新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

B型肝炎ウイルスの抗原と抗体

B型肝炎ウイルスの抗原と抗体
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

私たちの体には免疫と呼ばれるバリアがあります。B型肝炎の原因となるB型肝炎ウイルス(hepatitis B virus:HBV)や細菌などの有害な物質はこの免疫によって体外に排出されるため、私たちは健康でいることができるのです。今回は抗原と呼ばれる物質とHBVが体内に侵入した際に現れる抗体についてご説明します。

抗原とはウイルスや細菌などの異物のことです。HBV由来としては次のようなものがあります。

HBVの外側にあるタンパク質のうちのひとつです。HBVが増殖する際に粒子となって血液中に出てきます。体内にHBVが侵入しているかは、このHBs抗体の有無を調べることでわかります。

HBVを構成しているタンパク質ですが、HBs抗原が外側の殻を構成しているのに対して、HBc抗原は外殻の内部、つまりウイルスの内側に存在しています。このHBc抗原を検出するための方法は研究中のため、日常検査には取り入れられてはいません。

HBVの内側にあるタンパク質です。HBVが増殖するときに過剰に作られ、血液中に可溶性タンパク質として出てきます。HBe抗原を調べて陽性反応が出るということは、HBVが活発な状態であり感染力も強い状態だということができます。

体内に侵入した抗原を攻撃する物質が体内で作られます。これが抗体です。HBVに対する抗体には以下のようなものがあります。

HBs抗原に対する抗体です。この抗体があるということは、かつてHBVに感染していたことがあるが現在は排除もしくは治癒して、HBVに対する免疫が出来上がっているということを意味しています。この抗体がある方にHBワクチンを接種すると陽性反応を示します。

HBc抗体には「IgM-HBc抗体」「IgG-HBc抗体」の2種類があります。

IgM-HBc抗体とは、HBV感染初期にあらわれて数か月後には消失するために、急性肝炎かどうかを診断するときの目安になります。この抗体が見つかるということは、比較的最近HBVに感染した、もしくは慢性肝炎が悪化しているということを意味しています。

もう一つのIgG-HBc抗体は、IgM-HBc抗体より少し遅れてあらわれます。この抗体は半永久的に体内に存在し続けるため、検査の数値が低ければ過去の感染を、高ければ最近HBVに感染したことを意味しています。

HBe抗原に対する抗体ですが、HBVに対する防御機能はありません。この抗体が体内にあるということは、HBVの量と増殖が落ち着ついて感染力も弱い状態であるといえます。

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「B型肝炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。