新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

骨肉腫は何が原因で発症するの?~関連する病気や危険因子とは~

骨肉腫は何が原因で発症するの?~関連する病気や危険因子とは~
小林 英介 先生

国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科 医長

小林 英介 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

骨肉腫は、骨にできるがんの中ではもっとも頻度が高いがんです。しかし、患者数自体は非常に少なく、日本における新規年間患者数は200~300人程度です。なかでも10~20歳代に多く、そのうち10歳代が全体の60%を占めます。ただし、中高年でも一定の割合発症し、近年は少子化、高齢化に伴い中高年の骨肉腫の数が増えてきています。患者数から見ても骨肉腫は非常にまれな病気といえますが、骨肉腫は発見した場合に早期の治療介入が望ましく、骨肉腫について正しい情報を理解することが必要です。

では、骨肉腫は何が原因で発症するのでしょうか。また、予防策はあるのでしょうか。本記事では骨肉腫の原因をテーマに、骨肉腫の受診の目安や予防策の有無について詳しく解説します。

骨肉腫の原因は、いまだ解明されていません(2020年6月時点)。しかし、関連する病気や危険因子はいくつか見つかっています。

骨肉腫の発症には、遺伝子変異が原因の1つにあると考えられています。たとえば、遺伝性疾患であるLi-Fraumeni(リー・フラウメニ)症候群の患者の場合、骨肉腫を発症しやすいと考えられています。

Li-Fraumeni症候群とは、がん抑制遺伝子(細胞ががん化するのを防止する遺伝子)である“p53遺伝子(TP53遺伝子)”の変異によって起こるもので、骨肉腫に限らず、あらゆるがんの発症につながるといわれている病気です。

また、RB1遺伝子の変異によって起こる網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)も骨肉腫の発症に関連しているといわれています。網膜芽細胞腫は網膜にできるがんで、乳幼児に多い病気です。骨肉腫を含む骨や筋肉の肉腫を発症するリスクが高いといわれています。

そのほか、まれではありますが、ウェルナー症候群ロスムンド・トムソン症候群、ブルーム症候群なども、骨肉腫を含めた何らかの癌種を発症するリスクが知られています。

ほかのがん治療で放射線治療や化学療法(抗がん剤)の経験がある場合、遺伝子異常などがなくても骨肉腫など二次がんを発症するリスクが高まることがあるとされています。まれに放射線治療を行った箇所から発生する照射後肉腫として骨肉腫が発生することもあります。また、放射線治療の量が多いほどリスクも高まるとされています。

骨パジェット病とは新しい骨細胞の代謝異常より異常をきたす病気で、罹患した骨はもろくなって変形し、壊れやすくなります。

前述の通り、通常の骨肉腫は若年での発症が多いですが、骨パジェット病が関連していると考えられる骨肉腫は、50歳以上に多く見られます。日本では米国に比べて骨パジェット病の患者数は少ないことが知られていますが、骨パジェット病の患者のうち、約1%に骨肉腫が発生するといわれています。

繰り返しとなりますが、骨肉腫のいくつかの危険因子は知られているものの、明らかな原因は分かっていません。そのため、予防法についても確実なものは存在していません。

しかし、早期発見・治療によって、病気の進行を食い止め、予後(病気の見通し)をよいものに導ける可能性はあります。早期発見につなげるためには、症状を理解し、気になる症状が現れたら早めに整形外科などの受診を検討するとよいでしょう。

骨肉腫の代表的な症状は痛みと腫れです。特に大腿骨(だいたいこつ)やすねの骨の膝に近い部分、肩に近い上腕骨に発生することが多いとされているため、これらの部位に痛みや腫れがある場合は注意するとよいでしょう。

ただし、これらの症状は一般的に好発年齢である10~20歳代でよくある成長痛やスポーツ障害(運動時に筋肉や骨を使いすぎることによる障害)によって生じている可能性があります。また、骨肉腫の発症数から考えても痛みや腫れなどの症状だけでは骨肉腫である可能性は極めて低いと考えられます。したがって、疼痛(とうつう)だけで過度に骨肉腫を不安視する必要はありません。

ただし、痛みや腫れが数か月以上続く、夜間や安静時でも痛む、局所の熱っぽさなども生じている場合は、ほかの病気の可能性も含めて、まずは近くの整形外科の受診を検討するとよいでしょう。

整形外科では主に、まずX線検査(レントゲン)を行います。そのうえで骨肉腫が疑われると判断された場合は、骨肉腫の専門病院を紹介されることが多くなっています。ただし、初期の段階ではX線検査では判別できないことも少なくありません。

骨肉腫が疑われる場合には、がんの広がりを調べるためのCT検査やMRI検査、腫瘍(しゅよう)の一部を採取して組織を見る生検による病理検査などが行われます。このような検査の結果、骨肉腫と診断された場合は治療が行われます。

現在、骨肉腫の原因ははっきりとは解明されていません(2020年9月時点)が、遺伝子異常や放射線・抗がん剤治療歴などいくつかの危険因子が可能性として考えられています。そのため、先ほど述べた症状や骨肉腫発症のリスク因子があって気になる症状のある方は、病気の可能性も考えて医師に相談するとよいでしょう。

受診について相談する
  • 国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科 医長

    小林 英介 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

「骨肉腫」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。