しぼうかん

脂肪肝

肝臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

脂肪肝とは、脂質のひとつである中性脂肪が肝臓内に多く蓄積する状態です。代表的な原因はアルコールを多量に摂取することですが、最近になりアルコール摂取をしない方でも脂肪肝になることがわかってきています。これは非アルコール性脂肪性肝疾患と呼ばれ、メタボリックシンドロームとの関連性などが指摘されています。

脂肪肝は無症状のまま経過し、健康診断などで初めて指摘されることもあります。脂肪肝を放置すると、肝炎から肝硬変、肝がんなどへと進行することもあります。このことから脂肪肝は重篤な病気の前段階の状態といえます。

また脂肪肝は生活習慣と関連して発症することが多いです。肝硬変などに進行していない脂肪肝の段階ならば、生活習慣を是正することで肝臓の状態が改善することも充分期待できます。アルコールの飲み過ぎを控え、体重管理などを心がけましょう。

原因

脂肪肝の原因として多いものは、お酒の飲み過ぎなどアルコールに関連したものです。このほか以下の因子が脂肪肝の発症に関わっています。

  • 肥満
  • 過剰な栄養摂取
  • やせ過ぎ
  • 薬剤
  • 遺伝性代謝疾患
  • 妊娠
  • 糖尿病

など

脂肪肝につながる非アルコール性脂肪性肝疾患は、アルコール摂取をしていない場合でも生じます。

症状

脂肪肝は、明らかな自覚症状が現れにくい状態です。脂肪肝の状態が進行すると、その後に肝炎や肝硬変、肝がんなどの重篤な病気を発症することもあります。このように、肝臓の病状が進行して初めて自覚症状が現れます。

肝炎の症状

食欲不振やだるさ、右上腹部の鈍痛など。悪化するとむくみや黄疸(おうだん)、腹水も出現します。

肝硬変の症状

黄疸や腹水など。全身の血流も影響を受けるため、大量出血をきたす食道静脈瘤が形成されることがあります。

このように、脂肪肝は進行すると重篤な症状が現れる可能性がある状態です。無症状であっても、健康診断などで指摘されたときには放置せず治療を受けましょう。

検査・診断

脂肪肝を診断するためには、肝臓の超音波検査が重要です。

また非アルコール性脂肪性肝疾患の診断には、肝臓の細胞を採取する肝生検が必要不可欠です。肝生検で得られた細胞を顕微鏡で詳しく調べることで、肝硬変や肝がんへ進行しやすいかどうかを推定することができます。

治療

アルコール摂取量が多い場合には適量に減らすことが必要です。肥満や糖尿病、食事の摂り過ぎなどが原因となっている場合は、運動療法を取り入れて減量すること、食事摂取量を調整することも治療につながります。

肥満の程度が強い場合には、食事の吸収を抑えられるような手術を行う場合があります。

脂肪肝の治療では、日々の生活規則を是正することが求められます。一度生活スタイルを是正しても、すぐに元通りの生活スタイルに戻ってしまうと、再び脂肪肝に陥ってしまうこともあります。こうしたリバウンドを避けるためにも、運動などを楽しみつつ、無理のない範囲で継続することが重要です。

脂肪肝の段階であれば、肝臓を健康な状態へと戻すことも充分可能です。脂肪肝を指摘されたときには、早期に医療機関を受診して治療を始めましょう。

「脂肪肝」に関連する他の記事
もっと見る