【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 763b9ca1 9ef9 4e7d a11d a26fb70c7df5
大腸がんの症状と原因
大腸がんは食生活の欧米化にともなって増加しており、今や胃がんを抜いて死因の第2位になるとみられています。皆さんのまわりでも大腸がんになった人がいるのではないでしょうか。この記事では誰もが気になる...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

大腸がんの症状と原因

公開日 2016 年 01 月 28 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

大腸がんの症状と原因
平田 敬治 先生

産業医科大学医学部第一外科学 教授 産業医科大学病院 消化器・内分泌外科 診療科長

平田 敬治 先生

大腸がんは食生活の欧米化にともなって増加しており、今や胃がんを抜いて死因の第2位になるとみられています。皆さんのまわりでも大腸がんになった人がいるのではないでしょうか。この記事では誰もが気になる大腸がんの基本的なことがらについて、産業医科大学第一外科教授の平田敬治先生にお話をうかがいました。

大腸がんの症状(早期・進行)

大腸がんは初期の段階ではあまり症状がありませんが、自覚症状として以下のような症状が起こることがあります。

  • 以前に比べ、最近便秘気味である
  • 下痢や便秘を繰り返し、お通じが安定しない
  • 便が細くなった
  • 便に血が混じる、または検便で便潜血陽性といわれた
  • 便が出なくてお腹が張る

大腸がんが進行している場合には腸閉塞を起こし、それにともなう嘔吐から大腸がんが見つかることもあります。また、大腸がんが肝臓や肺に転移して、そのがんが検査で先に見つかる場合もあります。

大腸がんができやすい部位

大腸は結腸と直腸に大きく分かれます。盲腸から始まり上の方(頭の方)に向かっている上行結腸、横に向かう横行結腸、下に向かう下行結腸、S字型に曲がっているS状結腸、そしてまっすぐ肛門に向かう直腸という順になります。

結腸にできる結腸がん、直腸にできる直腸がんのいずれも大腸がんと呼ばれます。がんができやすい場所は直腸とその手前のS状結腸で、この部分にできるがんは大腸がんの約70%を占めています。

大腸と小腸

大腸がんの原因・大腸がんになりやすい人・年齢

大腸がんは近年増加傾向にあり、その主な原因は食生活の欧米化にあるといわれています。以下に当てはまる方は大腸がんになりやすい人とされています。

  • 動物性タンパク質や脂肪の摂りすぎ
  • 食物繊維の摂取が少ない
  • 運動不足
  • 肥満
  • 飲酒
  • 喫煙

また、家族に大腸がんにかかった人がいる場合、検査をすると数%に大腸がんが見つかることがわかっており、何らかの遺伝的要因があると考えられています。

大腸がんにかかる人は50歳代から増え始め、年齢が高くなるほど多くなります。男女別では結腸がん・直腸がんのいずれも男性の方が多い傾向がありますが、以前に比べその差は小さくなっています。

大腸がんの罹患率・生存率

2011年の部位別がん罹患数および罹患率は以下の通りです。

(カッコ内は罹患率:人口10万人あたりの罹患数)

 

結腸がん

直腸がん

大腸がん(結腸+直腸)

男性

43,974人(70.7)

28,127人(45.2)

72,101人(115.9)

女性

38,294人(58.4)

14,526人(22.1)

52,820人(80.5)

合計

82,268人(129.1)

42,653人(67.3)

124,921人(196.4)

(「地域がん登録全国推計によるがん罹患データ」による)

2013年のがん死亡者数を部位別に見ると、男性では1位、女性では3位、男女合わせた順位でも3位が大腸がんになっています。しかし2015年のがん統計予測では、男女合計の順位で胃がんを抜いて大腸がんが2位になるとみられています。

2003〜2005年に大腸がんと診断された人の5年相対生存率は結腸がんが72.2%、直腸がんが67.3%で、大腸がん全体では70.3%となっています。

 

大腸がん腹腔鏡下手術における第一人者。負担の少ない腹腔鏡手術における実績が高く評価されている。型通りの治療ではなく、患者さん一人ひとりの状態や本人の希望を尊重し、納得して治療を受けていただくことを重視している。

「大腸がん」についての相談が9件あります

関連記事