原因

心不全の原因は、心臓自体に問題がある場合と、心臓の機能に間接的な悪影響を及ぼす要因がある場合の2つのタイプに分けられます。

まず、心臓に問題がある病気として挙げられるのは、心筋梗塞心臓弁膜症心筋炎心筋症先天性心疾患などです。これらの病気は心臓に負担をかけたり、心臓の筋肉にダメージを与えたりすることにより、心臓の機能が低下していきます。

一方、心臓への間接的な悪影響を及ぼす原因としては、高血圧貧血甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)など心臓に過度な負担を引き起こす病気が挙げられます。また、腎機能の低下によって体液量(血液量)が増えることで心臓に負担が生じ、心不全を引き起こすことも少なくありません。

そのほか、一部の抗がん剤やアルコールなどは心臓の筋肉にダメージを与えることがあり、長期間に及ぶと心不全に移行するケースがあると報告されています。

医師の方へ

医師向けの専門的な情報をMedical Note Expertでより詳しく調べることができます。

この病気を検索する
心不全の関連記事

Medical Note Expertでしか読めない、学会や医局の最新医療知見を得ることができます。

「心不全」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が17件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

心不全を得意な領域としている医師

「心不全」に関連する病院の紹介記事

特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。