【ニュース】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 019f61be d92b 44a2 950e 896456f60545
がんの光免疫療法 第26回日本乳癌学会学術総会レポート
去る2018年5月16日(水)〜18日(金)、国立京都国際会館(京都市左京区)にて第26回日本乳癌学会学術総会が開催されました。本学会では、連日プレスリリースが実施され、注目演題の概要や乳がん領...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

がんの光免疫療法 第26回日本乳癌学会学術総会レポート

公開日 2018 年 06 月 25 日 | 更新日 2018 年 07 月 11 日

がんの光免疫療法 第26回日本乳癌学会学術総会レポート
メディカルノート編集部 [取材]

メディカルノート編集部 [取材]

目次

去る2018年5月16日(水)〜18日(金)、国立京都国際会館(京都市左京区)にて第26回日本乳癌学会学術総会が開催されました。本学会では、連日プレスリリースが実施され、注目演題の概要や乳がん領域におけるトピックが発表されました。座長は佐治重衡先生(福島県立医科大学 腫瘍内科学講座)が務められました。本記事では、光免疫療法の開発者である米国立がん研究所(NCI)の小林久隆先生の発表をお伝えいたします。

がんの標準治療が抱える課題

がんの標準治療は、「外科治療・放射線治療・抗がん剤治療」ですが、これらの治療はがん細胞を攻撃すると同時に、正常細胞も壊す可能性があるという課題があります。また、近年IL2/IL5療法や免疫チェックポイント阻害剤などのがん免疫療法も行われています。しかし、これらはがん細胞と戦うための免疫力を上げる治療であり、がんを直接的に壊す治療ではありません。

そのため、「がん細胞を壊しながら免疫力も活性化させる治療」が理想的ではありますが、2018年現在、そのような治療法は存在していません。そこで、私は今回ご紹介する光免疫療法を開発し、臨床研究を行っています。

光免疫療法とは?

光免疫療法は、近赤外線を使用してがん細胞だけを攻撃する治療法です。

光免疫療法では、がん細胞に結合する性質を持つ抗体に、近赤外線に反応する化学物質を付着させて体内に注入します。すると、注入した抗体はがん細胞近くの血管から漏れて、がん細胞の表面に結合します。その状態で、近赤外線を照射すると、がん細胞は約60秒間のあいだに約2倍の大きさにまで膨張します。その後、がん細胞は破裂して消えていきます。

これは頭頸部がんの患者さんで大きな再発症例に対する光免疫療法の治療前と治療後を比較した写真です。

光免疫療法で外側から照射する場合、約2cmの深さまでしか近赤外線は到達しません。この患者さんは大きながんであったため、細いチューブを刺してそこから光ファイバーを挿入し、内側から近赤外線を照射しています。

すると、1か月後には大きかった腫瘍が消失し、さらに3か月後には皮膚が再生して毛も生えてきました。

光免疫療法は転移がんにも有効の可能性

光免疫療法は、照射部位だけでなく、免疫細胞のはたらきによって離れた場所にある転移がんも壊すことが可能です。

光免疫療法でがん細胞を破壊すると、がん細胞はシグナルを送って免疫細胞を活性化させます。すると、免疫細胞は壊れたがん細胞のタンパク(抗原)を食べて、その情報をT細胞に教育します。そして、このT細胞は分裂して増殖し、離れた場所にあるがんを攻撃しに行きます。このように、活性化した免疫細胞によって転移がんを壊すことができるのです。

光免疫療法でT細胞は多くの抗原を認識することができるようになる

また、光免疫療法を行うことでT細胞が認識できる抗原の種類が増えることも、この治療の大きな利点です。

研究では、がんのメジャーな抗原に対してT細胞がどのくらい抗原を認識できるかというのを調査しました。

たとえば上図のように、無治療でT細胞は2つ抗原(p15E、twist)を認識している場合に、PD-1抗体を使用します。すると、すでに認識している抗原に対するインターフェロンガンマの活性は上がりますが、認識できる抗原に変化はありません。

しかし、光免疫療法を行うと、T細胞はメジャーな抗原には一通りの認識を示しています。さらに、光免疫療法にPD-1抗体を加えることでそれぞれのインターフェロンガンマ活性を押し上げることができることも明らかとなっています。

このような結果から、光免疫療法に免疫を活性化させる治療を組み合わせることで、T細胞が余力を持ちながら全身ではたらき、がんを効率よく壊すことが可能です。さらに、がん抗原情報を記憶したメモリーT細胞のはたらきよって、一度完治したがんの再発も防ぐ効果、いわゆるワクチン効果も期待できます。これは、すでにマウスの実験では効果が実証できていますが、もちろんマウスの場合には免疫システムに若干の違いがあります。そのため、今度はヒトの腫瘍では、どのように免疫を上げていけば、完治ができ、なおかつ再発も防ぐ光免疫療法ができるのか検証を進めていきます。

第26回日本乳癌学会学術総会レポートの連載記事

「メディカルノート編集部」が、講演会などの取材を元に記事を作成しております。

関連記事