新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

食道がんの生存率、集学的治療の後では?

食道がんの生存率、集学的治療の後では?
安藤 暢敏 先生

国際親善総合病院 病院長

安藤 暢敏 先生

食道がんのステージごとの生存率、そして集学的治療を行った場合の治療成績はどうなっているのでしょうか。食道がんにおける集学的治療の第一人者である、国際親善総合病院 病院長の安藤暢敏先生にお話をうかがいました。

ステージ

治療の種類

I

外科治療(手術)

化学放射線療法(放射線治療と化学療法の併用療法)

II

および

III

外科治療(手術)

外科治療(手術)と化学療法または化学放射線療法の併用療法

化学放射線療法(放射線治療と化学療法の併用療法)

IV

化学療法(抗がん剤治療)

化学放射線療法(放射線治療と化学療法の併用療法)

放射線治療

痛みやその他の苦痛に対する症状緩和を目的とした治療

食道がんの診断や治療を受けた患者さんを対象とした、病期(ステージ)ごとの5年生存率をみてみましょう。治療後にがんが再発する場合、大半がもっと早い時期に再発し、5年以上経過すると再発はほとんどみられなくなります。このことから、5年生存率は「がんが治った」とみなすことができる方の割合を示しているといえます。

以下の数字は外科治療だけを受けた患者さんのデータではなく、化学療法や放射線療法を含めた何らかの治療を受けた患者さんのデータです。

0期

I期

II期

III期

IVa期

IVb期

80%

79%

55%

39%

17%

9%

症例数:2,195例(2005年食道癌全国登録より)

 

また、食道がんの各種治療を受けた患者さんの治療成績からは以下のようなことがいえます。

  • 放射線単独療法よりも、化学放射線療法が行われた患者さんのほうが生存率は良好です。
  • IIbでリンパ節転移をともなう進行がんにおいては、手術単独ではなく化学療法を併用することが推奨されます。ただしリンパ節転移が認められない症例では明らかな差がなく、化学療法は必ずしも推奨されるものではありません。
  • IIおよびIIIで、根治的治療を目的として行なった化学放射線同時併用療法では、CR率(ほぼ完全に制御されている割合)は 62%、5年生存率は37%でした。
  • IIあるいはIIIといった進行がんであっても、手術をせずに抗がん剤と放射線照射の組み合わせで3人に1人はそのまま再発することなく完治したという臨床試験のデータもあります。

ステージIIおよびIIIの手術について、標準治療として使われるシスプラチンと5-FUという2種類の抗がん剤を使って術前vs. 術後化学療法の比較をしました。術前化学療法を行なった場合の5年生存率が55%であったのに対し、術後化学療法を行なった場合は43%でした。このことから、手術後よりも手術前に化学療法を行なったほうがより高い効果が得られるということがいえます。

これまでの臨床試験や研究結果からも分かるように、今や食道がんの治療においては単独の治療で完結することはなく、集学的治療が標準的な治療となっています。今後も新しい抗がん剤や放射線治療の研究が進むことで集学的治療の効果がさらに高まり、食道がんの治療成績が向上することが期待されます。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が15件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「食道がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。