【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 1d197d52 7008 4db2 9a2d 28a807771fe9
ALアミロイドーシスの原因と症状-手がしびれて力が入らないなど写真でみ...
アミロイドーシスとは、「アミロイド」と呼ばれる、ナイロンに似た繊維状の異常たんぱくが、全身のさまざまな臓器に沈着し、機能障害を起こす病気の総称です。発症原因は不明で、診断がつくまでに時間がかかる...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

ALアミロイドーシスの原因と症状-手がしびれて力が入らないなど写真でみる初期症状

公開日 2016 年 09 月 12 日 | 更新日 2017 年 12 月 07 日

ALアミロイドーシスの原因と症状-手がしびれて力が入らないなど写真でみる初期症状
鈴木 憲史 先生

日本赤十字社医療センター 骨髄腫アミロイドーシスセンターセンター長・薬剤部長・輸血部長

鈴木 憲史 先生

アミロイドーシスとは、「アミロイド」と呼ばれる、ナイロンに似た繊維状の異常たんぱくが、全身のさまざまな臓器に沈着し、機能障害を起こす病気の総称です。発症原因は不明で、診断がつくまでに時間がかかる場合も多く、判明したときには病気が深刻な状態にまで進行していることも珍しくありません。アミロイドーシスにはどのような種類があるのでしょうか。早期発見のために知っておきたい代表的な症状とはどのようなものでしょうか。日本赤十字社医療センター・骨髄腫アミロイドーシスセンター長の鈴木憲史先生にお伺いしました。

アミロイドーシスは「アミロイド」により起こる疾患の総称

全身性と限局性に分類することができる

アミロイドーシスは、複数の臓器にアミロイドが沈着する「全身性アミロイドーシス」と、特定の臓器に限局してアミロイドが沈着する「限局性アミロイドーシス」に分類することができます。全身性アミロイドーシスの代表的なものには、

●免疫グロブリン性アミロイドーシス(ALアミロイドーシス)

●AAアミロイドーシス

●透析アミロイドーシス

●家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)

●老人性全身性アミロイドーシス(SSA)

などがあり、

限局性アミロイドーシスの代表的なものには

●アルツハイマー病

●脳アミロイドアンギオパチー

●プリオン病

など、主として脳に発症するものがあります。

患者数はそれぞれの疾患によって異なりますが、ALアミロイドーシスとFAPは日本国内に数百人ずつ、AAアミロイドーシスと透析アミロイドーシスは数千~数万人ずつ、アルツハイマー病は約200万人存在すると推測されています。

このうち、ALアミロイドーシス、FAP、SSAは特定疾患に指定されており、条件を満たせば医療費の補助を受けることができます。

アミロイドーシスには遺伝性のものと非遺伝性のものがある

また、アミロイドーシスは遺伝性と非遺伝性に分類することもできます。遺伝性の代表的な疾患はFAPで、「トランスサイチレン」というたんぱく質の遺伝子異常を持つ人に発症します。アルツハイマー病やプリオン病の一部にも、遺伝性のものが存在します。

非遺伝性に分類されるもののうち、ALアミロイドーシスは、多発性骨髄腫とオーバーラップする場合があり、AAアミロイドーシスは慢性炎症疾患(慢性間接リウマチなどの自己免疫疾患、家族性地中海熱などの自己炎症症候群)と合併することがあることも特徴です。透析アミロイドーシスは長期にわたって人工透析を行っている患者に発症し、SSAやアルツハイマー病は加齢に伴って発症するとされています。

【アミロイドーシスの種類】

 

全身性

限局性

遺伝性

家族性アミロイドポリニューパチー(FAP)

※特定疾患

アルツハイマー病

プリオン病

非遺伝性

免疫グロブリン性アミロイドーシス(ALアミロイドーシス)※特定疾患

AAアミロイドーシス

透析アミロイドーシス

老人性全身性アミロイドーシス(SSA)※特定疾患

アルツハイマー病

プリオン病

アミロイドーシスの原因と症状-さまざまな臓器で機能障害が起こる

全身性アミロイドーシスの症状には、以下のようなものが挙げられます。

●心臓の機能障害により起こる心不全や不整脈

●腎臓の機能障害により起こるネフローゼ症候群や腎不全

●胃腸障害、下痢や便秘

●抹消神経・自律神経の機能障害により起こる手足のしびれや麻痺

●立ちくらみ

など。

限局性アミロイドーシスでは、認知症や、脳卒中などを発症することがあります。

いずれのアミロイドーシスも、原因となる異常なたんぱく質が凝集してアミロイドに変異し、臓器に沈着することで発病することは判明しています。しかし、アミロイドとなる過程は原因たんぱく質の種類によって異なり、その細かなメカニズムは解明されていません。

