人として謙虚であれ 病気に対して謙虚であれ

大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授
坂田 泰史 先生

人として謙虚であれ 病気に対して謙虚であれ

幼い頃からの夢を叶え心臓内科学分野で研究・教育を続ける坂田泰史先生のストーリー

公開日 : 2017 年 12 月 20 日
更新日 : 2017 年 12 月 20 日

先天性の心臓病を2歳で手術。両親はいつも医療に感謝していた

父はサラリーマン、母は専業主婦。一族に医師は誰もいません。

そんな私が今ここにいるのは、先天性の心臓病を持って生まれ、2歳の頃に手術をしたことが間違いなく影響しています。当時はまだ2歳ですから、手術を受けた頃の記憶はありません。しかし物心ついた頃から両親はいつも医療に感謝していましたし、「あなたは医療に助けられた」とよく聞かされていました。

もし健康な心臓を持って生まれていたら。もし手術を受けていなかったら。私は医者にもならなかったでしょうし、心臓の分野に進むこともなかったかもしれません。

大阪大学医学部に入り、小学生からの夢であった「医者」の道へ

幼い頃に心臓の病を手術で治してもらった—。その出来事は自然と、私の興味を心臓の分野へと向けさせました。1997年、神戸大学医学部附属病院で心臓の検診を受けていると、なんという偶然か、2歳のとき心臓の手術を執刀してくれた麻田栄(あさだ さかえ)先生に出会うことができたのです。

「是非、心臓外科医になってください」

麻田先生はいいました。もともと手先が器用ではなく、外科は苦手かもしれないとお伝えすると、「手術は手でするのではない、頭でするものだ」と教えてくれました。しかし、その後心臓外科の先生方を見ていると、どう考えても外科医に必要なものは、まず「手」ではないかと思いました。麻田先生には申し訳ありませんが、私は当初より興味を抱いていた心臓内科学の道へ進むことを決意しました。

問題解決に必要な思考回路を築いたアメリカへの留学経験

35歳のとき、米ヒューストンにあるベイラー医科大学循環器内科学へ留学。Doublas Mann先生のもと、「サイトカインによる心不全発症メカニズムの解明と、新しい治療戦略の確立」をテーマに研究を行いました。留学先に着いて1週間すると、航空券とホテルの予約表を手渡され、「これを持ってボストン大学へ。実験工程をすべて習得し、帰ってきなさい」と任命を受けました。技術習得に用意された時間はたったの1週間。私はLiao先生に四六時中ついてまわり、マウスのランゲンドルフ灌流装置を使った実験の工程を一から学びました。

ベイラー医科大学に戻ってからは、実験工程の作成に専念します。実験に値する動きを成すまでに、多くもの実験と、半年もの時間を要しました。朝から実験を始め、お昼になれば愛妻弁当(+ドクターペッパー)でエネルギーをチャージし、午後もまたひたすら実験。異国人に囲まれ、誰も答えを教えてくれない環境で、実験を立ち上げるための毎日は、本当に厳しいものでした。しかしこの留学経験が、医師として問題解決に必要な思考回路を築く大切な時間になったと確信しています。

S150x150 9f0ba4f1 1257 45a2 aa2f d01349dfd57a

大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授

坂田 泰史 先生

1993年に大阪大学医学部医学科を卒業後、同学医学部附属病院や大阪警察病院における研修医期間を経て2002年に医学博士を取得。同年より2年間、米国テキサス州ベイラー医科大学循環器内科へ留学した。帰国後は大阪大学医学部附属病院循環器内科にて勤め、2013年より現職。大学病院での臨床の傍ら、循環器疾患にかかわる研究と後進の教育に力を注ぐ。

新着ストーリー記事

ストーリー記事をもっと見る