新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

性器カンジダ症とはどんな病気?―カビの仲間による性感染症

性器カンジダ症とはどんな病気?―カビの仲間による性感染症
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

「性感染症」というテーマは、日常生活の中ではなかなか話題にしにくいものかもしれません。しかし、性感染症の知識は、私たちがきちんと身につけておかなければならないものです。

さまざまな性感染症について、性感染症学会の代議員としてわが国における性感染症予防・治療を牽引し、ご自身の診療所でも長きに渡り性感染症の患者さんと向き合われてきた尾上泰彦先生に伺います。今回は「性器カンジダ症」についてのお話です。

性器カンジダ症とは性器感染症であり、カビの仲間であるカンジダ属によって起きます。原因菌としては「C.albicans」が最多であり、次に「C.glabrata」が多く認められます。カンジダ症の原因の約5%が性交感染であると言われており、女性に多いのが特徴的な病気です。
女性の場合、腟炎外陰炎は同時に起こる例が多いため、一般的に「外陰腟カンジダ症」と言われています。男性の場合は症状が出ることは少ないですが、症状が出ている方は、包茎糖尿病、ステロイド剤投与を受けている方や、消耗性疾患を有している方が多いです。

性器カンジダ症になるには何らかの引き金があり、その中でも抗生剤、風邪薬などの服薬後の発症が多いようです。また男女ともに、HIV感染者が性器カンジダ症に罹っている頻度は高いと言われています。

また女性の場合、腟の内部はデーデルライン乳酸菌という菌の働きで清潔なまま保たれています。この腟内に住む「良い菌」は悪い菌の進入を抑えていますが、ビデで洗い流すと良い菌が減少し腟内のバランスが崩れてしまいます。きれいにしているつもりでも、実は菌が繁殖しやすい環境になってしまっている可能性があります。逆に何もしないほうが腟内を清潔に保つ機能があるのです。洗いすぎにも気をつけるようにしましょう。

女性の場合の症状としては外陰や腟の瘙痒感(そうようかん・強いかゆみ)と帯下(おりもの)の増加をがあり、他にも外陰や腟の灼熱感、痛み、性交痛、排尿障害があります。また、外陰部に軽い浮腫(むくみ)、軽度の発赤、白色帯下の付着、腟の瘙痒感からのひっかき傷などが認められ、腟の中では酒粕状、粥状、ヨーグルト状の白色腟内容が認められ、腟壁、子宮頸部に白色腟内容のかたまりが付着しています。
放置していると外陰部、股部の炎症が強くなり、湿疹が拡大、慢性化し難治性となるので早めに受診しましょう。

性器カンジダ症 女性の症状1

性器カンジダ症 女性の症状1

性器カンジダ症 女性の症状2

性器カンジダ症 女性の症状2

男性の場合は症状が出ることは少ないですが、主に亀頭や冠状溝周辺に発赤、赤い丘疹、小水疱、びらん、白苔が認められ、痒みや違和感を感じます。

性器カンジダ症 男性の症状

性器カンジダ症 男性の症状

女性の場合は腟内容の生鮮標本を顕微鏡で観察し、分芽胞子や仮性菌糸体がいないかどうかを確認します。もしくは、カンジダの培養で確認します。
男性の場合は亀頭冠状溝やその周辺を綿棒で擦過し、培養して確認します。

女性に対しては、腟坐剤、軟膏、クリーム、内服薬などがあります。また、局所の清潔と安静を保ち、刺激性石鹸の使用禁止、通気性の良い下着を使用し、性交渉を避けることも治療する上で大事です。
男性に対しては局所を清潔にし、抗真菌剤の軟膏やクリームの塗布を行います。

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「カンジダ症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。