疾患啓発(スポンサード)

気管支喘息の治療−基本の治療法や重症喘息に対する「気管支サーモプラスティ」について

気管支喘息の治療−基本の治療法や重症喘息に対する「気管支サーモプラスティ」について
杉山 温人 先生

国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院 院長 呼吸器内科医師 医学博士

杉山 温人 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

気管支喘息では、薬物治療による症状のコントロールが基本の治療です。また、近年では重症の喘息患者さんに対する新しい非薬物治療として、気管支サーモプラスティという治療を行うこともあります。

今回は、気管支喘息の治療法や日常生活を送るうえでの注意点について、国立国際医療研究センター病院の院長である杉山温人先生にお話を伺いました。

気管支喘息の治療法

吸入ステロイド薬による症状コントロールが基本

気管支喘息では、吸入薬や飲み薬による薬物療法を行います。治療の目標は、できるだけ少ない薬剤、少ない量で症状のコントロールを図ることです。そのため基本的には、気道に対して直接作用する「吸入ステロイド薬」を継続して使用します。

もし、吸入ステロイド薬だけで症状がコントロールできない場合には、患者さんの状況に応じて、以下のような治療薬を使用します。

  • ロイコトリエン受容体拮抗薬
  • テオフィリン製剤
  • 長時間作用型β2刺激薬
  • 短時間作用型β2刺激薬
  • 長時間作用型抗コリン薬
  • 経口ステロイド
  • 分子標的薬
  • 抗アレルギー薬

近年では、新しい分子標的薬がいくつか開発されてきています。

これまで、気管支喘息を引き起こす物質である好酸球を抑制する「抗IL-5抗体」や、IgE抗体を抑制する「抗IgE抗体」という分子標的薬が使用されてきました。加えて、近年では好酸球をコントロールしているサイトカインであるIL-4/IL-13に対するデュピルマブという分子標的薬が登場し、今後重症の喘息患者さんに対する分子標的薬の使用が増えてくると考えられます。

吸入ステロイド薬を使用するうえでの注意点

日誌のようなものに記録している様子

先述したように、吸入ステロイド薬は気管支喘息治療の基本となります。そこで、吸入ステロイド薬を使用するうえでの注意点についてお話しします。

発作を起こさないために毎日の吸入を欠かさない

患者さんのなかには、症状がよくなったからといって、吸入ステロイド薬を中断してしまう方がいらっしゃいます。しかし、吸入ステロイド薬を中断してしばらくすると、気管支の過敏性が治療前の状態に戻ってしまうため、いつ発作が起きても不思議ではありません。

気管支喘息は、残念ながら完治の望めない病気であり、発作が起きていないとしても、それは治ったわけではありません。吸入ステロイド薬の使用は、飲み薬に比べると少しテクニックが要るものですが、吸入を続けることが急な発作を起こさないためには重要です。

携帯用ピークフローメーターと喘息日誌で自己管理を行う

吸入ステロイドの使用にあたっては、携帯用ピークフローメーターという器具を使用して呼吸機能を評価し、それを喘息日誌に記録をして自己管理することが大切です。医師はこの結果をもとに、吸入ステロイド薬を使用する、または受診をするタイミングを計ることができ、きめ細かな対策を立てることができます。

吸入ステロイド薬の副作用−妊娠への影響はある?

全身的な副作用の心配はほとんどなく、妊娠中でも使用可能

吸入ステロイド薬は、気管支から全身へはほとんど吸収されないため、全身的な副作用が起こることはほとんどありません。

局所的な副作用としては、嗄声(させい)といって声がかすれることがありますが、この場合は吸入ステロイド薬の種類を変えたり、吸入のタイミングを変えたりして対応します。口腔カンジダ*を防ぐために、しっかりうがいをすることも大切です。また、吸入ステロイド薬は、妊娠中の方でも使用可能です。

*口腔カンジダ…真菌の一種であるカンジダ菌による口腔内疾患のひとつ

重症の気管支喘息に対する「気管支サーモプラスティ」

薬で症状のコントロールが難しい重症の気管支喘息に対しては、「気管支サーモプラスティ」という治療を行うことがあります。これは、2015年から保険適用となった新しい治療法です。

厚くなった気道平滑筋を減らし、気道の収縮を抑える治療

重症の気管支喘息の患者さんでは、気管支断面の「気道平滑筋(へいかつきん)」という筋肉が分厚くなり、気道の内側が非常に狭くなっています。そこで、分厚くなった気道平滑筋を65℃の熱で温めることによって、気道平滑筋を減少させる治療が、気管支サーモプラスティです。

