疾患啓発(スポンサード)

大腸がんの原因と症状

大腸がんの原因と症状
渡邉 純 先生

横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター外科 講師

渡邉 純 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

大腸がんの主な要因は、食生活の偏りや運動不足といった生活習慣、遺伝的リスクなどとされています。さまざまな要因によって大腸がんを発症した場合、一般的には便の異常がみられますが、がんの発生部位によっては自覚症状が現れにくいこともあるといいます。大腸がんの原因と症状について、引き続き、横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター外科 講師の渡邉純先生に教えていただきました。

大腸がんの原因とは-大腸がんを予防する方法はある?

大腸がんの要因として生活習慣や食生活などによる影響が挙げられる

大腸がんのはっきりとした原因は解明されていませんが、これまでの研究により、大腸がんを引き起こす可能性としていくつかの要因が指摘されています。

大腸がんの要因

具体的な大腸がんの要因としては、飲酒や肥満といった生活習慣に関わることや、赤肉(牛・豚・羊の肉)や加工肉(ベーコン・ハム・ソーセージなど)を多量摂取する食生活の欧米化が挙げられます。

食生活の欧米化

肉類中心で高脂肪・高タンパクかつ低繊維成分の食生活を続けると、便が大腸にとどまる時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質が影響して、がんが発生しやすくなるといわれています。

たばこ(喫煙)

喫煙は、発がん性物質を取り込むため、大腸だけではなく全身に影響を与えるといわれています。また、たばこを吸う方はそうでない方に比べて、約1.4倍大腸がんになりやすいともいわれています。

過度の飲酒

大量のお酒を摂取することもリスク要因になるといわれています。一般的に、欧米人に比べて日本人のほうがアルコールの影響を受けやすいため、がんに罹患しやすいと報告されています。

運動不足

デスクワーク中心で慢性的な運動不足に陥っている方は、大腸がんになりやすいといわれています。リスクを軽減するためにも、日々のなかに運動を取り入れることが大切です。

肥満

男性では、特にBMIが27以上の肥満の方が大腸がんに罹患する可能性が上昇するという報告があります。

遺伝

大腸にポリープができやすい体質の方がいます。これには遺伝的要因が関係すると考えられています。現在、遺伝的要因として明らかなものは、家族性大腸腺腫症と遺伝性非ポリポーシス大腸がんがあります。ほかにも、高身長の方ほど発症リスクが高いという身体的要因や、家族内にリンチ症候群の方がいらっしゃると発症リスクが高いといった遺伝的要因が指摘されています。

大腸がんを予防するには?

がんの予防策として、以下が挙げられます。大腸がんだけではなく、ほかのがんや病気の予防策と共通する部分が多いですが、日常生活での少しの心がけが、がんに罹りにくい体づくりの基本といえるかもしれません。

  • 肉類、加工肉などの動物性脂肪を摂りすぎない
  • 食べ過ぎを避け、脂肪分は控えめにする
  • お酒は飲んでもほどほどにする
  • タバコは吸わない
  • 食べ物から適量のビタミンと繊維質を多く摂る
  • ストレスを溜めない
  • 適度に運動をする

大腸がんの症状

早期の大腸がんは自覚症状がほとんどありません。進行した大腸がんでは、腫瘍の大きさや部位により症状が変わります(詳細は後述します)。

大腸がんの症状

早期大腸がんの特徴や症状

「早期」とは、腫瘍が粘膜表層より深いところまで広がっていない段階のことです。早期大腸がんの場合、自覚症状はほとんどみられません。がんが粘膜を越え、大腸の壁の外側に広がるにつれて症状が現れるようになります。

一般的に、早期大腸がんは、大腸がん検診や人間ドックなどの便潜血検査でみつかることが多いです。自覚症状がまだない早期の段階で大腸がんを発見するには、市町村の検診などで行われる便潜血検査を定期的に受けることが肝要です。また、日常的に便を観察することでも気付ける可能性があります。

進行大腸がんの特徴や症状

進行大腸がんでは、下記の症状が生じることがあります。

排便の変化

血便

下血(肛門からの出血)

便が細くなる

下痢と便秘を繰り返す

便が残った感じがする

お腹の変化

お腹の張り

腹痛

お腹にしこりがある

その他の症状

貧血

嘔吐

体重減少

食欲不振

腸閉塞

腰痛

大腸がん
大腸の進行がんの写真

固有筋層*以降までがんが浸潤**した進行大腸がんでは、さまざまな症状が現れてきます。たとえば、血便や肛門からの出血、便が細い、下痢と便秘を繰り返す、残便感などがあります。また、腹部の張りやしこり、腹痛、貧血や嘔吐、急激な体重減少などの症状も現れることがあります。

*固有筋層…消化管粘膜下の筋肉層のことで、消化管を動かす筋肉。

**浸潤…がんが周辺器官に染み出るように直接広がること。

進行大腸がんの症状はがんの発生部位によって異なる

また、ひとくちに進行大腸がんといっても、腫瘍の大きさや発生部位によってその症状はさまざまです。

それでは、部位ごとの症状の特徴を確認しましょう。

大腸

右側にできた結腸がんの症状

上行結腸側にできた結腸がんは、他部位にできた大腸がんに比べても特に症状が出にくく、軽い腹痛や腹部の違和感程度の場合も多いです。腫瘍が大きくなることで腹部のしこりや原因不明の貧血が起こり、検査を受け、その際に発見されることもあります。

左側にできた結腸がんの症状

下行結腸側にできた結腸がんでは、比較的早期から便に血が混ざったり、血の塊がみられたりするなどの症状が現れます。ほかにも腹痛や便が細くなる、残便感、便秘と下痢を繰り返すなどの症状が現れます。放っておくと、便やガスも出なくなり腸閉塞に至ることがあります。

直腸がんの症状

下行結腸側にできた結腸がんと同様の症状がみられます。肛門に近い部位のため、()と間違えられやすい出血があります。がんが膀胱や子宮に浸潤すると、排尿障害、血尿、膣から便が出るなどの症状があります。

ここまで述べてきたように、大腸がんの自覚症状は便に関するものが多く、なかでも特徴的といえるのは血便です。特に、頻度の高い血便を放置してしまうと、大腸がんの早期発見を見逃し、症状が進行してしまう可能性があります。そのため、血便が見られた場合には病院の受診を検討したほうがよいでしょう。

大腸がんの症状を見逃さないためには、毎日、排便の有無や便の状態を確認することが重要です。

痔と大腸がんの見分け方は?

痔になると大腸がんと同様に血便が出ますが、痔による出血と大腸がんによる出血には違いがあります。

痔の場合は、排便時の便の通過によって出血するため、便の周りに血がつくことはありません。また、比較的出血量が多く、血液が便器に垂れることもあります。

一方で、大腸がんの場合は少しずつじわじわと出血し続け、出血量が増えると便の周りに血がつくようになります。ただし、上行結腸や横行結腸のがんなど肛門から遠いところにできたがんは、血液が途中で便に紛れてしまい、血便として現れにくいことがあります。

痔と大腸がんでは病気の種類がまったく異なるため、その違いを理解しておくことが大切です。