しきゅうないたいじはついくちえん

子宮内胎児発育遅延

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

子宮内胎児発育不全とは、何らかの理由によって子宮内の胎児の発育が遅れ、妊娠週数相当の推定体重よりも明らかに小さい場合を指します。

子宮内胎児発育不全は大きく2種類に分類されます。1つは、妊娠中期から発育が遷延することで推定体重が軽く、頭も体も同じように小さいケースです。これは早発型子宮内胎児発育遅延と呼ばれています。このタイプは、胎児自身に原因があると考えられます。

もうひとつは、妊娠後期に胎児推定体重増加が緩慢で、頭は正常な大きさなのに、体が小さいというケースです。これは遅発型子宮内胎児発育遅延と呼ばれ、胎児自身ではなく、胎盤やへその緒など、胎児へ血流を送るための臓器のどこかに機能障害があると考えられます。

妊娠経過中に子宮内胎児発育不全が改善しない場合、胎児機能不全(酸素不足等により胎児に元気がないと考えられる状態)を起こす確率が上がったり、周産期死亡率が高くなったりすると考えられています。

原因

前述したように、2種類のタイプそれぞれで原因が異なると考えられています。早発型では、主に胎児側に原因があり、染色体異常、先天奇形などが含まれます。これ以外に、胎内感染、アルコール中毒なども含まれます。遅発型では、主に母体側に原因があり、胎盤梗塞(胎盤内の血管が詰まってしまうもの)、前置胎盤、臍帯付着異常(へその緒が胎盤の辺縁等に付着してしまい血流が不安定になるもの)、妊娠高血圧症候群、多胎妊娠(双子や三つ子)、喫煙、母体の合併症(甲状腺、血液、糖尿病、心臓などの疾患)などが挙げられます。

また、もともとお母さんの子宮の形状に異常がある場合(子宮奇形など)にも、胎児が発育するための子宮内のスペースが大きくなりにくいために、発育が遷延してしまうこともあります。

症状

お母さん側の症状は、特に現れない場合が多いです。ただし、子宮内胎児発育不全が存在することで、子宮の大きさも正常より小さいままとなり、お腹周りがなかなか大きくならないことで心配されるケースもあります。子宮内胎児発育不全では羊水量が少なくなる場合もあるため、これも同様にしてお腹周りに影響していきます。

また、子宮内胎児発育不全の原因により胎児が苦しくなる場合があります。たとえば、胎内感染によって何らかのウイルスなどに感染してしまう、胎盤やへその緒からの血流が不足してしまう、などが考えられます。この場合には胎児機能不全となる確率が上昇するため、胎動が少なくなってしまったり、病院で計測される胎児心拍が不安定になったりします。したがって、胎児発育不全を指摘されている場合、胎動減少があると感じた場合には、かかりつけ医を受診することが勧められます。

検査・診断

主に超音波検査で胎児の推定体重を算出し、妊娠週数相当かどうか判断されます。お腹周りが小さくて心配されることもありますが、子宮内胎児発育不全の診断にお腹周りや子宮の大きさ(子宮底長)は用いられません。妊娠週数相当の体重は、日本人の在胎週数別出生時体重基準曲線という指標を参照して算出されます。

子宮内胎児発育不全と診断された場合、胎児への血流の状態も超音波検査で調べます。いくつかの血管の血流を測定することで、どの程度リスクが高い状態かを判断します。同時に、羊水量や、胎児に身体的構造異常がないかどうかも検索されます。胎内感染や母体の身体状況を検査するために、血液検査も行われます。

治療

子宮内胎児発育不全と診断された場合は、胎児の状態と胎内環境(胎盤、へその緒、羊水など)、診断時の妊娠週数などを総合的に考えて管理方針が検討されます。まだ妊娠週数が浅く、未熟児としてのリスクが高い時期であれば、なるべく妊娠期間の延長を図りますが、その場合には慎重な経過観察が必要になるため、頻回に健診を行う、または入院して管理を行う必要があります。