新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

胃がん・大腸がんなど消化器がんに対する化学療法とは? 抗がん薬と上手につきあっていくために

胃がん・大腸がんなど消化器がんに対する化学療法とは? 抗がん薬と上手につきあっていくために
内野 慶太 先生

NTT東日本関東病院 腫瘍内科部長・化学療法センター長・がん相談支援センター長・遺伝相談室長

内野 慶太 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

胃がん大腸がんなどの消化器がんに対する治療では、抗がん薬を用いる化学療法が行われることがあります。化学療法で用いられる薬は、どのような要素を考慮して選択されるのでしょうか。また、抗がん薬を使用すると副作用が現れることがあります。上手に抗がん薬とつきあうためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

今回は、NTT東日本関東病院 腫瘍内科 内野(うちの) 慶太(けいた)先生に胃がん・大腸がんに対する化学療法の効果とともに、患者さんが治療中に心がけるべきことについて伺いました。

がんを切除する手術の前後に行われる化学療法の主な目的は“手術による治療の効果を高めること”です。たとえば、手術後には、体内にわずかに残っているかもしれないがん細胞を破壊するために、手術の補助的な治療として化学療法を行うことがあります。この場合は、抗がん薬によって現れる副作用をサポートしながら、しっかりと治療を行っていきます。

ステージIVなどの進行がんに対して行われる化学療法の目的は、病気の進行を遅らせるとともに、症状の緩和など、病気による体への悪影響を抑えることです。治療の効果と副作用のバランスを確認しながら、病気と共存するために治療を行っていきます。

消化器がんの抗がん薬治療では、複数の薬を組み合わせて治療する併用療法が行われることがあります。研究(臨床試験)によって効果と安全性が証明された治療法、つまり標準治療を選択することが推奨されていますが、副作用出現時の悪影響などを前もって考慮して治療法を選択することもあります。そのうえで、個々の患者さんの状態に応じて、抗がん薬の量や支持療法*を治療前や治療中に調整していきます。体力や年齢、症状など患者さんの状態によっては、単一の薬で治療を行うこともあります。

*支持療法:がん治療に関連する症状を軽減させるための治療のこと

写真:Pixta
写真:Pixta

当院では、主に以下の3つの要素を考慮して、抗がん薬治療で用いる薬を選択しています。

  • 病気の状態・副作用時の影響

考慮すべき要素の1つは、患者さんの病気の状態です。主に、がんが発生している場所やその状態、病気の進行スピード、副作用出現時に懸念される患者さんへの影響度などを考慮し、有効性(その薬や治療法による治療効果の割合や期間)や副作用の種類・頻度なども合わせて、薬や治療法を選択します。

  • 患者さんの年齢や体力・ほかの病気など

患者さんの年齢や体力、ほかに抱えている病気なども、考慮すべき要素の1つです。具体的には、心臓の病気を患っていないか、腎臓の機能が悪くないかなど、患者さんの体の状態を確認していきます。

また、臓器の機能の状態以外に、ほかに抱えている病気によっても薬の種類を変更したり、薬の量を減らしたりするなどの調整を行うことがあります。

  • 患者さんのライフスタイル・ご家族のサポート体制など

患者さんのライフスタイルも、考慮すべき要素の1つです。たとえば、患者さんの仕事内容によっては、避けたほうがよい副作用もあります。あるいは、患者さんが置かれている経済的な状況から、費用の面を考慮しなくてはならないケースもあるでしょう。

また、ご家族など周囲のサポートをどれくらい受けることができるのかということも、薬の選択の際に考慮します。たとえば、副作用が現れたとき、身近な人からサポートを得ることができず、すぐに受診することが難しい状況であれば、副作用の強い薬を避けることもあります。

がんの抗がん薬治療では、さまざまな副作用が現れる可能性があります。そのため、抗がん薬治療を受けるときには、次の2つのことを心がけていただきたいと思います。

写真:Pixta
写真:Pixta

抗がん薬治療を受けているときには、主治医との対話を大切にしてください。特に、現れる可能性のある副作用について、しっかりと主治医と相談しながら、治療を受けていただきたいと思っています。治療に対する知識をお互い共有しながら、セルフケアも日々の生活で大切になってきます。診察ごとに主治医と状況を確認しあいながら治療を進めていきましょう。また、副作用があまりにも強い場合には、主治医と相談のうえ、休薬や薬の変更などの調整について話し合うとよいでしょう。

