うっけつせいしんふぜん

うっ血性心不全

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

うっ血性心不全とは、心臓が機能障害を起こし、血液の流れが滞ってしまう状態です。心臓は、全身各種臓器に向けて血液を送るポンプとしての機能を持っています。心筋梗塞に関連して急性発症することもあれば、心筋症などを原因として慢性的に発症することもあります。

うっ血性心不全を発症すると、動作に伴う呼吸困難や咳、動悸、痰、全身のむくみなどがみられるようになります。症状の増悪を繰り返すことから生活の質が著しく低下することがあり、ときに命にかかわることもあります。

治療方法は原因によりさまざまであり、根本療法・対症療法を含めて、内服薬による治療、カテーテルによる治療、外科的治療などが選択されます。原因を特定したうえでの適切な治療を行うことは、長期的な予後を改善させるために重要です。

原因

うっ血性心不全は、さまざまな原因で発症します。たとえば、糖尿病や高血圧、脂質異常症や肥満などが存在すると動脈硬化が進行し、心臓に栄養を与える冠動脈が障害を受けることがあります。病状が進行すると冠動脈が完全に閉塞し、急性心筋梗塞を発症します。急性心筋梗塞を発症すると、急激に心臓のポンプ機能が低下してうっ血性心不全を発症します。

また、拡張型心筋症を代表とする心筋症、僧帽弁閉鎖不全症などの弁膜症、ウイルスが心臓に炎症を起こす心筋炎や、先天性心疾患の一部もうっ血性心不全の原因となります。そのほか、不整脈も原因となります。たとえば頻脈発作を来すような不整脈が持続すると、心筋が常時活発にはたらかざるを得なくなり、どこかのタイミングで疲労してうっ血性心不全が起こります。

また、抗不整脈薬、β遮断薬は治療に役立ちますが、状況によってはうっ血性心不全の原因になることもあります。さらに、抗がん剤などの薬剤も種類によってはうっ血性心不全をきたすことがあります。

症状

うっ血性心不全は、発症様式によって急性に発症するタイプ、慢性に経過するタイプがあります。

急性発症の場合

急性発症するうっ血性心不全は、急性心筋梗塞によるものが代表的です。急性心筋梗塞発症に関連した突然の胸の痛みに加えて、ポンプ機能が低下したことに関連したさまざまな症状が現れます。具体的には、以下のような症状です。

  • 息切れや呼吸困難
  • 痰(血液が混じることもあります)
  • 動悸
  • 全身のむくみ
  • 冷感

など

慢性に経過する場合

慢性的に経過するうっ血性心不全では、上記のような症状が突然増悪症状としてみられることがあります。特に夜間就寝中、横になっているときに症状が顕在化しやすいです。座ることで症状が改善しやすい傾向があることから、起座呼吸と呼ばれます。呼吸困難が強くない場合でも、食欲不振やだるさなどを自覚することがあります。全身のむくみが慢性的に進行する結果、体重増加をみることもあります。急激に体重増加をみるときには、うっ血性心不全の症状が増悪する可能性があるため注意が必要です。

検査・診断

うっ血性心不全の診断は、全身のうっ血状態を確認することや心臓のポンプ機能を評価することでなされます。簡易に行うことができる検査としては胸部単純レントゲン写真・心エコー・心電図・血液検査があります。

胸部単純レントゲン

心臓が大きくなっているか、肺に血液が滞っているかなどを確認することができます。

心エコー

心臓の動きをタイムリーに観察することができ、また、原疾患としての急性心筋梗塞や弁膜症などを評価することができます。下大静脈とよばれる心臓に戻る血管の張りをみることで、うっ血具合をみることもできます。

心電図

急性心筋梗塞の所見や不整脈を確認することができます。

血液検査

BNPと呼ばれるうっ血の指標を測定することがあるほか、原因疾患検索のための検査項目を評価することもあります。

そのほか、経過に応じて冠動脈造影・負荷検査・心臓CT・心臓MRIなどといった検査を行うこともあります。

治療

原因疾患に対しての治療が考慮されます。たとえば、急性心筋梗塞が原因の場合には、カテーテル治療が検討されます。また、弁膜症などの場合には弁置換術や弁形成術などの手術が考慮されます。

うっ血性心不全では、そのほか対症療法的な薬物療法(アンギオテンシン変換酵素阻害剤やアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬、βブロッカーや利尿剤など)や運動療法(適度な運動)、生活習慣の是正(飲酒を控える、塩分を控える)なども重要です。うっ血性心不全は慢性的に経過することで生活の質が障害されることもあります。適切な治療をおこない重篤化しないように注意をすることが重要です。