S414x320 74da3109 126c 4931 af37 20942415746e

インタビュー

公開日 : 2016 年 11 月 08 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

5年生存率20%のがんを克服したサラリーマン-長期の闘病生活、死への不安との向き合い方

もしも自分が「5年生存率20%のがん」であると告げられたら。その不安と恐怖は計り知れないものがあります。現在、日本対がん協会常務理事を務める関原健夫さんは、39歳で大腸がんを発症したのち、5回にわたる肝転移・肺転移を乗り越え、5年生存率が極めて低いといわれたがんを克服します。働きながら受けた幾たびもの手術、病や死に対する不安に、関原さんはどのように対峙してきたのでしょうか。闘病中のお話と、現代の「働き盛りのがん」問題に対する関原さんのお考えをお伺いしました。

手術4日後、「5年生存率20%」と告げられる

私は1984年、39歳で大腸がんを発症したのち、肝転移、肺転移を繰り返し、1990年までに合計6回もの手術を経験します。そのなかで最も大きなショックを受けたのは、2回目にがんを宣告されたとき、つまり転移が発見されたときでした。

アメリカで受けた大腸がんの手術は無事成功し、直後に主治医からも”Perfect”とお墨付きをもらいました。

ところが、術後4日目に示された病理検査の結果は次のようなものでした。

「手術自体は完璧なものであったが、あなたのがんは早期がんではなかったと病理検査により判明した。リンパ節に転移がみられるため再発のリスクは高い。」

アメリカでは術後のインフォームドコンセントもしっかりしています。私は最初意味がわからず、リスクは一体どの程度のものなのかと、その場で医師に質問しました。

返答は、「5年生存率20%」。

これはあくまで当時の統計学的な数値であるということも、医師はきちんと解説しましたが、自身が近い未来に死ぬ確率が高いという事実に直面し、その夜は眠ることができませんでした。

帰国後、恐れていた肝転移が確認される

転移の可能性を聞いて、私は初めて死を現実のものとして意識し、アメリカでは死ねないと考え、日本の部署への異動願いを出しました。

がんで何より怖いとされていたのは「肝転移」であり、のちに読んだ『家庭の医学』にも「肝臓の手術は難しく、治療できるものは肝機能のよい原発性のがんに限られる」との記述がありました。つまり他の臓器から転移した肝がんの手術は意味を為さない可能性が高く、「肝転移したら万事休す」ということです。

日本では医療者の友人から得た情報や、銀行からの勧めなどを比較検討し、国立がんセンターでフォローを受けることに決めました。国立がんセンターは、大腸がんの転移が起こりやすい肝臓と肺、どちらの治療成績もよい施設であったためです。3か月ごとに同病院で検査を受け、1986年夏、恐れていた肝臓への転移がついに確認されました。

大腸がんのページへ

関連記事