新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

膵臓がんの生存率を高めるために-診断を受けても諦めないでほしい

膵臓がんの生存率を高めるために-診断を受けても諦めないでほしい
海野 倫明 先生

東北大学 大学院医学系研究科 消化器外科学分野教授、東北大学病院 肝・胆・膵外科長

海野 倫明 先生

記事1『膵臓がん治療の進歩-術前化学療法が患者さんにもたらすもの』では、主に膵臓がんの術前化学療法による治療の効果や今後の展望をお話いただきました。今後、その効果がデータとともに立証されれば、膵臓がんの治療に大きく貢献することが期待されています。東北大学病院 肝・胆・膵外科長である海野 倫明先生は、膵臓がんの術前化学療法の効果を明らかにするためにランダム化比較試験などに取り組んできました。

同病院の海野 倫明先生は、「膵臓がんの治療は進化しているので、決して諦めないでほしい」とおっしゃいます。そのためには、信頼できる医療機関や医師とともに治療にあたることが重要になるといいます。今回は、海野 倫明先生に、膵臓がんにおける治療の課題や進歩をお話いただきました。

アンティーク本のイメージ画像

膵臓がんは、近年患者数が増えているがんの1つです。しかしその一方で、原因は未だはっきりとわかっていません。喫煙と飲酒は膵臓がんのリスクを高めると言われていますが、それに加えて、近年では食生活の欧米化が要因の1つという意見もあります。しかしこれらの要因も定かではありません。

膵臓がんに遺伝子の要因が影響するかどうかについても、現在研究が進められています。遺伝以外の要因が大半であると言われていますが、はっきりとしたことは未だわかっていません。今後、研究により明確になることが期待されています。

私は近年、膵臓がんが増加している要因の1つに、画像診断の精度の向上があると考えています。精度が向上した結果、昔は診断がつかなかったようなものも膵臓がんと診断されるようになったため、患者さんが増えたのではないでしょうか。これはあくまで予測ですが、それほど近年の画像診断の精度は向上しています。

膵臓がんは死亡率が非常に高いがんです。それは、初期症状が出にくく早期発見が難しいことに起因しています。膵臓がんは、がんの有無を検査する腹腔超音波検査を実施しても発見しづらく、スクリーニング検査(がんの可能性を調べる検査)でCT検査をすることも難しいために発見がさらに遅れてしまいます。

その中でも、膵臓がんの兆候の1つとして糖尿病の悪化があります。突然糖尿病になってしまったり、すでに糖尿病の患者さんでも病状が悪化する傾向にあります。それは膵臓がんの患者さんの特徴であり、注意すべき兆候の1つでしょう。

膵臓がんの早期発見のためには、自費にはなりますが、人間ドックの中で腫瘍マーカーによるがんの可能性を調べることは有効だと思います。その結果、がんが発見される方もいます。さらに、膵臓がんの専門的な施設であれば、EUSという胃カメラから超音波により調べる検査も膵臓がんの発見には有効でしょう。また、B型肝炎C型肝炎のようにハイリスク群に設定されれば、検査による早期発見など、よりフォローできる体制が整備されると思います。

私は、膵臓がんでは、セカンドオピニオンが有効であると伝えています。膵臓がんの死亡率は高く、治療には大きな負担がかかります。患者さんは、治療法を十分に検討し、納得することが重要です。そのため1人の医師の意見だけではなく、複数の医師の意見を聞き判断することが有効でしょう。それは患者さんの権利だと私は思っています。

診察をする医師

私たち東北大学病院にもセカンドオピニオンを求めていらっしゃる方がいます。その結果、患者さんは随分安心しますし、根拠の薄い治療法に引っかかってしまう危険性も減ります。膵臓がんの患者さんの中には、藁をも掴む気持ちで、根拠も効果も薄い治療法に投資してしまう方がいらっしゃいます。切実な気持ちは理解できますが、ご本人やご家族にとってそれはとても危険なことです。そのような状況を防ぐためにも専門的な施設で適切な意見を聞くことが重要でしょう。

手術

膵臓がんは、ある程度専門的な施設で診断や治療を受けることが重要です。膵臓がんの手術は合併症率が非常に高い、難しい手術です。どのような手術にもある程度リスクはあるのですが、施設の選択は慎重になるべきです。一般社団法人日本肝胆膵外科学会では、高難度手術を年間50例以上行っている施設(施設Aに分類)と30例以上行っている施設(施設Bに分類)を発表しています。

日本肝胆膵外科学会

これを1つの指標として施設を選択することも有効ではないでしょうか。年に数例しか高難度手術をしないという施設で治療を受けることは、大きなリスクが伴います。症例が多い施設は、ある程度実績が集約化されているため、リスクも低くなるでしょう。

私たち東北大学病院では、膵臓がんの術前治療を積極的に実施しています。記事1『膵臓がん治療の進歩-術前化学療法が患者さんにもたらすもの』でお話したように、術前化学療法の効果を検証するランダム化比較試験は終わりましたが、臨床試験という形で術前治療に取り組んでいます。私たちの病院は、一般社団法人日本肝胆膵外科学会により高難度手術を年間50例以上行っている施設Aに分類されています。このように、膵臓がんの手術の実績もあり、安心して治療を受けていただけるのではないでしょうか。もちろん、セカンドオピニオンにも対応しています。

海野 倫明先生

膵臓がんは予後が悪いイメージがあり、診断された患者さんは大きなショックを受ける場合があります。確かに膵臓がんは予後が悪い傾向にありますが、治療法は日進月歩で進化しています。そのため、私は、膵臓がんと診断されても簡単に諦めないでほしいと思っています。

膵臓がんの治療は山登りのようなもので、登っている途中は大変な思いをすることもあるかもしれません。しかし、良い道案内がいればどんなに高い山でも諦めずに登ることができます。ここで言う良い道案内とは私たち医師のことです。記事1『膵臓がん治療の進歩-術前化学療法が患者さんにもたらすもの』でお話したように、膵臓がんは有効な抗がん剤が登場したこともあり、今後生存率がさらに高まることが期待されています。膵臓がんは経過中にがん性疼痛、腹水、黄疸などもあるので、その管理も含め信頼できる医師とともに、適切な治療を受けてほしいと願っています。

受診について相談する
  • 東北大学 大学院医学系研究科 消化器外科学分野教授、東北大学病院 肝・胆・膵外科長

    海野 倫明 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が21件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「膵臓がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。