新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

性感染症という視点から見たB型肝炎

性感染症という視点から見たB型肝炎
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

社会環境の変容により私たちの性行動も多様化し、それに伴い性感染症も大きく変化しま した。B型肝炎は「肝臓の疾患」であると同時に「性感染症」という側面も持ち合わせています。 これから数回にわけて尾上泰彦先生にご解説していただくのは、このB型肝炎を性感染症という視点から見たときのものになります。

B型肝炎の患者さんの多くは、「倦怠感」や「食欲不振」「赤褐色尿」などの異変がきっかけで来院されることが多いです。しかしこれらの自覚症状は、ある日突然あらわれるというものではありません。

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(hepatitis B virus:HBV)というウイルスに感染しておこる状態の総称です。免疫が低下している状態や出生時にこのHBVに感染すると、「キャリア」化と呼ばれる「持続感染」を高頻度に起こすと言われていますが、免疫の機能が十分発達した成人ではキャリア化することは少なく、一時的な感染で終わることが多いといわれています。このような一時的な感染は「一過性感染」と呼ばれており、性交渉による感染が原因で症状があらわれた状態(急性肝炎)はこの一過性感染に含まれます。

体内にHBVが侵入すると「HBs抗原」という物質が確認されるようになります。HBVが性行為等によって感染した場合、感染機会から2~6週間でこのHBs抗原は陽性化します。

HBVは針刺しや輸血などで感染することも知られていますが、これらの場合抗原が陽性化するのは数日から数週間後とされています。同じB型肝炎であっても抗体が陽性反応を示すまでに差があるのは、体内に侵入するウイルスの量に差が生じるためと考えられていま す。このHBs抗原が出現するのとほぼ同時期に「HBe抗原」や「HBV-DNA」などと呼ばれる物質も陽性反応を示すようになります。

「HBe抗原」「HBV-DNA」の検査で陽性反応が見られるようになってから2~3週間すると「血清GPT値(トランスアミナーゼ)」が上昇、次第にピークを迎えるようになります。すると多くの方が訴えるようになるのが、冒頭でご紹介した「倦怠感」や「食欲不振」「赤褐色尿」などの症状です。

異変を感じてから来院されるまでのタイミングは患者さん個人の事情により左右されますが、倦怠感や食欲不振のほかに赤褐色尿などの異変が受診のきっかけになったという患者さんが多いです。ほかにも全身や白目の部分が、黄色がかってみえる「黄疸」が出現したことで来院されたという方もいらっしゃいます。

黄疸が認められる、もしくは血清GPT値(トランスアミナーゼ)が300IU/Lを超えている場合には入院していただきます。しかし、急性肝炎は自然に軽快することが多く、また慢性化することもほとんどないため、診断後は慎重に経過を観察することが大半です。食欲不振が強い場合には点滴などを行う場合もあります。

前述のとおり、HBVに感染しても症状は快方に向かうことが多いために経過観察を行うのが大半ですが、なかには「急性肝炎」、「劇症肝炎」を引き起こすこともあります。

たとえ症状が現れなかったとしても、もしあなたがウイルスを保有している「キャリア」 であれば、ご自身でも気がつかないうちにパートナーの感染源となることも十分に考えられます。

B型肝炎の予防接種に関する内容につきましては、次の「なぜB型肝炎の予防接種が重要視されるのか?」で詳しくご説明します。

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「B型肝炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。