けいれん:医師が気にする危ない症状|症状辞典

けいれん

受診の目安

夜間・休日を問わず受診

急ぎの受診、状況によっては救急車が必要です。
どうしても受診できない場合でも、翌朝には受診しましょう。

  • 5分以上けいれんが続いている
  • けいれんは止まったが、意識がはっきりしない
  • 妊娠している

診療時間内に受診

翌日〜近日中の受診を検討しましょう。

  • 体の一部分だけのけいれんがあり、繰り返している
  • てんかん発作など原因がわかっており、数分でおさまった

場合によって受診を検討

気になる・困っている場合には受診を検討しましょう。

  • 短時間でよくなり、その後繰り返さない
加藤 之紀 先生

[監修] 加藤 之紀 先生

JA広島総合病院 救急・集中治療科 部長

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。
  1. けいれんを起こす病気
    1. 受診の目安とポイント
  2. もし身近な人がけいれんを起こしたら
けいれん

けいれんとは、手足をガクガクと大きく震わせたような状態になる発作のことです。手足を突っ張ったようになるものもあれば、手足を強く曲げてしまうものもあります。

  • 発熱とともにけいれんが起きた
  • けいれんが数分以上つづく
  • 妊娠中にけいれんがおきた

このような症状が起こったとき、考えられる原因や受診の目安とはどのようなものでしょうか。

けいれんを引き起こす主な病気には以下のようなものが考えられます。

てんかん

てんかんは、脳の神経が異常に興奮することによっておこる発作を繰り返す、脳の病気のことです。発作が起こるとけいれんを伴うこともありますが、中には突然意識を失ってしまったりするものもあります。

てんかん
関連記事数: 31記事

脳炎・髄膜炎(のうえん・ずいまくえん)

脳炎/髄膜炎は、ウイルスや細菌などによる感染症などが原因で、脳や髄膜(脳や脊髄を覆う膜)に炎症がおこった状態です。症状としてはけいれん、高熱、頭痛、嘔吐などのほかに、意識がもうろうとしたり、異常な行動やつじつまの合わない言動をしたりすることがあります。急を要する病気ですので、あてはまる症状がある場合にはすぐに受診しましょう。

肺炎
関連記事数: 6記事
髄膜炎
関連記事数: 3記事

その他の脳の病気

てんかんや脳炎・髄膜炎以外にも、脳出血や脳梗塞、脳腫瘍などの脳の病気や、頭のけががけいれんの原因になることがあります。これらの病気では、頭痛や吐き気、ろれつが回らない、手足に力が入らない、けいれん、意識がもうろうとするなどの症状が突然出現することがあります。

脳出血
関連記事数: 13記事
脳梗塞
関連記事数: 33記事
脳腫瘍
関連記事数: 30記事

破傷風

破傷風は、土の中に含まれる破傷風菌が傷口から体内に入ることによっておこる感染症です。感染後、口や首、顔面の筋肉がこわばり、口が開けられなくなります。その後に全身のけいれんが出現します。早期の治療が必要ですので、もし土の上や汚い場所でケガをした後このような症状が現れた場合には、すぐ受診するなど注意が必要です。

破傷風
関連記事数: 2記事

アルコールの離脱症状

アルコールを長期間多量に飲んでいた方が数時間から数日間断酒した際に離脱症状が出現することがあり、その症状としてけいれんがみられます。手が震える程度のものから全身のけいれんまであります。

子癇(しかん)

子癇は、妊娠中におこるけいれんです。妊娠20週頃〜出産後の人におこり、高血圧やたんぱく尿を合併している方に出現しやすいとされています。子癇は母親にも、お腹のなかにいる赤ちゃんにも影響します。妊娠中にけいれんがあった際には救急受診する必要があります。

子癇
関連記事数: 3記事

けいれんが初めて起きたような場合には一度は受診が必要です。また、全身で起こった場合、数分以上続く・何度も繰り返す、発熱や意識がおかしいなどその他の症状がある場合は、すぐに救急受診しましょう。病院を受診する際には、神経内科や脳神経外科が適しています。妊娠中の方の場合には、かかりつけの産婦人科や救急外来への受診がよいでしょう。

また、過去にてんかんと診断されている人がけいれんを起こした場合には、主治医の先生に指示されているとおりに従って下さい。

受診時には最近の体調や、治療中もしくは過去にかかったことのある病気、過去に頭のけがをしたことがないか、いつも飲んでいる薬やサプリメントなどについて伝えましょう。過去にけいれんを起こしたことがある方では、それまでのけいれんの頻度や、けいれんしたときの様子を伝えます。

身近な人がけいれんを起こした際には、まずは回りの人が落ち着くことが大切です。周囲の危険なもの(火、熱湯、倒れそうなもの、鋭利なものなど)を遠ざけたり、危険な所(高所、階段、車道や線路の端、お風呂、機械の近くなど)から離れたりして、まずは安全を確保しましょう。安全が確保できたら、仰向けに寝かせ、衣服の襟元やボタン、ベルトなどを緩めて体を楽にしてあげてください。また、けいれんが続いた時間、体のどの部分からけいれんが始まったのかなど、発作の様子を観察できるとよいでしょう。

舌を噛まないように指やタオル、スプーンなどのものを口に入れることはしないようにして下さい。指をかまれたり、口にいれたものでけがをしたり窒息をしたりすることがあります。舌をかみそうなときや、いびきがひどく窒息しそうな場合は、下あごを下から優しく押し上げてください。

吐きそうになった場合は、体、もしくは頭を横にむけて、吐いたもので窒息しないようにしましょう。

これらと並行して、救急車の手配をするなどの対応が必要になる場合もあります。周囲の人が声をかけあい、役割分担して対応できればベストでしょう。