新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

大腸がんのステージ分類とは ~早期がんと進行がんの分け方は? ステージごとに治療方法は違う?~

大腸がんのステージ分類とは ~早期がんと進行がんの分け方は? ステージごとに治療方法は違う?~
合田 良政 先生

国立国際医療研究センター病院 外科

合田 良政 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

大腸がんとは、大腸から肛門までの部分に発生するがんで、発生する部位によって結腸がんと直腸がんの2つに分類されます。

また、がんの進行度合いは症状によって“ステージ”で表すことができ、治療方針もステージに応じて検討されます。本記事では、大腸がんのステージごとの症状や治療法について詳しく解説します。

大腸がんは深達度(大腸の壁のどこまで達しているか)、リンパ節への転移の有無、遠隔転移(ほかの臓器への転移)の有無によってステージ0~IV期の5つに分類されます。特に、0~II期のステージ決定には深達度が大きく関わってきます。

大腸の壁は5層になっており、内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層(しょうまくかそう)、漿膜となっており、深達度によって以下のようなステージに分類されます。

  •  0期:がんが粘膜の中にとどまっている
  • I期:がんが固有筋層にとどまっている
  • II期:がんが固有筋層の外まで広がっている
  • III期:リンパ節に転移がある
  • IV期:肝臓や肺への転移または腹膜播種(ふくまくはしゅ)がある

さらに、がんが粘膜下層までにとどまっているものを早期がん、粘膜下層よりも深い部分に達しているものを進行がんと呼びます。

大腸がんは早期の段階ではほとんど自覚症状がなく、症状が出るのは進行してからであることが一般的です。

代表的な症状としては、血便、下血(腸から出血して赤い便が出たり便に血液が付着したりする)が挙げられます。しかし、これらはの症状などと区別がつかず見過ごされてしまい、がんの発見が遅れることがあります。

そのほか、下痢と便秘を繰り返す、お腹が張る、便が細くなる、残便感、出血による貧血、体重減少といった症状が現れることもあります。また、さらに進行すると腸閉塞になり、便が出ない、腹痛、嘔吐などの症状が現れることもあります。

大腸がんの治療法には、内視鏡治療、手術、薬物療法、放射線治療などの選択肢があり、ステージによって大まかに方法が決まっています。

0期またはI期で、がんが粘膜下層の1mm以内の深さまでにとどまっている場合は内視鏡治療が適応となります。内視鏡治療とは、肛門から内視鏡(カメラ)を入れてがんを大腸の内側から切除する治療法です。開腹しないため比較的体への負担が軽いことがメリットとして挙げられます。

一方、内視鏡治療では切除しきれないと判断されたI期、またはII~III期の場合は、手術でがんや腸管、リンパ節、がんが広がっている周囲の臓器を切除することが一般的です。

残った腸管はつなぎ合わせますが、それができない場合は人工肛門をつけることになります。また、III期の場合とII期のうち再発リスクが高いと判断された場合は、再発を予防するために術後に薬物療法を行うことがあります。

IV期の場合は多臓器への転移が発生しているため、患者の状態や希望などを踏まえて総合的に治療方法を検討します。

具体的には、原発巣(大腸)と転移巣(肝臓、肺、腹膜、脳など)の双方が切除可能な場合はどちらも手術を検討します。原発巣だけが切除可能な場合は原発巣による症状があるかどうかで治療方法を検討し、原発巣の切除が困難な場合は薬物療法や放射線治療が検討されます。

大腸がんは、喫煙や過度の飲酒、牛・豚・羊などの肉や加工肉の摂取、肥満などによってリスクが高まるとされています。一方で、食物繊維を含む食品や運動によってリスクが低下するともいわれています。そのため、日頃からバランスのとれた食事や適度な運動を心がけ、生活習慣に気を配ることが大切です。

さらに、がんは早期発見、早期治療が非常に重要ですが、早期の大腸がんでは症状が出ないことがほとんどです。大腸がんの検診は、男女ともに40歳以上の方を対象として毎年受けることが推奨されているため、対象年齢の方は定期的な検診で早期発見ができるように心がけるとよいでしょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が26件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「大腸がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。