【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 16edb7dc b182 4441 b951 7945ad068eb1
B型肝炎の症状 -「急性型」「劇症型」「慢性型」の違いとは?
性感染症という視点からみた「B型肝炎」について数回に分けてご紹介しています。今回はB型肝炎の症状と予後について、わが国における性感染症治療の第一人者である尾上泰彦先生に教えていただきました。B型...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

B型肝炎の症状 -「急性型」「劇症型」「慢性型」の違いとは?

公開日 2016 年 01 月 01 日 | 更新日 2017 年 09 月 20 日

B型肝炎の症状 -「急性型」「劇症型」「慢性型」の違いとは?
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

性感染症という視点からみた「B型肝炎」について数回に分けてご紹介しています。今回はB型肝炎の症状と予後について、わが国における性感染症治療の第一人者である尾上泰彦先生に教えていただきました。

B型肝炎の症状とは?一過性感染と持続感染

B型肝炎とはB型肝炎ウイルス(hepatitis B virus:HBV)に感染した状態の総称です。感染の状態により一時的な感染に終わる「一過性感染」と、半永久的に感染が持続する「持続感染」があります。

性交渉を通じて感染するB型肝炎は前者の一過性感染として扱われており、倦怠感や食欲不振などを訴える患者さんが多いです。ほかにも「濃いウーロン茶」様と例えられる赤褐色の尿を排出したことが来院のきっかけになることもあります。こうした症状以外にも悪心、嘔吐、黄疸などを確認することも多いです。

B型肝炎には「急性型」「劇症型」「慢性型」がある

ある一定の場合を除き、B型肝炎の原因となるHBVは体内に侵入しても大半は排除されるために症状が慢性化することは少ないと言われています。そのためにHBVに感染しているにも関わらず、急性肝炎の症状が現れないために感染に気がつかず、知らない間にHBVが排除されていたという例も確認されています。

B型肝炎は症状の現れ方によって、以下の3種類に分類されています。

急性肝炎(一過性感染)の症状と予後

HBVに急性感染を起こしたのち、急性肝炎を引き起こした(と診断された)人は約3分の1 と言われています。

急性肝炎の症状が現れるまでに1~6ヶ月の潜伏期間があり、全身の倦怠感や食欲不振、黄疸などを主な症状としてあげることができます。一般的には数週間でこうした症状はピークを迎え、次第に回復に向かいます。

劇症肝炎(一過性感染)の症状と予後

急性肝炎の症状が進行すると、肝不全と意識障害がおこります。肝機能が低下すると完成昏睡(肝性脳症)という意識障害を起こして昏睡状態になります。劇症化する可能性は、急性肝炎を発症した方のうち1~2%といわれています。劇症肝炎を発症すると70~80%の方は死亡すると言われていますが、なぜ急性肝炎が劇症化するのか詳しいことはまだわかっていません。

劇症肝炎には急性肝炎を発症して10日以内に肝性昏睡がおきる「急性劇症肝炎」、11日以降に昏睡状態になる「亜急性劇症肝炎」があります。後述の亜急性の方が死亡率が高くなるといわれています。

慢性肝炎(持続感染)の症状と予後

急性肝炎や劇症肝炎は一過性であるのに対し、慢性肝炎は「母子感染」を起こした人によく見られる肝炎です。

急性肝炎やB劇症肝炎のように倦怠感や食欲不振などの代表的な肝炎の症状を訴えることは少ないです。しかしまれに「急性増悪」という一過性の強い肝障害が起こることがあり、その際にはほかの肝炎と同様の症状が現れることがあります。

どうして肝炎の症状に違いが生じるのか?

B型肝炎には急性型、劇症型、慢性型の3種類がありますが、前のふたつのタイプと後者とでは、症状が現れるまでに違いが生じます。

急性型と劇症型の場合

急性型と劇症型の主な感染原因としてHBVキャリアとの性行為等があげられます。ほかにも十分な消毒がなされていない医療器具の使用、キャリアの方の体液が付着した状態のカミソリや歯ブラシなどの共有、注射器の使いまわしなども感染源のひとつとして考えられています。

慢性肝炎の場合

大半が「母子感染」によるものと考えられています。母子感染とは、妊娠している女性が出産を通じて赤ちゃんにも感染させてしまうことです。ほかにも乳幼児期になにかしらの理由でHBVキャリアの血液や体液に接触、ウイルスが体内に侵入して持続的な感染を引き起こす可能性も否定することはできません。

B型肝炎は成人後にも慢性化する可能性がある?

成人の方がHBVウイルスに感染したとしても、大半は一過性の症状で終わるということは冒頭の「B型肝炎の症状とは?」でもお伝えしました。しかし、成人後に持続感染する可能性がないということではありません。

免疫機能が低下している状態でHBVが体内に侵入すると、このウイルスを排除するのが難しいために持続感染を起こすことがあります。免疫抑制剤や抗がん剤を使用している、またAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症している患者さんの場合は特に免疫機能が低下しているためHBV感染に注意が必要といえるでしょう。

性感染症学会の代議員を務め、厚生労働省のHIV研究に協力するなど、わが国における性感染症予防・治療を牽引している。診療所には日々多くの悩める患者が来院し、患者の不安を取り除こうとする親身な対応と、豊富な経験と知識をいかした的確な診断には定評がある。一人でも多くの人が病気についての正しい知識を持てるよう、講演会や研修会を開催するほか、雑誌をはじめとするメディアへも積極的に寄稿。さらに、ブログやホームページも立ち上げ、性感染症に関するさまざまな情報を発信している。

「B型肝炎」についての相談が7件あります

関連記事