副作用に対する緊急時の対応については、治療の説明のときにある程度お伝えします。たとえば、ご自宅でできる対応として、熱が出た場合には特定の薬を飲むよう指導することがあります。また、副作用による症状が長く続く場合には、休日や夜間であっても必ず受診するよう伝えています。

そして、副作用が現れたときに必要なサポートを受けられるよう、ご家族にも治療によって起こりうる副作用について理解してもらうことが大切です。そのため、治療に関する話し合いのときには、できるだけご家族も一緒に説明を聞いていただくようお願いしています。仕事を続けながら抗がん薬治療を受ける場合は、職場の方にも副作用について理解してもらうとよいでしょう。

ここでは、私が勤務しているNTT東日本関東病院 腫瘍内科の特徴をご紹介します。

当診療科では、医師のみならず看護師、薬剤師、栄養管理士など多職種が連携して、患者さんを診療しています。それは、医師だけでは、患者さんのさまざまな状態を多方面から把握し細かなサポートをすることが難しいと考えているからです。診察の際には、医師が問診によって患者さんの状態をできるだけ確認するように努めていますが、患者さんによっては、患者さんご自身の状態を医師に十分に伝えることができないケースもあります。

たとえば、皮膚に副作用が現れたことや治療に対する漠然とした不安を看護師に、服薬についての心配を薬剤師に伝えてくださるケースや、お仕事や費用についての悩みをソーシャルワーカーに相談されるケースもあります。

当診療科のスタッフは、患者さんに対して専門的な気配りができるスタッフばかりです。医師のみならず、それぞれの職種の専門性を最大限に生かして、連携しながら患者さんをサポートするよう努めています。

私たち腫瘍内科には、患者さんに必要な治療を提供するために、治療をコーディネート(調整)していく役割があると考えています。抗がん薬治療を行っていくときには、放射線科の医師や手術を担当する医師など、治療に携わるさまざまな関係者と連携し治療方針の調整を行います。また、治療方針の決定のときにもさまざまな職種の調整を担うことがあります。

がんゲノム医療とは、遺伝子の変異を調べたうえで、その患者さんに適した治療法を提供する医療です。

私たちNTT東日本関東病院は、がんゲノム医療連携病院であり、がんゲノム医療中核拠点病院である東京大学医学部附属病院と連携しがん医療を行っています。当診療科は、がんゲノム医療の中心的な診療科の1つとして、患者さんへの適切ながんゲノム医療の提供を行っています。

当診療科では、がんゲノム検査のための診察に対応しています。この診察は完全予約制で初回は33,000円(税込)の費用がかかります。なお、同日に当院のほかの診療科を受診したり、検査や処方を受けたりすることはできません。

診療の詳細は当院ホームページを必ずご参照ください。

患者さんには、がんの治療、特に抗がん薬治療を受ける際に、“治療のための生活”ではなく、“生活のための治療”であってほしいと考え、日々の診療にあたっています。私たちは、患者さんの病気に対する思い、生活に対する考え方、家庭や仕事の事情などを一緒に考えながら、よりよい生活を患者さんが送るために最善の治療を提供するよう努めています。不安なことや困ったことなどがあればお気軽にご相談ください。

抗がん薬治療は不安や心配の多い治療の1つですので、できるだけ早い時期から一緒に病気のこと、治療のことを話し合いたいと思っています。そのためには抗がん薬治療が必要と判断を受けた時点から共に関わり合う診療が何より大切と考えています。当院への受診を考えていらっしゃる場合には、その点も主治医の先生方とご相談いただければと思います。

受診について相談する
  • NTT東日本関東病院 腫瘍内科部長・化学療法センター長・がん相談支援センター長・遺伝相談室長

    内野 慶太 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「胃がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。