アミロイドーシスは脊髄を持つ動物なら、すべてが罹患する可能性がある

チーター

かつては「黄色人種は白人と比べて罹患しにくい」といわれていましたが、2016年現在は私たちアジア人といわれる黄色人種にも増加しており、その差はほぼなくなってきました。これは、何らかの特別な原因の出現によるものではなく、検査体制や診断基準が整備され、診断をつけられる方が増加してきたからであると考えられます。

アミロイドーシスは、脊椎(せぼね)を持つ動物ならすべて罹患しうる病気です。たとえば、日本国内では、動物園で飼育されているチーターの死因にアミロイドーシスが疑われるものがありました。また、プリオン病は牛に多く生じたことがあります。

アミロイドーシスは予防できる病気?

原因不明の病気であるため、確立された予防法は存在していません。ただし、エビデンスはないものの、

●水分をしっかり摂取して発汗を促し、老廃物をためないこと、

●肉体的及び精神的なストレスを軽減すること

これらが大切だと考えます。

ALアミロイドーシスは予後の厳しい希少疾患-助かるケースも増えている

アミロイドーシスの中でもより深刻な病気といえるのは全身性アミロイドーシスで、中でも私が専門とするALアミロイドーシスは、最も難治性が高いと考えられています。日本赤十字社医療センターを受診されるALアミロイドーシスの患者さんは、総計200人を超えます。(2016年現在までのデータ)

初診の方は毎年20~30人程度ですが、そのうち2~3割の方は1年程度でお亡くなりになるという厳しい現状があります。予後が悪いとされる一因としては、ALアミロイドーシスが謎の多い希少疾患であるため、医療者間での認知度も低く、病名を特定するのに時間がかかってしまうことが挙げられます。

当院のような専門施設を受診したときには、既に手遅れといわれる状態にまで進行している患者さんが多いのが現状です。

しかしながら、不治の病のように思われていたALアミロイドーシスも、初期のうちに診断をつけられれば助けられる時代になりました。

ALアミロイドーシスの初期症状とは? 早期発見・早期治療のために           

ALアミロイドーシスの初期症状として高頻度に現れるのは、手根管(しゅこんかん)症候群です。アミロイドの沈着により腱が動かなくなり、手がしびれて力が入らなくなるのです。この場合、まず整形外科を受診する患者さんが多いのですが、治療を重ねても快方に向かわず、詳しく検査をしていくうちにアミロイドの存在に気づくということも多くみられます。医師の間でも、存在があまり知られていない病気であるため、初診時にALアミロイドーシスを疑い診断することは専門医でなければ困難だといえるでしょう。

このほか、舌を自身の歯で噛むと、舌の側面に歯型がのこる、難治性の下痢などの症状が挙げられます。

(ALアミロイドーシスの症状 舌の側面に歯型が残る 症例写真提供:鈴木憲史先生)

(ALアミロイドーシスの症状 舌の側面に歯型が残る 症例写真提供:鈴木憲史先生)

目の周りが黒くなる「アライグマサイン」は病期進行のサイン

アライグマ

病気が進行すると、目の周囲が黒くなる「アライグマサイン」が現れます。アミロイドが血管に沈着すると、出血しやすくなるという特徴があります。目の周囲の血管はやわらかく破れやすいのですが、健康な方であれば破れても修復できるものです。ところが、ALアミロイドーシスの方には修復できるだけの力がないため、血管は破れたままとなってしまい、結果として皮膚を通して出血が黒くみえる状態となるのです。

アライグマサインが出現している場合は、全身の血管にアミロイドが沈着している可能性が高く、病状はかなり進行していると考えられます。

そのほか、立ちくらみや尿中にたんぱくが多量に出るネフローゼ症候群を起こすことなどがありますが、これらも病期が進行してから現れるものです。

ALアミロイドーシス早期発見の第一歩は、多くの方が初期症状を知ること

前述した舌の症状は、家族同士でよくみていると気づくこともあるものです。また、下痢が長期にわたり続く場合も放置は禁物です。初期症状のみが現れている段階で診察を受ければ、ALアミロイドーシスであっても予後はよいものとなることが増えています。ぜひ、ご自分やご家族の体の変化に敏感になっていただきたいと考えます。

 

アミロイドーシス(鈴木憲史先生)の連載記事

日本赤十字社医療センター骨髄腫アミロイドーシスセンターにてセンター長を務める。難治性の高いアミロイドーシスの患者さんであってもトリアージをせず、「全ての患者さんに治療を試みる」ことをモットーとしており、患者さんとご家族から厚い信頼を得ている。ALアミロイドーシス患者の会の顧問医師を務めるなど、病気に対する不安を取り除くための活動にも尽力している。

関連記事