気管支サーモプラスティの目的は、重症の喘息症状をコントロールすることです。そのため、治療前よりも薬を減らすことは期待できますが、基本となる薬物治療は継続して行っていく必要があります。

気管支サーモプラスティの対象となる方

気管支サーモプラスティは、吸入ステロイド薬および長時間作用型β2刺激薬を使っても、症状がコントロールできない18歳以上の重症の喘息患者さんが対象となります。

また、ロイコトリエン受容体拮抗薬、長時間作用型抗コリン薬、テオフィリン製剤などの薬物療法を併用しても、コントロール不良であったり、症状の増悪(ぞうあく)を繰り返したりする方も対象です。

具体的な治療方法

気管支サーモプラスティは、喘息発作が起きにくい状態で治療を行うために、治療の3日前から全身ステロイド(プレドニゾロン50mg相当)を投与します。

治療は静脈麻酔または全身麻酔下で行います。気管支の内径が3〜10mmの部位に対して、気管支鏡*を使ってカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、65℃で10秒間通電し、気管支壁を温めます。その後も、5mmごとにカテーテルを引き抜きながら、同様に通電を繰り返します。治療時間は約1時間です。

*気管支鏡…気管支を観察するための小型カメラ

治療のスケジュールと費用

気管支の様子

治療は計3回に分けて行い、1回目は右下葉気管支、2回目は左下葉気管支、3回目は両上葉気管支に対して治療します。また、それぞれの治療は、3週間以上の期間を空けて行う必要があります。

1回の治療にかかる費用は、入院費も含めて約50万円です。そのため、あらかじめ高額療養費制度についてご説明するようにしています。また、東京都の大気汚染医療費助成制度の医療券を所有している患者さんは、治療費が助成されます。

気管支サーモプラスティの合併症

また、治療後は一時的に気道がむくむため、治療部位の気道が狭窄して喘息発作が起こります。これを抑制するために、治療後は経口ステロイドを服用していただきます。また、気道がむくんで空気が通りにくくなることで、肺炎を発症することもあります。

そのほか、喀血(かっけつ)*や気胸*を発症するケースもあります。

*喀血…肺や気管支から出血すること

*気胸…肺から空気が漏れて、肺が潰れてへこむこと

発作を防ぐための日常生活での注意点

掃除

気管支喘息の治療目標は、「症状をコントロールして、健康な方と同じような生活を送ること」です。そのため、日常生活に大きな制約があってはいけないと考えています。ただし、以下のようなことに注意することは大切です。

風邪などの感染症に注意する

風邪などの感染症は、気管支喘息の症状を悪化させる要因です。そのため、人混みに出るときにはマスクをつけたり、インフルエンザワクチンなどの予防接種を受けたりするなど、感染症への対策を十分に行うようにしましょう。

HEPA(ヘパ)フィルターのついた掃除機でこまめに掃除する

気管支喘息の原因物質である、ダニや真菌などをできるだけ吸入しないようにするために、家の掃除をこまめに行うようにしましょう。その際、大切なことは、ダニなどをキャッチする「HEPA(ヘパ)フィルター」のついた掃除機を使用することです。

ヘパフィルターがついていない掃除機では、せっかく吸引したダニやホコリを、排気と一緒に再び室内に撒き散らしてしまいます。ですから、できればこのような掃除機を使用して、こまめな掃除を心がけましょう。

ペットを飼っている場合、寝室を別にする

ペットの毛に付着したフケ(タンパク質)も、気管支喘息の大きな原因です。すでにペットを飼っている方の場合には、せめて寝室には入れないようにしましょう。

禁煙

喫煙をやめるだけでなく、自らの周囲からタバコの煙を遠ざけるようにしましょう。

「喘息死ゼロ」のために

杉山先生

重症喘息患者さんを速やかに受け入れるために、地域の医療機関と連携する

当院では、「喘息死ゼロ」を目標に、気管支喘息の治療にあたっています。この目標を達成するために重要なことが、開業医やクリニックといった地域の医療機関と日頃からしっかりと連携を図ることです。

こうすることで、地域の医療機関では対処できないような重症の喘息発作が起きたときに、当院にかかったことのない患者さんであっても、スムーズな受け入れが可能です。これからも、気管支喘息で亡くなる患者さんを出さないよう、地域の医療機関と協力しながら診療を行っていきたいと思います。