クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Blood vessel
内頸動脈狭窄症
内頸動脈狭窄症とは、大動脈から脳へ血液を送る重要な血管である内頸動脈に狭窄が生じ、血液の流れが滞る病気です。内頸動脈狭窄症は動脈硬化が進行し、血管内部にプラーク(コレステロールなどの塊)が貯留し...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
血管

内頸動脈狭窄症ないけいどうみゃくきょうさくしょう

内頸動脈狭窄症の記事にご協力いただいている医師

  • 桂 研一郎 先生

    桂 研一郎 先生

    国際医療福祉大学医学部 医学教育統括センター教授 国際医療福祉大学三田病院 予防医学センター長・神経内科

    日本医科大学を卒業後、スウェーデン王国ルンド大学実験脳研究所助教授、日本医科大学神経内科准教授、同大学多摩永山病院脳神経内科部長を経て、現在は国際医療福祉大学三田病院予防医学センター長・神経内科教授を務める。2017年4月よりは、成田の医学部にて医学教育統括センター教授を兼ねている。神経内科全般、特に脳卒中、頭痛を中心に長年第一線の診療、教育、研究に携わってきた脳神経分野のスペシャリスト。予防医学から現場の臨床へのスムーズな連携を目指している。また、日本脳卒中学会評議員を始めとして、日本頭痛学会評議員、日本脳ドック学会評議員、日本神経治療学会幹事、日本脳循環代謝学会幹事など、様々な学会においても幅広く精力的に活躍している。

内頸動脈狭窄症の記事一覧