。関節リウマチは、手足の関節が自己免疫によって破壊される病気です。主にひざやひじ・手首の関節などに症状が起こりますが、首にも脱臼などの症状があらわれます。首は腰と比べると骨が小さく、椎骨動脈という脳につながる重要な血管が通っているため、固定のためのスクリューの挿入が非常に難しく、腰椎以上に正確さが求められます。このような首の整形外科手術では、コンピュータ支援手術が非常に有用なのです。

ほかにも、側弯症と呼ばれる脊椎の形が正面から見たときに左右に曲がっている状態や、さらに椎体のねじれが伴う状態の場合にも有用です。側弯症の手術対象となるのは、主に女性の中学高校生で、美容的な意味合での治療となります。麻痺や痛みを伴うことの少ない本疾患においては、なおさらスクリューの誤挿入は禁物ですので、コンピュータ支援によるサポートを推奨します。コンピュータ支援手術はすべての整形外科手術で用いられるのではなく、脊椎にスクリューなどの金属片を挿入する際に用いられることが多くあります。

コンピュータ支援手術は、現在保険適用となっています。かつては保険適用でない高度先進医療でしたが、有効性が示され導入する施設も増えたことから、多くの患者さんの身近な手術となってきました。コンピュータ支援手術の技術料として加算されるのは、ベースとなる手術料に加え約2,000円程度ですので、医者と相談したうえで有用と判断された場合、コンピュータ支援手術は考慮すべき選択肢となるのではないでしょうか。

今後の普及が期待されるのは、手術中に撮影できるCTとコンピュータ支援手術との連動です。通常は手術の2〜3日後に再度CTを撮影し、スクリューが正しい位置に挿入されているかを確認します。しかし、手術中にCTで撮影することができれば、手術中にスクリューの位置の確認ができ、必要な場合にはその場で修正することが可能になるのです。患者さんの負担を考慮すると、このような連動は非常に有用ではないでしょうか。

また近年、整形外科領域では、内視鏡による低侵襲の手術も増えています。そこで内視鏡手術とコンピュータ支援手術の連動が期待されます。連動が可能となれば低侵襲の内視鏡手術に「精度」というさらなる武器が加わります。

 

三井記念病院 採用特設サイト "ともに生きる" はこちら

受診について相談する
  • 社会福祉法人三井記念病院 副院長/整形外科部長

    星地 亜都司 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が21件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「腰部脊柱管狭窄症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。