がんポータルサイトはこちら
ちょくちょうがん

直腸がんの記事一覧

1 - 20件(全26件中)を表示中

その他の関連記事一覧

「直腸がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が12件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

直腸がんを得意な領域としている医師

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター外科 准教授

    • 大腸がん
      • 腹腔鏡手術
      • 化学療法
      • 集学的治療

      大腸がんの腹腔鏡手術が主な専門。そのほか、大腸がんの治療全般も専門。大腸がんの手術では低侵襲で安全な手術を目指し、合併症発生率も低い。ICG蛍光法を用いた血流評価やリンパ流評価によるオーダーメイドの手術療法の開発なども行っている。直腸がんついては、肛門温存手術の実績も多数。

    • 直腸がん
      • 腹腔鏡手術
      • 肛門温存手術
      • 化学療法
      • 集学的治療

    世界も認める大腸がん腹腔鏡手術のニューリーダー

    渡邉先生のメディカルノートの医療記事(9件)

  • 国立がん研究センター東病院 大腸外科長、 国立がん研究センター/ 先端医療開発センター 手術機器開発分野長 、株式会社A-Traction 取締役、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 ストーマ認定士

  • 社会医療法人中央会 尼崎中央病院 副院長・消化器センター長、兵庫医科大学 特別招聘教授・臨床教授

    • 大腸がん
      • 十分な郭清を伴う腹腔鏡下大腸切除術
    • 直腸がん
      • 術前放射線化学療法
      • 腹腔鏡下直腸切除
      • 肛門温存手術
      • 括約筋間直腸切除術等

      下部直腸がんに対しては、術前放射線化学療法を行った後、腹腔鏡下直腸切除を行い、可能な限り肛門温存手術(永久人工肛門を作らない手術)を行ってきた。再発の少ない、機能温存手術を心がけている。肛門操作を伴う括約筋間直腸切除術などは、大腸全摘術症例において日本をリードしている兵庫医科大学の、高度な肛門操作技術を応用、発展させている。

    • 痔瘻
      • 腹腔鏡下直腸固定術
      • 仙骨刺激装置埋め込み

      痔瘻を含む直腸肛門良性疾患の手術も多く手掛けている。完全直腸脱に対しては、腹腔鏡下直腸固定術。便失禁に対して、仙骨刺激装置埋め込みを行っている。

    • 大腸ポリポーシス
      • 予防的大腸全摘術
      • 遺伝性大腸癌の診断
      • サーベイランス

      遺伝性大腸癌を専門に研究・臨床に携わってきた。海外の研究者と密接な交流を行っており、数々の共同研究に参加してきた。リンチ症候群・家族性大腸腺腫症をはじめ、種々の遺伝性大腸癌の診断(遺伝子診断を含む)・サーベイランスを行なっており、また、専門的立場から、予防的大腸全摘術を含み、大腸癌に対する過不足ない手術を行なっている。