インタビュー

クロイツフェルト・ヤコブ病とは-孤発性プリオン病

クロイツフェルト・ヤコブ病とは-孤発性プリオン病
山田 正仁 先生

金沢大学 医薬保健研究域医学系 教授

山田 正仁 先生

プリオン病の分類のひとつに孤発性プリオン病があります。本記事では、代表的な孤発性プリオン病である、クロイツフェルト・ヤコブ病について述べていきます。

※本記事は、厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業) プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究班の研究代表者である、金沢大学神経内科 大学院医薬保健学総合研究科 脳老化・神経病態学(神経内科学)教授の山田正仁先生にご監修いただいております。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)とは

ヒトの孤発性プリオン病であるクロイツフェルト・ヤコブ病CJD)は、原因不明のプリオン病のことです。有効な治療法がなく、死に至る疾患です。ヒトのプリオン病の約8割を占めます。年間100万人に1人程度が発症し、発症率は全世界的にほぼ一定であり、地域分布に差はありません。平成25年度末の難病登録者数は487名であり、日本のサーベイランス(病気の発生状況の調査・集計)では、毎年77~154名の発病が確認されています。

多くは50歳以上で発症し、60歳代~70歳代に多い傾向がありますが、80歳以上で発症することもあります。孤発性CJDは、患者さんの血縁関係にあたるヒトに感染したという家族歴がなく、プリオン病の原因となるプリオン蛋白遺伝子に変異もありません。

遺伝性のプリオン病も存在し、遺伝性CJD、ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病(GSS)、致死性家族性不眠症(FFI)といったプリオン病がこれにあたります。CJDは1997年に厚生労働省特定疾患治療研究事業の神経難病疾患として加えられており、診断のための基準が設けられています。この病気の原因は、プリオンと呼ばれる感染因子です。その本体は本来健康なヒトにも存在する正常なプリオン蛋白が構造変化を起こした異常なプリオン蛋白であると考えられています。この感染型の異常プリオン蛋白は、主に脳や脊髄に蓄積するとされています。これにより、脳神経系の機能障害をおこすと考えられています。この異常プリオン蛋白がどのように感染し、発症するのかといった詳しいメカニズムはいまだに分かっていません。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の症状

孤発性CJDは急速に進行する認知症症状、ふらつき、ミオクローヌスと呼ばれる不規則なふるえなどが特徴です。ほとんどの症例では、比較的急性に発症します。臨床経過は3期に分けられます。

  • 第一期:倦怠感、ふらつき、めまい、日常生活の活動性の低下、視覚異常、抑うつ傾向、物忘れ、失調症状といった非特異的症状(CJDに特徴的にみられるとは限らないこと)がみられます。
  • 第二期:認知症が急速にあわわれ、言葉が出にくくなる・意思の疎通が困難になる・ミオクローヌスという不規則なふるえが出るようになります。歩行は徐々に困難になり、やがて寝たきりの状態になります。
  • 第三期:自発的に運動・発語できなくなる無動無言状態からさらに除皮質硬直や屈曲拘縮といった中枢神経系が侵され、異常姿勢をとる状態に進行します。

発症から急速に進行し、3〜4ヵ月で無動性無言の状態になります。一方で、比較的ゆっくりとした進行を示す非典型例も存在します。日本では患者さんの約半数が、発症から1年以上生存します。アメリカなどに比べ生存期間が長い傾向にありますが、無動性無言に至るまでの経過には諸外国との差はなく、経管栄養や比較的積極的に行われる支持的療法により無動性無言で長期延命すると考えられています。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の診断

診断は世界保健機構(WHO)の診断基準を基に行います。非典型的な症状を示す場合は臨床診断が難しい場合もあり、確定診断に病理学的な検査が必要となります。確定診断では、プリオン病に特徴的な病理(細胞や組織)所見、またはウエスタンブロット(特定のタンパク質を検出する検査)や免疫染色法といった特殊検査を行います。これらの方法で異常プリオン蛋白を検出した場合、プリオン病であることが確実だと診断されます。

また病理所見がない場合でも、急速に進行する認知症症状に加え、ミオクローヌスと呼ばれるけいれん・視覚症状または小脳症状・錐体路または錐体外路症状・無動性無言などの特徴的な症状や、特徴的な脳波や脳脊髄液やMRIの所見を認める場合、臨床的にほぼ確実なCJDと診断されます。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の治療

孤発性CJDにはいまだに有効な治療法はなく、対症療法や支持的な治療が行われます。多くの場合は急速に進行し、発症後数カ月で寝たきりの状態になります。その後、全身衰弱・呼吸麻痺・肺炎などにより亡くなります。

 

受診について相談する
  • 金沢大学 医薬保健研究域医学系 教授

    山田 正仁 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 山田 正仁 先生の所属医療機関

    金沢大学附属病院

    • 内科血液内科リウマチ科外科精神科神経内科脳神経外科呼吸器外科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科放射線科歯科口腔外科麻酔科乳腺外科呼吸器内科循環器内科消化器内科
    • 石川県金沢市宝町13-1
    • JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 バスの利用も可能(北鉄バス 金沢大学附属病院、または小立野下車) 車20分
    • 076-265-2000
    Noimage s150x150

    「クロイツフェルト・ヤコブ病」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。