新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

脊椎手術とは-症状と日常生活の不便さを考慮する

脊椎手術とは-症状と日常生活の不便さを考慮する
星地 亜都司 先生

社会福祉法人三井記念病院 副院長、整形外科部長

星地 亜都司 先生

脊椎は一般的に背骨と呼ばれる部分で、正確には7つの頚椎、12の胸椎、5つの腰椎、仙骨(仙椎)、尾骨から成ります。脊椎は脳と体の各部とを結ぶ主要な神経である脊髄を守っているため、脊椎のずれや損傷などで、身体にさまざまな影響が出てきます。本記事では脊椎手術や、脊椎手術が行われる疾患について、三井記念病院 整形外科 部長の星地 亜都司(せいち あつし)先生にお話しいただきました。

脊椎は身体を支える重要なもので、7つの頚椎、12の胸椎、5つの腰椎、仙骨(仙椎)、尾骨で構成されています。後述するとおり、頚椎症性脊髄症腰部脊柱管狭窄症などの疾患があり、脊椎手術を選択するのは、麻痺や痛みなどの症状があらわれ、患者さん自身が日常生活に困っている場合です。また、症状とあわせてCTやMRIなどの画像診断で症状の裏付けを行います。

頚椎では、「頚椎症性脊髄症」という手足の麻痺やしびれを伴う病気があります。加齢により頚椎の間の椎間板が変形したり、骨棘(こっきょく)とよばれる骨のとげが形成されたりして、脊髄を圧迫することで症状があらわれます。これらの症状に対して、どの程度患者さんが困っているのかが手術に踏み切るうえで重要です。画像上では圧迫の程度が強くても、患者さんの症状が軽い場合は手術を行わないこともあります。ただし、現在症状が軽くても今後圧迫が進行し重症化する場合もあります。進行が予想されるのであれば、重症化する前に予防的に手術を行うということも患者さんと相談して決定します。

また腰部には、馬尾(ばび)神経という末梢神経があります。この神経には脊髄の本管が通っていないため、頚椎と異なり圧迫があっても症状や日常生活への影響があらわれにくい場合があります。腰部に代表的なものは「腰部脊柱管狭窄症」です。脊柱管とよばれる背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルが、加齢などで狭くなり神経を圧迫することで起こります。

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は、「間欠跛行(かんけつはこう)」です。間欠跛行とは、しばらく歩いていると足に痛みやしびれがあらわれ、歩くことが困難になりますが、しばらく休むと再び歩けるようになる症状のことをいいます。またいすに座ると症状がやわらぎます。この場合も、症状による患者さんのお困り具合や画像での裏付けで手術を行うかを決めます。

脊椎の構造

心臓などの他の合併症がない場合、入院期間は2週間前後です。手術前に大きな歩行障害がなければ手術翌日から離床(ベッドから離れること)し、理学療法士や看護師のもとリハビリなどを行います。また近年では「先取り鎮痛」といい、手術直後の痛みをできる限りなくすような工夫も行っています。

 

三井記念病院 採用特設サイト "ともに生きる" はこちら

受診について相談する
  • 社会福祉法人三井記念病院 副院長/整形外科部長

    星地 亜都司 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が21件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「腰部脊柱管狭窄症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。