ようつう

腰痛

腰

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

腰痛とは、腰が痛いと感じる症状のことを指します。

腰に負荷のかかるような動作で筋肉や筋膜が傷つく事や、神経の圧迫などによって痛みが生じることが多いといわれています。安静にすると軽快していくこともありますが、慢性的な痛みとなることもあります。

また、激しい痛みが生じている場合、喀血や排尿障害などの症状が伴っている場合などでは、重大な病気が潜んでいることもあります。

原因

腰痛の約85%が画像検査(X線やMRIなど)をしても明確な原因が見つからない「非特異的腰痛」だといわれ、主に悪い姿勢や腰に負荷がかかるような動作などで痛みが起こります。残りの約15%は骨や内臓、血管などの病気が原因となっている「特異的腰痛」だといわれています。

筋肉や筋膜が原因の腰痛

筋肉そのものや筋肉など包んでいる筋膜が傷ついたり炎症を起こすと、腰痛が生じることがあります。このケースの多くが非特異的腰痛で、日常的な腰への負担、重い物を持ち上げる・腰をねじるなどの動作、激しい運動、外傷などで起こるのが一般的です。高齢者や運動不足、肥満の人は発症リスクが高いといわれています。

骨や神経が原因の腰痛

骨そのものの異常、腰・周辺部位の神経の圧迫でも腰痛が生じることがあります。骨や神経が原因の場合、痛みのほかに足の痺れを伴うことが多いとされています。

内臓・血管が原因の腰痛

腰の周辺には肝臓や腎臓、膀胱、子宮、卵巣などの臓器があるほか、太い血管(大動脈)が流れています。このような臓器が炎症を起こす事や大動脈の病気などによっても腰痛が現れることがあります。

腰痛の原因の中でも卵巣など女性器の病気や血管の病気は特に危険で、治療が遅れると命に関わるケースが少なくありません。いずれも激しい腰痛が生じることが多いため、突然の激しい腰痛には注意が必要です。

症状

主に筋肉や筋膜の損傷・炎症が原因となる非特異的腰痛では、負荷のかかる動作をせず安静にしていれば徐々に痛みが引き、2~4週間以内に治る事が多いといわれています。

しかし腰痛が1か月以上続く、腰痛以外に他の症状が伴っている場合などでは、骨や内臓などの病気が潜んでいる可能性も考えられます。

腰痛に伴って起こる注意の必要な症状には、足のしびれ、足が痛い、背中の痛み、排尿痛、頻尿、発熱などがあります。

腰痛に伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

治療

腰痛の治療は原因によって大きく異なります。一般的に行われることの多い治療には、以下のようなものがあります。

筋肉や筋膜が原因の腰痛の治療

筋肉や筋膜の損傷・炎症に対しては、主に非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩剤、湿布などで炎症や痛みを抑える治療が一般的です。

骨や神経が原因の腰痛の治療

骨や神経が原因の場合、主に飲み薬による薬物治療や、腰に麻酔薬を注射する神経ブロック療法などで痛みの軽減を図ります。

併せてコルセットの装着、理学療法(腰の牽引・マッサージ・電気治療)が行われる場合や、病気の種類や状態によっては手術が必要になる場合もあります。

内臓・血管が原因の腰痛の治療

内臓が原因の場合にはそれぞれの原因に合わせた治療が行われます。

臓器の炎症などによるものの場合には、抗生物質などの薬物療法などが行われる場合が多くあります。

血管の病気が原因の場合には命に危険が及ぶことが多いために、緊急的に手術を行うこともあります。

「腰痛」に関連する他の症状