インタビュー

C肝肝炎の治療方法と新薬

C肝肝炎の治療方法と新薬
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

C型肝炎の原因となるC型肝炎ウイルス(HCV)は性行為等によって感染する確率は低いといわれています。しかし性行為等以外にも、血液や体液を介してHCVに感染する可能性はあります。もしC型肝炎と診断されたらどのような治療が行われるのでしょうか。引き続き尾上泰彦先生に伺いました。

性交渉が原因のC型肝炎(急性肝炎)は安静が第一

性交渉によってHCVが体内に侵入して症状が現れた状態を急性肝炎とよびますが、一般的には安静に過ごしていただき、肝庇護剤を使用した肝庇護療法や食事療法を行います。肝庇護療法とは、ウイルスを排除するのではなく、炎症を抑えて症状の進行を防ぐのを目的とした治療方法です。

急性肝炎の治療は安静が第一ですが、血清GPT(トランスアミナーゼ)値が300IU/Lを超える、あるいは黄疸が出ているときには入院していただきます。急性C型肝炎のうち62~77%が慢性肝炎へと進行するために、2~3月間治療を行っても効果がみられない、症状が進行するなど慢性化が考えられる時には薬剤による治療を開始します。

インターフェロン療法とは?慢性化の可能性があるときの治療方法

2~3ヵ月経過しても症状の改善が見られないときには、急性肝炎から慢性肝炎への進行が考えられるため、インターフェロン療法が推奨されています。

インターフェロンとは、ウイルスに感染した細胞が作り出す糖タンパク質のひとつです。このタンパク質にはHCVの増加を抑えて免疫の働きを高める役割があります。このタンパク質を注射して補う方法がインターフェロン療法です。なお副作用に対応するために、インターフェロン療法を行うときは2週間ほど入院していただきます。退院後にも外来でインターフェロンの注射を続けますが、退院後どのくらい治療を続けるのかは肝炎の状態によります。

なお、インターフェロン療法を行って副作用が現れるなどして治療を中止した、もしくはインターフェロン療法を行っても効果が見られなかった場合には、インターフェロンフリー療法が推奨されています。

C型肝炎の新薬とは?

近年あらたに使用可能となった抗ウイルス薬は次の通りです。

  • テラプレビル(2011年11月に一般臨床で使用可能)
  • シメプレビル(2013年11月、一部治療に対して保険認可)
  • ダクラタスビル・アスナプレビル (2014年7月に併用療法が認可されたことにより、従来インターフェロン治療が困難だった患者さんへの治療が可能となりました)

C型肝炎は完治する?

急性C型肝炎と診断されたのち、血清GPT(トランスアミナーゼ)値が自然に正常な値に戻った場合にはHCV-RNA検査(リアルタイムPCR法)を行います。この結果が陰性であれば治癒した可能性が高いのですが、3ヶ月後に再度検査を行い血清GPT(トランスアミ ナーゼ)値の再増加がないことを確認します。

インターフェロン療法を行った場合では、投薬が終了してから6ヶ月後にHCV-RNAが陰性化していれば、慢性肝炎への進行を防ぐことができたといえます。